この記事の所要時間: 149

単身引越しをお得に安く!


単身引越しを控えている方へ!


荷物はそんなに多くないし、

たった一人の引越しだから…


とはいえ、
引越し費用は当然かかります。


大学入学や転勤、単身赴任など、
一人での引っ越しを考えている方や家族にとって、単身引越し費用は大きな出費となります。

荷物が少なくても、トラックを
用意しなければいけないなど、何かと手間のかかる「単身引越し」。



単身パックの相場はどれくらい?

できるだけ安くする方法は?



気になる単身引越しに役立つあれこれをまとめました。
ぜひ参考にしてください!


引越し業者の選び方

単身引越し費用の相場

単身引越し費用の相場

ではまず、
単身引越しの相場から確認してみましょう。


単身引越しでは、

荷物が少ない場合
荷物が多い場合

によって値段が大きく変わります。


また、引越し先の距離によっても
金額が変わるため、荷物の量、距離別に相場を確認してみましょう。


引越し荷物が少ない場合の相場

近距離(市内程度)で10,000~25,000円
中距離(県内程度)で20,000円~30,000円
遠距離(県外)23,000円~50,000円

引っ越し荷物が普通の場合の相場

近距離(市内程度)で20,000~35,000円
中距離(県内程度)で25,000円~40,000円
遠距離(県外)40,000円~70,000円

引越し荷物が多い場合の相場

近距離(市内程度)で30,000~50,000円
中距離(県内程度)で40,000円~80,000円
遠距離(県外)70,000円~100,000円



単身引越しの相場は、
おおよそこのような金額となります。


ただし、

3~4月の引っ越し繁忙期には、
1万円~5万円程度価格がアップするケースがあるので注意しましょう。



単身パック料金を比較

引越し業者の単身パック料金

単身引越しをするなら、
各引越し業者の単身パックがお得で便利です。



しかし、
引越し業者は数多くあって

「どの引越し業者が良いんだろう?」

と、悩んでしまいます。



ということで
大手引越し会社のサービス・料金をまとめてみました。


ヤマトの単身引っ越しパック

ヤマトの単身引越しサービスには、
ミニサイズとフルサイズの2種類があります。

ボックスと呼ばれる
専用のケースに入るだけ、荷物を詰め込むことが可能です。


関東であれば、
同一市区内で11,000円~依頼が可能です。

ですが、

荷物が入りきらなかった場合は、
別便で送る必要があるため、費用がかさんでしまう場合もあります。



Web割引や平日割引、
早期割引などもあるので上手に利用しましょう。

ヤマト単身パック体験談
>初めて引っ越し業者に・・・


赤帽の単身引越し

赤帽は引越し専門業者ではありません。

ですが、

全国に拠点がある上に、
プロの引越し対応を行っているのが「赤帽」です。



東京都内であれば、
赤帽トラックに積めるだけの荷物が、

13,500円からお願いできます。
※作業2時間以内、距離20キロ以内


貸切便をお手頃価格で利用できるので、

大きなトラックを頼むほどではない
重い荷物だけをお願いしたい

といった場合には、特に便利なサービスです。


他社の単身パックに比べ積める荷物が多く、
さらに「車がない」「交通の便が悪い地域へ引越し」という場合は、トラックへ同乗することも可能です。


日通の単身引越し

日通の単身パックは、
荷物を詰めるボックスの大きさによって、
Sサイズ、Lサイズ、Xサイズに分かれています。

一番荷物が少ないSサイズが15,000円~となっています。


荷物が多い場合は、
2トントラックの半分まで積める「ワンルームパック」
2トントラック全てに積み込める「ワンルームパックプラス」というサービスもあります。


引越し距離が15km~30km以内であれば、

ワンルームパックの最大料金 29,800円
ワンルームパックプラスの最大料金 39,800円

で利用が可能です。

日通の単身パック体験談
>引っ越しは早め早めの進行で


サカイ引越センターの単身引越し

サカイ引越センターには、
単身向けの小口便引越しサービスがあります。


ワンルーム程度の荷物を、
用意されたボックスへ荷物を詰め運んでもらうシステムです。

ただし、まだ新サービスのため、
現在は「関東ー関西間」のみでしか利用できません。


価格は要見積もりですが、
「梱包資材を依頼する場合は有料~」と記載があり低価格です。

問い合わせの上、他社と比較してください。

単身パックではありませんが…
サカイ引越センター体験談

>サカイ引越しセンターで満足!


アリさんマークの単身引越し

アリさんマークの引越社には、

超ミニ引越しプラン
特ミニ引越しプラン
ミニ引越しプラン

といった、単身引越しサービスがあります。


料金は引越しの距離、荷物の量
によって変わるため、金額は都度見積もりとなるでしょう。

ただし、ミニ引越しプランは
いずれも5km以内に限られます。

見積もりの結果、
長距離引越しとなってしまうケースも多いようです。

アリさんマークの引越社
単身パック体験談
>対応良!アリさんマークの引越社


単身引越しを安くする9つの方法

費用を安くする9つの方法!

「単身引越しの費用を少しでも抑えたい!」

単身引越しは、基本的には
荷物の量が決して多くはありません。

ですので、
できる限り費用を安く抑えたい、という方がほとんどです。



ここでは、
費用を抑えることができる9つの方法

を紹介しますので、
実行できることはぜひ取り入れて、賢く単身引越ししちゃいましょう。


1.相見積もりを取る

これは単身引越しに限らず、
引越しを上手に行うために必ずやるべきことです。



引越しの価格には、ある程度の相場はあります。
ですが、荷物や距離によって価格が変動します。

自分の引越しではいくら位になるのか、
複数の引っ越し業者から見積もりを取っておくことが大切です。


何社も家へ来て
見積もりをもらうのは嫌だ!面倒くさい!



という方は、業者の条件を
まとめてくれる一括見積もりサービスもあります。

もちろん無料ですので
こういった便利なサービスを使うようにしましょう。



2.値引き交渉は当たり前

引越し業者が2~3社に絞り込まれた、
他社の料金を提示しながら、値引き交渉を行いましょう。

値引き交渉に備え、高めの
見積り料金を出している業者も少なくありません。



「値引きをしてくれとは言いづらい…」

と遠慮は不要!


引越しでの値引き交渉は当たり前です。

ただし、交渉時の営業マンで
嫌な思いをしている方も少なからずいらっしゃいます。



どうしても苦手…というかたは、
業者とのやりとりを代行してくれるサービスを使ってみては。
>引越し業者を比較!営業電話を回避して圧倒的に安くする方法!


3.自家用車で自力引越し

単身引越しの荷物を自分で運んでしまえば、
引越し業者へ支払う費用はゼロになります。


小さい冷蔵庫や、
洗濯機程度の家電なら自分で持てる!

積み下ろしを
手伝ってくれる家族や友人がいる!



という場合は、チャレンジしてみても良いでしょう。


4.レンタカーで自力引越

自家用車が無い、自家用車が小さい、
という場合はレンタカーを利用する方法もあります。

レンタカー代だけでなく、
高速代、ガソリン代もかかってきます。



特に、遠方への引越しの場合は、
自力引越しにかかる費用を試算した上で、安い方を選ぶようにしましょう。


5.梱包、荷ほどきは自分で

荷物の梱包や荷ほどきを
引越し業者へ依頼してしまうと、その分費用が高くなります。


また、

家具の取り付けサービス
お掃除サービス

など、便利なオプションが多くありますが、
費用を節約したいなら、できることは自分で行うようにしましょう。


引越し業者によっては、
不用品の買取サービスがありますが、
場合によっては不用品の処分料がかかるケースもあります。


事前に不用品買取サービスや、
不用品処分業者で片付けておく方が費用が安価になるケースもあるため、比較検討してみましょう。



6.安い時期を選ぶ

引越し業界には、繁忙期と閑散期があり、
時期によって価格が大きく変化します。


急ぎの場合は難しいのですが…

引越しまでに余裕がある場合は、
3~4月の繁忙期は避けるようにしましょう。



そして、多くの引っ越し会社で
最安値の価格が出るのは7月となっています。



より安くするなら、引越し業者へ
時間も日付も任せる、という手段もあります。



早朝、深夜問わず、
引越し会社さんの都合に合わせます。

費用を抑えて下さい!


とお願いしてみましょう。


7.割引サービスを上手に利用

各引越し業者のほぼ全てで、
お得な割引サービスが展開されています。


インターネット申込みで割引
学生割引
シニア割引、平日割引、早期割引
梱包資材プレゼント
段ボールの無料回収



といった嬉しい特典があるため、
しっかり確認の上、活用していきましょう。


8.荷物が少ないなら宅配便引越し

大型の荷物が無い引越し場合は、
引越し業者ではなく、宅配便で荷物を運ぶと費用を節約できます。


荷物がダンボール10箱以下の場合は
宅配便での発送を検討すると、お得に単身引越しできるでしょう。


9.不用品買取サービスを利用

引越しの梱包をしていると、
もう使わない不用品が多数出てきます。


そういった不用品を、不用品買取サービスで
買い取ってもらえば、荷物を減らしながら、
引っ越し費用の捻出ができるでしょう。



遠距離の場合は特にですが、


大型家電を引越し前に処分する。

転居先のリサイクルショップなどで購入



の方がお得な場合もあります。


単身引越しはココに注意!

ココに注意

単身引越しには、一人だからこそ
注意しておきたい点がいくつかあります。

引越し前に知っておき、
スムーズに新生活をスタートさせましょう。


家具や家電の配置を決めておく

引越しでの家具や家電の配置を事前に決め、
引越し業者さんへ配置をお願いしておきましょう。

この配置、レイアウトの事前決定は
通常の引越しでも推奨しています。



特に単身の引越しの場合は、
後から一人で動かすのが大変になります。

引越し先の間取り図が手に入ったら、
図面に書き込むなどして、大体の場所を決めておきましょう。

とりあえずそこで!が悲劇…
>福島県M.Hさんの引越し体験談


照明やカーテンを忘れず!

ついチェックを忘れてしまいがちなのが、
引越し先の照明やカーテンの有無です。



照明やカーテンがないまま引越してしまうと、
明かりが無く荷物を運びこめない、という事態にもなりかねません。


人通りのある家なのに、カーテンが無い……
電気は来てるけど照明器具がない……

とならない為にも、
事前に必ず確認しておきましょう。


本当に必要な物を分ける

単身パックで運べる荷物は、驚くくらいに少量です。

通常の引越しサービスや
赤帽を利用する場合はあまり心配ありません。


「物はそんなに無いから」

と思っていても、

いざ梱包してみると生活必需品だけで
段ボールが大量……という例も少なくありません。


少し荷物がオーバーしただけで、
多額の追加料金を発生してしまうことも。


あまり使っていないもの
現地でも安く変えるもの

そういったものは処分、または、
不用品買取サービスなどを利用し、片付けておきましょう。

運べる量が少ない単身パック
ベッドは大丈夫ですか?
>単身引越しの悩みはベッド!どう運ぶ?


最後に



単身引越しの価格相場から
安く抑えるポイントまで紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

単身引越しは、通常の引越しと比べ
荷物が多くないため様々な選択肢があります。

引越しの荷物量や、
移動先の距離などを考慮し上手に選びたいですね。



安くするテクニックも取り入れながら、
当日までの準備もしっかりして、納得のいく形で新居へと移りましょう。


住まいが変わることで心機一転!

スムーズに引越しが済むことで、
気持ちの良い毎日が迎えられるでしょう!



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります