この記事の所要時間: 556

東京都在住 20代女性nao1218さんの引越し体験談

東京都在住
20代女性nao1218さん

この引越しの点数は80点です![chat face=”woman2″ name=”nao1218さん” align=”left” style=”type1″]引越しは合格点!ただ、物件選びでちょっと…[/chat]

nao1218さんの体験談 教訓

其ノ一.普段からの断捨離をやっておくべき!
其ノ二.物件選びは、具体的に!そして慎重に!

 
 
現在、東京都在住です。

私は23歳のとき就職のため、
大学のあった長野県松本市から東京都へと引っ越しました。


 
今回の引っ越し作業で全体的に大変だったことは、荷造りと部屋のインテリアでした。

長野県松本市にいたころは、
12畳の広さがある部屋だったのですが、都内の引っ越し先は7.5畳。また、クローゼットも松本市のアパートよりせまいお部屋でした。

どうしても家賃を一番に考えると、
そのようなお部屋しか借りられずお部屋選びから東京の厳しさを感じていました。
 
 
 
新居は今までよりも狭くなるため、荷造り中にはいるものといらないものをまずふりわけなければいけませんでした。

なかなか物が捨てられない性格だったため、かなり荷造りには時間がかかってしまいましたが、1週間ほどかけて不用品の処分や実家へ送るものの配送に時間をかけていました。

特に多かった処分品は洋服だったので、普段から衣替えのタイミングなどでいらない洋服を処分しておく癖をつけておけばよかったと反省しました。
 
 
 
 
そしてもう一点大変だったのが部屋のインテリアです。

部屋の広さと形が変わるため、松本市のアパートと同じインテリアができず、家具の配置に大変悩まされ、何度もネットで調べ、置いては変えての繰り返しでした。

このとき最も後悔したことは、
マンションやアパートを借りる際の選択肢には、収納がどのくらい広いかという点を優先度高く選択肢に含めるべきだということでした。

「部屋の広さ」というよりも、オフシーズンのものをしまっておける場所や常に整理整頓された部屋でいるためには、収納機能はかなり重要ポイントでした。

次回引っ越すときは、収納の機能面を優先度高く検討事項に入れたいと思います。
 
 
 
 
引っ越し業者

引っ越しまでに荷造りやインテリアなどの大変なことは多かったのですが、今回の引っ越しに点数をつけると、100点満点中の80点です。

点数に内訳をつけるとすると、

引っ越し業者の対応と値段が60点
仲介業者の話しやすさと親しみやすさに20点

となります。
 
 
マイナス20点となっている理由は、
乗り換えがなければ職場へ行けないという点と、始発駅を使うという選択肢が思い浮かばず、毎日ぎゅうぎゅうづめの中で長時間立っていなければいけなかった、という点です。

点数の内訳でもっとも割合を占めている引っ越し業者の対応と引っ越し料金ですが、ご担当者と大変に連絡がとりやすく、常に安心して引っ越し準備を行うことができたため、高得点となりました。
 
 
 
また、不明瞭になりがちな荷物量からの見積もり金額も、荷物量のヒアリングを通して非常に的確に、明確な見積もりをいただきました。

まだ学生だったということと、
初めての引っ越しでわからないことが多かったのですが、丁寧な説明をいただいたため不安はありませんでした。

また、

引っ越し料金を抑えたい

と正直に言ったところ、
そのような意見もくみ取っていただくことができました。

またお願いしたい引っ越し業者だと思っています。
 
 
 
 
次に仲介業者の方についてですが、大変に親しみやすい営業の方でした。

私は単身での引っ越しだったため、
何度か訪れる内見のときも一人での見学だったのですが、毎回とても楽しみにしていました。

全く初めての土地で、スーパーが近くにあるのか、防犯の面で心配はないか、住みやすい環境なのか、という点も含めて物件を紹介してもらいました。

女性の方だったため、コンロの数や南向きの部屋、駅からの徒歩ルートは暗くないか、など女性目線での物件選びも営業の方から積極的に提案いただき、かなり頼りがいがありました。

道中ではおいしいお店がある場所や、
付近にあるおすすめカフェなどご紹介いただき、とても楽しい内見となりました。
 
 
 
 
リビング

物件の契約や書類に関しても、常に丁寧な説明をしていただきました。

そのため、すべて一人で手続きをしなければいけなかった私にとっては、大変にありがたいサポートとなりました。

マイナス20点の立地問題ですが、
これに関しては私の事前調査が足りなかったことが原因です。

 
 
職場まで30分ほどで行ければいいかなと軽く見積もっていたため、電車の乗車時間だけを調べ、物件を借りる場所を即決していました。

利用する沿線の混雑状況や、
乗り換えに使用する駅の乗り換え時間、乗り換えをするホーム間の距離など、一度下見をするべきだと感じました。

また、職場の最寄り駅まで乗り換えがなく行ける駅を選択しておけば、特に「通勤時間30分」にこだわらずとも、今よりは楽に通勤できたのではないか、と少し後悔しています。

次回引っ越しするときは、
職場までの乗り換えがない場所を選び、欲を言うならば始発駅が最寄り駅の賃貸を借りたいと思いました。

 
 
 
また、物件に関しても、
選ぶ条件をもう少し具体的にして物件探しに臨みたいと思いました。

例えば、ゆずれない条件として

「収納スペースが十分にあること」
「南向きの部屋であること」
「洗濯物が干せるベランダがあること」
「2口コンロであること」

 
 
といった内容です。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/1050
https://hikkoshi-chie.com/archives/43