この記事の所要時間: 65

東京都在住 20代女性みかぽんさんの引越し体験談

東京都在住
20代女性みかぽんさん

この引越しの点数は90点![chat face=”woman2″ name=”みかぽんさん” align=”left” style=”type1″]でも。落ち着いたから今だから言えることで、引越しをしている最中はとても不便でストレスが…[/chat]

みかぽんさんの体験談 教訓

其ノ一.引っ越す物件、不動産もとっても大事!
其ノ二.理不尽に巻き込まれるトラブルもある!…それはもう仕方ない。。。

 
 
まずは、引越し前。

武蔵小杉駅から徒歩10分ほどの静かなオートロック付きのマンションでした。

東横線武蔵小杉駅までドアtoドアで10分
しかし、湘南新宿ラインまでだと徒歩20分。


 
人が増えすぎていて、朝の通勤時間帯の人の多さは異常。

改札にいくための階段もなかなか進まない状況。

ストレスを感じていた矢先、
学生時代から6年住み、契約更新も進めていたタイミングでまさかの当時の家の大家から怒鳴られる。

このマンションは駐輪場が屋外にのみ設置、雨ざらしのため、自転車を屋内に持ち込む旨を事前に管理会社、大家にも許可を得て入れていたのに、連絡不足か大家の嫁が突然発狂。

意味不明のため、何度か抗議したが外に置くか退去と言われ退去を選択。

それが3月中旬で契約更新は4月1日から…
 
 
 
 
急いで新しい家を探すもなかなか見つからず…

都内の会社に勤めていたため、
会社付近で探すもなかなか一人暮らし用の条件の合うマンションがみつからない…

会社の最寄りは大崎だったが、
大井町からも歩いて通うことができたため大井町線沿いも検討。
 
 
 
駅もたくさん周り、結局自由が丘でさがすことに。

田園調布と自由が丘の間で
なんとか条件にマッチする家を見つけ、その家は4月10日前後で退去予定とのこと。

それを元の大家に伝えて更新はせずに日割りで家賃を払うことにしました。
 
 
ところが

4月10日に退去予定の住人と
突然連絡がつかなくなり、仲介業者も唖然…わたしもイライラMAXに!
 
 
 
私の希望はキッチンが2口以上あり、
ある程度のシンクの広さもほしいし、駐輪場が屋内、オートロック、バストイレ別というそこまで難しくない条件だと思うのだがほかのいえがまぁ見つからず。

ぺット可の条件を最初はこだわってつけていたが、途中やめたりもして。

結果としてはぺットも可の物件をみつけることができたので、仕方がないので空くのを待つことに。

更新料も払い、引越しもめんどくさくなり始めた頃に仲介業者から連絡があり、

引越しできます!
 
 
とのこと。
結果として引越しができたのは5月20日前後だった。
 
 
 
 
引越し業者はとてもいい人たちで終始ストレスなく進んだ。

男性2名の個人業者を選択。
ダンボールの個数で金額が変わるとのことだが優しく多少の融通がきく。

女子なので荷物が多く、
その分大変さもあったが引越しは割と順調に進んだ。

引越し後の挨拶回りは引っ越したフロアーの住人のみで、業者さんにはお菓子のプレゼントと飲み物代としてぽち袋。
 
 
 
仲介業者、清掃業者、前の家の大家。

全てと散々揉めに揉めた引越しは、
結局ゴールデンウィークもおわってから随分経ってから終了し、なんとか新生活がスタート。
 
 
 
 
だがしかし、田園調布、自由が丘。
とても物価が高い。

生活にはまだあまり慣れないが、悪いことも特になく満足はしている。

この引越しに点数をつけるなら90点。

物価面での苦労は若干あるが、
努力できない範囲ではないし、なにより住んでる層はとても良い気がする。

そして町としても自由が丘にいけば買い物にも困らないためとても良い。
 
 
以前までは職場の近くで買い物をして帰ってくることもあったが、それもめんどくさいと思った時、自由が丘で降りればご飯にも困らない。

ただ、自由が丘は土日の人の多さは異常なので、そこもまた少し難点ではある。

どこも人で溢れているので
土日は住んでいる人にとっては少し不便かもしれない。

だが、なにもないとそれはそれで不便な気がするので、土日以外で楽しんで、土日はあまり外に出ない方が良いのかもしれない
 
 
 
 
最後に、引っ越し業者とのやり取りは
母が対応し、不動産仲介業者とはわたし自身が対応した。

やり取りの中で、色々な人がおもいおもいのことを言うのでとてもめんどくさく、かといって不動産仲介に任せていたら進まず、といったことが途中何度か起こり、そこに関してはとてもストレスだった。

家を決める、荷物を全部動かす、
というのはそれだけで大変なことだが、なかなかそれに見合う引越しができた経験が今までなかった。

結果としては90点をつけたが、
それは今の生活がやっと安定し、落ち着いたから言えることで、引越しをしている最中はとても不便だし、ストレスフルだった。

 
 
 
引越しが1ヶ月ほど宙ぶらりんでできない状態にあったので、わたしの場合は彼の家に居候させてもらうという結果となり、それもとてもストレスフルな状況に追い込む一因になっていたと思う。

引越しはとても大変だが、
うまくいけばとても住みやすい居心地の良い環境を作れるので、今後はこのようなトラブルなどには見舞われないように気をつけたい。
 
 
あと、引越し前の家では、
大家が管理会社を経営しているという特殊な状況であったため、とても事態が収拾できず、ひたすらヒステリーをおこした大家の奥さんに無駄に責められた…

そこに関しては大家、そして管理会社からは把握不足として謝罪をもらっており、とてもよくわからない状況だった。

今後は管理会社と大家がきちんと別な物件のみに住んで行きたいと思う。
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/1
https://hikkoshi-chie.com/archives/43