この記事の所要時間: 719

大阪府在住 30代女性 E.Yさんの引越し体験談

大阪府在住
30代女性 E.Yさん

[chat face=”woman1″ name=”E.Yさん” align=”left” style=”type1″]この引越しに点数をつけるなら70点![/chat]

E.Yさんの体験談 教訓

其ノ一. とにかく相性!相性って大事です!

 
 
結婚する前、旦那と同棲していた時は
2LDKの賃貸マンションに住んでいました。

結婚し、旦那の地元へ引越しする事になり
将来的に子供が出来ることの考えたうえで

3LDKのマンション
エレベーターあり
2階より上の部屋
風呂トイレ別々
駅まで20分以内、
洋室メイン
家賃9万以下
 
 
を絶対条件で物件探しを始めました。


 
ネットで見ていてもピンとこないので直接不動産屋に行きました。

旦那の地元の駅前には、
色んな不動産屋が5件ほど、かたよって建ってます。

とりあえず、適当に入ってみました。
 
 
対応して下さったのが若い女性の方で第一印象は、

どんくさそう、話し方がちょっとイラッとくる

と、私はイマイチな感じでした。
 
 
そして、絶対条件を伝えると

いくつか物件ありますのでとりあえず見に行きましょう

と言われ、
物件詳細が書かれた紙はとくにきちんと見せてもらえませんでした。
 
 
 
まず向かった1件目の物件は、
ものすごく車がビュンビュン走ってる道路沿いにある2階建てハイツ。

いやいやいや!
2階より上の部屋のマンションがいいので、ハイツ希望してませんが。

しかも、道路沿いすぎて子供ができたときあぶなすぎます。
ここは、見るまでもなく却下でした。
 
 
 
次に向かった2件目の物件は4階。
よしよし、さぁ、入ってみましょう!
 
 
「あっ、カギ持ってくるの忘れました。
すみません、入れません」
 
 
 
 
はぁ!??(`_´)
 
 
 
次に紹介された3件目の物件も4階。
さぁ、行きましょう!
 
 
 
「階段、足元気をつけて下さいね〜
エレベーターはございませんので!」
 
 
 
 
はぁ!??

エレベーターは絶対条件って言いましたよね?
子供ができたときベビーカーあるのにエレベーターないと無理でしょ!

そう伝えると

「あっ、では1階にも空きがございますので」

だーかーらー!!
絶対条件で2階より上の部屋って言いましたよね!?

もぅ、私は怒りが限界にきたので
もぅいいです。かえります!と帰りました。
第一印象通りのどんくさい人でした。
 
 
 
ご近所さんへの挨拶は?

別の日に、その不快だった不動産屋の隣にある不動産屋へ行きました。

対応して下さったのは40代のハキハキした明るい感じの男性。
第一印象、頼りになりそう!

絶対条件を伝えると、
詳細の紙を見せてくれ見に行く物件を一緒に選ばせてもらいました。

そして見に行った1件目の物件。
駅まで徒歩3分、イオンモールまで徒歩3分、
良かったけど線路が近すぎて、電車音うるさいのがダメでした。
 
 
次の2件目の物件。
駅まで徒歩5分、イオンモールまで徒歩10分、マンションの目の前にコンビニ、ドラッグストアがあり。

絶対条件全てクリアの完璧理想通りのマンションでした。

他にも見に行こうとしてた物件があったのですが、私の直感が、絶対ここだ!と思ったので今すぐ契約しますと即決しました。
 
 
 
そして引越し業者選び。

どこがいいのか分からなかったので、とりあえずサービスの内容で2つの業者にしぼり
それぞれに電話して見積もり出してもらうことにしました。

まず1つ目の引越し業者「A」。

電話口の声のトーンからの印象、やる気のない若い兄ちゃんって感じでした。

見積もり出してもらいたいと伝えると

テレビの大きさは?ベッドの数は?
 
 
とか聞いてくるので、答えてたら

だいたい〇〇円ですね!
 
 
と電話口で言われました。
 
 
 
 
え?
(電話で見積もりおったでオイ)
 
 
でも、実際こられたときに値段変わってしまったりしませんか?
と聞くと、

「直接見てないんで、そりゃそーですねー」

と、言われました。
 
 
 
 
 
はぁ!?

いやだから、
見積もり出してもらいたいから見に来てもらえないのですか?

と聞くと、
 
 
「今、お電話でおっしゃって頂ければだいたい分かりますんで」
 
 
といわれ、
私はだいたいとかでは困るので来てください!

と言うと、では、別の窓口へつなぎますと電話をまわされました。

保留音流れて待つこと10分!

やっと繋がったと思うと、
受付ここではないので、違う窓口まわします。

また保留音流れ、また待たされること10分。
 
 
 
 
でたのは、最初の電話相手。
 
 
 
お前かよ!

(とは言ってませんが)
 
 
間違えたので、また違う窓口まわします(*’ω’*)

と、また保留音。
 
 
電話のたらいまわしに苛立ち、
無駄な保留音待ち時間でどんどん電話代はかさみ、怒りが限界にきたので電話を切りました。[chat face=”fukidashi2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]楽に一括見積もりをお願いするなら!
引越し業者を比較!営業電話を回避して圧倒的に安くする方法![/chat]
 
 
そして、次に電話したのは引越し業者「S」!
電話したら、自宅に来てくれることすぐに了承してくれました。

電話の感じは、とても印象が良かったです。

そして、正確な見積もりを出してくれ、
サービスも割引もたくさんしてくれ本当にとてもとても良かったです。

引越し当日もとても安心してまかせることができました。
 
 
 
引越し中の失敗談としては、

無料でついてくるダンボールでは、やはり足りなくなってしまったこと。
 
 
もちろん、ガムテープも。
ただ、有料のダンボールにするのは嫌だったので、自分が持ってた大きめの紙袋や、手提げバッグに細かいものや、DVDなどつめました。

ガシャガシャと運んでる時の衝撃で
DVDの中の映像が映らなくなってしまったりなどの失敗をしてしまいました。

やはり、ちゃんと梱包してダンボールにつめて運んでもらうべきでした。
 
 
 
 
結果、賃貸マンション2LDKから
賃貸マンション3LDKへ旦那と2人で旦那の地元への引越しでした。

そして、不動産も引越し業者も
第一印象が不快だったらやっぱり最後まで不快。

相性って大事なだなぁ…と思いました。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/441
https://hikkoshi-chie.com/archives/43