この記事の所要時間: 731

みんなの引越し体験談




埼玉県 30代女性ロコアミさん
何でも屋は50点、引っ越し業者は90点!

B-manzoku

何でも屋の料金は安いけど、それなり!やっぱり引っ越し業者はプロです!

この引っ越しからの教訓
引っ越しは、引っ越し業者に頼みましょう!



これまでの人生で、11回の引っ越しを経験しています。
そのうち20代で9回を経験しています。

最初は母親と一緒に、埼玉の育った団地を離れ東京都内へ。
次は親元を離れ、会社の借り上げ社宅で一人暮らし。


その次は当時の彼と同棲…
別れて地元に戻り弟と暮らし…
貯金が貯まってまた都内へ…

その後も転々とし、現在に至っています。


こうも頻繁に引っ越しすると、まさに引っ越し貧乏。
1回の引っ越しの予算も大変低いものです。

そうなると、引っ越し業者に頼めない場合が多くあります。


引越し体験談 引越し業者選び

レンタカーを利用して友人から手伝ってもらい
格安の何でも屋に頼んだり、有名な引っ越し業者に頼んだことは1度だけ、最後の引っ越しのときでした。

これまでの引っ越し経験で痛感したのは
引っ越しは、引っ越し業者に頼むに尽きると…

これは間違いありません。


何でも屋に頼んだ理由は、不用品回収もお願いしたかったから。

だけど、そういう何でも屋さんの場合、
人手のいる引っ越しスタッフは、当然日雇いアルバイト。

荷物を運び慣れていなかったりするものです。


その時は、トラックに積んでいたチェストを
降ろそうとして思いっきり落とすシーンを目撃…

何一つ、謝罪の言葉はありませんでした。



頭に来たーーー!

まぁ、破格の料金でやってもらっているし、
そのチェストも元々ボロボロで、かなり年季の入ったもの。

まあいいか…と何も言いませんでしたが、
人として「ごめんなさい」の一言は欲しかったところです。


多くの引っ越しを経験してきて、学んだことはたくさんあります。

まず、引っ越しに必要な準備と段取り。
親元にいたら親任せになるので、良い社会勉強となりました。


電気ガス水道を止める。引っ越し先では開通してもらう。
これも一人暮らしをスタートの時に初めて知ったこと。

住民票、免許証、銀行やカード会社への連絡も…
はっきり言って面倒なことばかり。

それも土日休みじゃ出来ないことも多くて、
会社勤めの私がよくあんなに何度もやったものだと感心します。



引っ越しは社会勉強!

何より、親元を離れ自立するということは、
1人でやっていく責任感が出て勉強になることばかりです。

引っ越し作業、部屋の整理整頓、炊事洗濯…
一人暮らしが経験出来て本当に良かったと、結婚した今でも痛感します。


それとここまで引っ越しを数十回経験しての
個人的感覚ですが、引っ越し業者への心付け、チップは不要です。

チップって日本には根付いてない文化だし、
差し入れすら失礼かもしれないと思うようになりました。


だったらその差し入れにかかったお金、
引っ越し業者さんに現金で払った方がいいでしょうって。

家にあった缶ジュースを渡すくらいならいいと思いますが。


また、不動産屋に対するスキルもアップしました。
良い不動産屋かどうか、自然と分別がつくようになっていました。

おかげで引っ越し後にイヤな思いをすることが少なかったです。
地域密着型の不動産管理会社が親切なことが多いように思えます。


引っ越しを繰り返す理由

そして、私が引っ越しを繰り返していた理由。
周りの友人からもとてもよく聞かれました。

同棲解消や会社を退職したときは「止むを得ず」。
または、その時の自分の心境や願望で

家賃を下げて貯金したい。
道路際で車の音で目が覚めてしまう。
シェアハウスに住んでみたい。

などなど。


しかし、今になって思えば心のどこかで
「引っ越しすることでリセットできる」と思っている節があったと思います。

リセットしたいのは、人間関係やダメな自分。

なぜそんなお金も体力ものかかる方法で
リセットしようと思っていたのか…今でも不思議でなりません…。


もともと、子どものころからよく引っ越す家でした。
幼稚園で2回、小学校で3回。

転勤でも何でもないのに引っ越す親。
意味がわかりません…、引っ越しに抵抗がないのは、その影響でしょうね。


引っ越しでの友達との別れ

転校が辛くなったのは小学校2年生のとき。
埼玉の大宮市(現在のさいたま市)から上尾市へ引っ越したときでした。

大宮の小学校には半年ほどでしたが、
そんな短い期間でも沢山の友達に恵まれました。


とても楽しく過ごしていたので、その時の引っ越しは精神的に堪えました。

その様子を親がさすがに察したらしく、
家族での引っ越しはそれが最後の引っ越しとなりました。


現在は結婚して埼玉で、子どもと夫の3人暮らしをしています。
ここに来てから、アパートの更新をする機会がありました。

転々としすぎて、更新をしたことがなかったのです。

そこで初めて知ったのが家賃一ヶ月分の他に、
保険も更新されるのでお金がかかるということ、事務手数料がかかるということ。

家賃保証の会社も強制で入ったので、それも契約更新がありました。


結構、お金がかかるんですね…。

今年は二度目の更新、今の家はとても気に入っています。
次の引っ越しは、当分先になりそうです。




最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら