この記事の所要時間: 621



愛知県 20代女性HALさん
この引越しの点数は90点!

A-manzoku

引っ越しに関する手続きや、やりとりがスムーズにできました!

この引っ越しからの教訓
費用を抑えるなら、複数社で見積もり!



アパートからマンションへの引っ越し経験があります。

夫の仕事の都合で、日本海側の地域から太平洋側の地域へ行くことになり、私と夫と子供の家族3人で引っ越すことになりました。

最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意


遠距離の引っ越しになるので、
新居探しはネットで下調べをして、連休に不動産屋へ行き内見をしました。

ですが、ネットで調べて内見したところはどれもいまいちで、結局は直接不動産屋で提示していただいた物件で希望通りのマンションが見つかりました。

元々その不動産屋も共通の友人を通して紹介して頂いていたので安心感もあり、かなりスムーズに手続きなど行えたので良かったです。
 
 
 
以前にも何度か引っ越しの経験はありましたが、ほとんどが近距離や県内であったために引っ越し業者を利用することなく友人や身内に手伝ってもらい移動しました。

ですが、今回は県をまたいでの引っ越し。
 
 
さすがに手伝ってもらうには厳しく、
家族3人分ともなると荷物も多かったため、初めて引っ越し業者にお願いをすることになりました。
 
 
 
初めて引っ越し業者を利用するため、
どの業者を選べばよいか分からなかったので、不動産屋と提携している引っ越し業者を紹介していただくことに。

不動産屋を通して依頼をすれば、
引っ越し料金の割引があるということでお願いすることにしました。

 
 
6社ほど教えていただき、その中でなるべく料金が抑えられる業者にお願いをしたかったので全ての業者に見積もり依頼をすることにしました。

ですが、そのうち2~3社は当時住んでいた地域に支店営業所が無かったため、必然的に残りの業者で検討することに。
 
 
 
見積もりは複数社へ

見積もりの依頼も、まずは不動産屋を通して依頼しました。

数日後すぐにそれぞれの引っ越し業者から確認の連絡がはいり、電話で簡単な状況説明と見積もりのための自宅訪問日を調整しました。

後日、各業者の営業マンの方が自宅へやってきて、荷物の量を確認し、その場で見積金額を出していただきました。

この時、どの業者の方も荷物量の確認はほんの数分であっという間に終了しましたが、見積金額を出すまでにやたらと時間をかけている気がしました。

長い業者だと荷物確認が終わった後、20分くらい長々と雑談をされた方もいました。
 
 
 
 
子供もいるので早く見積もりだして帰って~
 
 
と内心思っていましたが、なかなか言えず。

部屋に飾ってある置物や写真をジロジロと眺めては、「これは○○ですか~?」とか他にもいろいろプライベートな質問をされて正直気分はあまりよくありませんでした。
 
 
その後、見積金額を出した後の対応はどの業者も同じで、

今日この場でうちに決めてください!
 
 
といった雰囲気で説明されます。
 
 
「ほかの業者でも見積もりのお願いをしているので」

とやんわり断っても、いろいろと理由をつけたり当初の金額よりも少し割引きした金額を提示するなどしてなんとかその日で決めるような流れにもっていきます。
 
 
 
とはいえ、少しでも安く抑えるためにはほかの業者の見積もりと比べたうえで判断したほうが間違いないので、見積当日はどの業者も一旦保留にさせていただき、後日その中から1社選んでお願いすることになりました。

それによって、すべての会社の見積金額を比較でき、

「A社からは○○円と提示されたがもう少し下がりますか?」

というやり取りをすることで、当初の見積額よりもかなり下げることができましたので面倒ではありましたが良かったです。
 
 
 
この引っ越しでは、少しでも安く抑えるために、段ボールへの荷詰めや荷解きは自分たちで行うプランを選びました。

荷造りしながら断捨離!

荷造りをしながら不要なものは処分!
断捨離をしようと意気込みましたが、これがなかなか大変でした・・・。
 
 
はじめのうちはスムーズに荷造りできましたが、当時子供がまだ小さかったのでぐずったりすると中断したり一緒に遊んだりでなかなか進まず、しっかり断捨離できないままになってしまった物も。

その結果、新居で不用品の処分をしなければいけないものがでてきたものの、今までとゴミの分別方法や回収場所もよく分からないので調べなければいけなかったりと、少し二度手間になってしまいました。

もう少し引っ越し前に処分しておけばよかったなーという感じです。
 
 
 
とはいえなんとか無事に引っ越しも完了し、新生活がスタートしました。

新居はマンション最上階の角部屋。
お隣の部屋と下の階の部屋の方へお菓子をもって挨拶に行きました。

最近はよく引っ越しの挨拶をしない方も多いと聞きますが、我が家は子供も小さいためドンドンうるさくしてしまう可能性もあり、トラブルになるのも嫌だったので、挨拶の際には家族3人子供も一緒に連れて一言お伝えしておきました。

どちらの部屋もお子さんがいて、

「きっとうちもうるさいかもしれません~」
 
 
とお話しすることができたので安心しました。
やっぱり挨拶は必ずしておくべきだなと実感です。
 
 
 
この引っ越しについて、手続きなどは基本的にすべて私が行いました。

色々と大変な部分もありましたが、
無事に引っ越しできたのでとても満足しています。
 
 
点数をつけるとしたら90点です。

理由としては不動産屋、引っ越し業者ともに手続きややりとりは非常にスムーズにでき、新居や引っ越し料金なども基本的には満足だからです。

最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意




最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


日にちを選んでカンタン料金比較!
そのまま引越しの予約も可能
引越し侍の予約サービス




引越し体験談



引越し体験談はこちら