この記事の所要時間: 524

みんなの引越し体験談



三重県20代女性 まいまいさん
この引越しの点数は50点!

B-gakkari

大雨で荷物がずぶ濡れになった…旦那が指を負傷…

この引っ越しからの教訓
引っ越しは、引越し専門の業者に頼むこと!



利用させてもらった引越し業者は「お助け本舗」さんです。

私の両親が仕事で別の地域へ住むことになり、
空き家になっていた私の実家へ家族3人で引越すこととなりました。

車で10分くらいの距離です。




しかし、それが決まってからすぐ
私が妊娠していることがわかり、急ピッチで引越しを進めることになりました。

20年以上住んでいた家は不用品だらけ。

お助け本舗さんに不用品回収や、片付けなどをしてもらっていました。

ネットで何社か見積もりはしましたが、
融通が利く上に料金も安く、人柄も良かったので引越しもお願いすることにしました。



ただ、引越しだけは
きちんとした業者に頼むべきだったなと後悔しています…




引っ越し当日

引越し当日は、あいにくの雨で土砂降りでした。

屋根のない2トントラックだったので
ブルーシートで覆って運んでもらいましたが、家電やら家具やら濡れる濡れる……。

毛布でくるんであったものもありますが、
ほとんどがそのままの状態だったので、実家へ運んでもらう物はほぼ拭きました。


ダンボールも少なめで全然足りず、
蓋が閉まらないほど入れてる状態での大雨。

ガムテープで止めていたダンボールも
開いていてとにかく濡れまくり。準備物少なさに驚きました。



あと、家族で経営されてるようで
引越しなのにおじいちゃんと中学生くらい?の息子さんが来られました。

後から力のある方が1人来られましたが、
それでも大型家電メインでお願いしてあったので冷蔵庫にドラム式洗濯機を運ぶ際は、旦那が手伝う形に……。

洗濯機を運び出すのに4人がかり。


旦那は狭い洗面所で、
無理な体勢で洗濯機を持ち上げる羽目に…

引越しが終わった後指を傷めてしまいました。

おじいちゃんは終始旦那に頼る形となり、
冷蔵庫も力のある方と旦那で運びました。


トラックから実家への搬入も旦那が大活躍。

びしょ濡れになりながら家電を運ぶ旦那を見て、

「なんだこりゃ」


と思ったのを覚えています。

なのでチップなどは一切渡しませんでした。



新居へ荷物を運び入れる

融通が利いて助かったことと言えば、
両親が住む家へも運ぶものがあり、その移動・運搬込みで安かったということくらいです。

母からも、

「家具がびしょ濡れなんだけど…」

と連絡が。

いろんな配慮が欠けていたと思うので、引越し業者に頼むべきだったなと思います。



私は当時妊婦で1児の母でもあったので、
全く動けず旦那には力仕事の面ではとても助けてもらいました。

実家にある不用品は大量にあり、
リビングも階段も足の踏み場がないくらい不用品で溢れていました。



少しずつ私が片付けを行なっていましたが、
重いものは持てない・長時間動くことができないので、全く片付けが進まず引越しなんて到底無理でした。

不用品回収業者に見積もってもらったのですが、その金額は40万。
それだけの量を旦那がほぼ1人でやってくれたのです。


実家へ引越して半年以上経ちますが、
旦那がいてくれなければ産後もまだアパートにいたのではないかと思います。



手続きや荷造り・荷解きは私が担当し、
狭い部屋なのに荷物は多く子どもがいるととても大変でした。

お腹も大きくなってきた頃だったので、動いてはよくお腹が張りました。

何も異常なく事が終えて本当に良かったと思います。
むしろいい運動量だったのかもしれません。


手続きに関しては、未就園児の子どもを
連れて手続きをし、寝てる間にいろんな箇所へ電話をしました。

アパートは解約日厳守だったので、
きちんとその日までにできるかとても不安でした。




新居へ

また、20年も住んでいるとあちこちにガタが!

片付けを進めていくほど何か問題が起き、
準備は滞る、全体的に全く順調とは言えない引越しでした。


身重のだったことも大きかったと思います。

実家は小さい頃から住んでいたので
近所への挨拶回りはせず、通りかかった方々に声をかけてもらうことがほとんどでした。



引越しはある程度計画を立てるものですが、
計画通りの思ったようにはなかなかいかないものです。

旦那の手助けが一番助かりましたが、
引越しは専門業者に頼むのが一番だと思います。



ダンボールも30枚〜50枚はついてくるし、
業者が忙しい時期を外せば、料金だってかなり安く抑えることができます。

引越しトラックであれば屋根がありますし、
雨の日でもきっときちんと配慮して運んでくれるでしょう。



そもそも、
おじいちゃんが来ることはまずない!

旦那の出番なんて、普通はないはずです。

やはり何でも各々の専門に頼むのが一番なんだなと思った出来事でした。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります