この記事の所要時間: 525

北海道在住 40代女性Yさんの引越し体験談

北海道在住
40代女性Yさん

この引越しの点数は70点![chat face=”woman3″ name=”Yさん” align=”left” style=”type1″]ちょっとの工夫が大きく役立つ![/chat]

Yさんの体験談 教訓

其ノ一.本を持っていくのは大変!でも工夫次第!

 
 
今から4年前、現在住んでいるアパートに
母親と引っ越してきたのですが、苦労したのはやはり荷造りでした。


 
私はかなり沢山の本を持っていて、
この本をどういう風にすれば良いのか全然分かりませんでした。

持っている本の種類も、辞典や医学書、専門書に写真集、コミックに小説、雑誌と、自分でも良くこんなに集めたものだと思いました。取り敢えず偏らないように、大と小の本をバランス良く入れてみたのですが、思っている以上に重たくてすぐに断念しました。

確かに引っ越し業者の方が運んでくれるのですが、だからと言って重たすぎます。
 
 
 
母親からは、

「こんなに集めるから」

「読んだんだから捨てれば良いのに」
 
 
と呆れられました。

仕方なくある程度は処分しましたが、
それでもやはり捨てられない本が数十冊はあったんです。

確かに、一度読んだのだから捨てれば良いと思うのですが、本って一度読んでもまた読みたくなったり、何年かたって再発見出来たりと、やはり捨てられないものばかりなのです。
 
 
 
大変だった荷造り!

どうすれば、少しでも軽く出来るのかと考えてみたんです。

その結果、本だけを入れる事はやめました。
 
 
まず、段ボールの底をガムテープでガッチリと固定。そして、底の方に本を薄く敷きます。

この時、大きさを揃える事が大切です。

高さが変わってしまったりすると、荷物のバランスが崩れます。きちんと綺麗に敷けたら上に衣類や日用品を並べます。

そうやって分担すれば、少しでも軽くなり、底がしっかりするので、安定感もあるみたいです。
 
 
 
陶器の置物や割れやすい物などは、
割れないようにきちんと梱包して、段ボールの中に並べた後で、動かないように本で固定するというのも成功しました。

この時には、小さな文庫本などが役に立ってくれました。

実はこの時にもちょっとした工夫があって、まずサイズにピッタリ合う文庫本を見付けたら、サランラップをしっかりと巻くのです。その上から、タンスシートやプチプチなどを巻いて、動かないように固定しました。

これで、割るかもしれないと思っていた置き物も安全に運ぶ事が出来ました。あんなに運ぶ事に悩んでいたとは思えないぐらい順調でした。
 
 
 
しかし、意外と困るのが雑誌。

雑誌って一冊づつサイズが微妙に違ったり、まとめようとしても、フニャフニャしてなかなか決まらないんですよ。一冊は軽いのですが、かなりの量になると重たくて仕方がないんです。
 
 
そこで、雑誌は荷物の一番上に並べるようにして梱包しました。こうする事で、クッションの役割も出来ますし、そんなに重たくなりませんでした。

そして、辞典や専門書などは小さな箱にそれだけを入れるようにしました。そうすれば、持ち上げた時にそんなに重たくはならなかったんです。

こうして荷造りは成功しました!
 
 
 
 
引越しトラック

そして、いよいよ引っ越しの当日。

引っ越す場所は同じ道内ですので、特に心配はなかったのですが一応荷物の写真は撮っておきました。後からトラブルになっても嫌ですし、念の為と思って撮影したのですが、これはかなり良い考えだな。と、思いました。
 
 
トラブル防止にもなりますが、
どこに何が入っているかという目印にもなるんですよね。

段ボールにある程度、割れ物や衣類というのは書きますが、他の事は事細かく書く物ではありませんよね。業者さんに中身を知られてしまうのも、ちょっと嫌だな。と…

だって、下着とかが入っている箱に「下着」とは書きませんものね。
 
 
一つ一つスマホで写真を撮っておけば、この段ボールにはこれが入ってるってすぐに分かるので、これは良いと思いました。
 
 
 
 
引っ越しが終わった後で、
私の考えは正しかったという事がすぐに証明されました。

引っ越しが全て終わった時に、取り敢えず日用品を出す事にしたのですが、どの段ボールに入っているか全く分かりませんでした。その時に、スマホに撮った写真が効力を発揮しました。

段ボールにはあらかじめアルファベットで印を付けていたので、後で写真を確認して、どのアルファベッドに、どの日用品が入っているのかすぐに分かりました。

おかげで目的の物をすぐに出せたので、あちこちを開ける必要がなかったのです。
 
 
 
これから、季節的にも引っ越しをするという人はかなり多いと思います。その時には、少しでも快適な引っ越しが出来る方法を探してみましょう。

ほんの少しの工夫で、重たい荷物を分担させる事が出来ますし、ほんの少しの工夫で引っ越しをした後の煩わしさを解消する事も出来るのです。

引っ越した後に、
段ボールからすぐに欲しい物が取り出せるというのはとても便利ですよ。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/684
https://hikkoshi-chie.com/archives/43