この記事の所要時間: 52

愛知県在住
20代女性 rioさん

[chat face=”woman2″ name=”N.Nさん” align=”left” style=”type1″]この引越しに点数をつけるなら65点![/chat]

rioさんの体験談 教訓

其ノ一. 相見積もりをとる
其ノ二. 何が重要かを明確に!
其ノ三. 口コミや相場、下調べはしっかりと!

今回は引越しは6月。
引越し業界では比較的閑散期と言われる時期です。

夫婦+幼児1人の3人家族の引越しで移動距離は約20km。
アパートから新築戸建への引越だったんですが、見積りに来てくれた営業さんに言わせると

「荷物が多い&距離が長い」

とのことで11万程度かかりました。


https://hikkoshi-chie.com/archives/43

引越し業者さんは、

アリさんマークの引越社、アート引越センター、サカイ引越サンター

の3社に見積りをお願いしていました。

最初に来たのがアート引越センターの営業さん。
家の中を一通り見てもらったところ、
割引を使って21万程度かかると言われました。

アートさんは、ご近所への挨拶をしてくれるなどサービス面でしっかりしているということで、

『金額は高くてもしょうがないのかなぁ…』と。

そして、次に来てくれたサカイ引越センターの営業さんは

「11万でできます!

でも、この場で決めてください!

見積りをお願いした他の業者さんにもこの場で電話してください。」

と言われました。

平日で夫が不在の中、
メンタルが豆腐の私・・・、正直怖かったです(笑)。[chat face=”fukidashi2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]営業さんの対応に…モヤモヤ
不安に思うかたはこちらがおすすめです!
引越し業者を比較!営業電話を回避して圧倒的に安くする方法![/chat]

サカイさんはアートさんのように、
サービス面で充実しているというわけではなかったのですが、必要最低限のことはしてもらえるのと金額の安さにひかれてサカイさんにお願いすることにしました。

アリさんマークも安いと口コミで見ていたのですが、サカイの営業さんから

「アリさんマークの営業さんは怖いですよ。

前に見積りに行った方も怖い思いされたって言ってました」

と言われたので、
ちょっと名残惜しかったですが見積りを断念しました。

サカイさんは契約が完了すると
梱包用の段ボールとガムテープ、布団袋などをくれたので梱包材の値段を抑えることができました。

ただ、それでもちょっと足りなくて
ホームセンターで段ボールを10枚程度購入しましたが。。。

引越しトラック

引越し当日は10時までにトラックが来る

ということで早めに準備していましたが、
8時過ぎには到着したのでちょっと慌ててしまいました。

私が8時に子供を託児所に預け、夫が自宅で作業員さんの対応をする。
私がそのまま引っ越し先に向かう!
という予定だったので狂ってしまってバっタバタ。

私が作業員さんに前払いする引越し代金を持ったまま出てしまったのでUターンして代金を置きに帰ることになりました。きちんと前の晩から目につくところに置いておけばよかったとちょっと後悔しました。

引越し先で荷物の搬入が始まってからは、

段ボールにどこの部屋に置くかなどを書いておいたためか私は特にすることもなく、邪魔にならないところに立っている程度。

後半からは台所用品を運び込んでもらえたので、それを開封して片づけていました。

引越先に荷物をすべて置いてもらったのが14時半ごろでした。

サカイの作業員さん達には作業が終わってからお茶やスポーツドリンクなどを差し入れしました。作業員さんはリーダーの方が主にこちらへの対応をしてくださったんですが、ちょっとぶっきらぼうな方であまり愛想はよくないなという印象でした。

作業員さんが帰られた後、
室内を点検していたら、放置されている養生シートを発見。

すぐにセンターに連絡すると
作業員さんから電話をかけなおすと言ってくれ、すぐに作業員さんから電話がきたのですが

「ほんとにそれうちのですか?」

という返答でした。
(途中家具屋さんが家具を搬入してくれたのでその人たちの物ではないかという意味。)

家具屋さんの立ち入ってないところに置いてあったと説明すると、

「あぁ、じゃあこれからすぐには戻れないので玄関先にでも置いといてください。」

と、まず謝るとかでもなく、
すごくサラッと対応されたのでなんだかモヤモヤしました。

体験談 はっ!
結果的に比較的安く済んだのはよかったと思います。

ですが、私のように女性一人で見積り対応をすると不安な部分もあると思います。これから引っ越される方はできたら旦那さんやご家族の方に一緒についてもらえるといいと思いました。

あといろいろなサイトで口コミを見ると営業さんや作業員さんの対応はほんとにピンキリのような印象だったので、これはあたってみないとわからないのかなと思います。

とりあえず引越しで後悔しないためには、

1. 相見積をとる。
(私のように営業さんに阻止される場合もありますが^^;)

2. 何が重要かを明確にする。
(サービスはそこそこでも価格を抑えたい。荷物をきちんと運んでもらえればよしとする等)

3. 口コミや相場などを見て、見積りをとる前に下調べしておく。

この3つが大事かなと思います。

今度引越するときはきちんとこの3点を意識して業者さん探しをしたいと思いました。