この記事の所要時間: 1234

地域密着引越し業者は安いけど不安…福岡県A子さんの引っ越し体験談




福岡県 30代女性A子さん
>福岡県の引っ越し体験談はこちら

この引っ越しの点数は75点!

C-manzoku

姉が経験した地域密着引っ越し業者の失敗談…参考にさせてもらって大正解でした!

この引っ越しからの教訓
引っ越し業者選びはとにかく慎重に!それと、引っ越し準備は余裕を持って早めに!



私たちが引っ越しをした理由は家を購入したためです。

とても住み心地の良い賃貸アパートですが、
駐車スペースがなく、少し離れた場所に駐車場を借りていました。

それまで駐車場が家の前にあったので、その有難みを心より実感しました。


ついにマイホームを購入しました!

家を探し始めてから購入を決めるまでは3カ月ほど。

手続きなどで年越しを挟んでしまったため、
引っ越しまではたどり着くにはさらに伸びそうな感じ…


いつ引っ越し業者を決めればいいのか?
どうやって連絡すればいいのか?
何社くらい金額を比較すればいいのか?

などなど、不安しかありませんでした。


主人と2人で引っ越し業者の口コミサイトで
色々な方の体験談などを読み、時期はおおよそでもOK!

ということとを知り、さっそく一括見積もりサイトで依頼をしました。


依頼をしたのは24時を回っていたのですが、すぐに主人の電話が鳴りました。

ま、まさかこんな時間に!?

こんな深夜に引っ越し業者が電話をかけてくるなんて!信じられません!

と、出てみると引っ越し業者…

問い合わせの直後とはいえあまりにも非常識!
もちろん、そちらの業者は話を聞くまでもなくお断りしました。


次の日から、主人の電話は朝からひっきりなしに鳴っていたそうです。

仕事の電話が掛からなくなるのは困るから、
電話に出られた業者には私の番号を伝えたそうで、午後からは私が電話対応に追われました。


このとき、私は妊娠8か月…
あちこちの引っ越し業者からの電話攻撃にはほとほと参りました。



帰ってきた主人が疲れ果てた私の様子をみて、
体調にも悪いだろうから、もう1社にお願いして他はすべて断ろうと言ってくれました。

ほんとうに有難かったです。


サカイさんの電話対応は丁寧でした!

お断りの電話はすべて主人が受けてくれて、
私は大手引っ越し業者のサカイ引越センターの電話のみを対応しました。

電話対応はコールセンターのオペレーターだったと思います。
そのためか事務的でしたが、とくに嫌な感じもなく丁寧な対応でした。

その後、担当地域の営業マンからの連絡に変わりました。
こちらはさすが営業マンと言いますか、終始穏やかでにこやかに対応していただきました。


私たちが引っ越しを頼みたかった時期は2月中旬でした。

本格的な引っ越し繁忙期ではないものの、
すでに忙しい時期だということで、時間帯によってお値段が変わってくるとのこと。

平日で構わないので、とにかく朝一が希望。
少しだけ粘り、「まぁいいか…」と思える金額で妥協をし契約をしました。


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較業者比較の前にまずは見積もり!無料で一括見積もり


最初の見積もり額よりはだいぶ安くなったし、
交渉術だと思いますが、営業の方も少し渋りつつお値下げしてくれましたので。

サカイ引越センターに決めた理由は、大手で一番耳なじみのある業者だった…



と、もう一つ理由があります。


私の実姉が何度か家族で引っ越しをしています。

1度目は私と同じようにサカイ引越センターに頼みました。
特に問題もなく、スムーズに引っ越しを終えたそうです。


そして、2度目の引っ越しは地域密着型の引っ越し業者に頼んだそうです。

サカイ引越センターに比べて料金が安く、
前回問題なく終えられたので、安いところに頼んでも大丈夫だろうと思ったためだと。


ですが、いざ引っ越しになってみると、
作業員はダラダラ動き、見ているほうがヒヤヒヤするような運び方。

ま、まさか!玄関の前でタバコだなんて!

お客に何の断りもなく休憩を取り始め、
あげくの果てに玄関の前でタバコを吸い始めて新居に煙が入ってきたそうです。

見かねた義兄がクレームを言ったところ、
その後はスムーズに進んだそうですが、やっぱり安いところは安いなりの理由があると言っていました。



その後、姉は3度目の引っ越しをしましたが、サカイ引越センターに頼んでいました。

地域密着型の引っ越し業者が、全てこのような作業態度では決してありません!
ですが、実際にこのようなことを目の当たりにすると…

サカイよりも社員研修が行き届いていないのは間違いないと思います。
この話を聞いていなければ、私と主人も金額重視で選んでいたと思います。


引っ越し当日まではとにかく荷造り!

引っ越し業者を決めたあとは、当日までに荷造りをするだけ。

引っ越しまで一ヶ月を切ってはいましたが、
専業主婦で時間はあるし、重たいもの以外を少しずつ進めれば大丈夫だろうと思っていました。


ですが、いざ荷造りを始めようとすると、
順番に戸惑い、再度ネットで情報を集めることから始まりました。

少し慌てましたが、しっかりとメモを取り、
まずは残りの日にちのスケジュールを主人と決めました。

平日は私が引っ越し準備を進めて、土日は2人ですれば大丈夫と話しました。


しかし、その3日後、私は切迫早産で入院…
絶対安静、正産期に入るまでは退院できないと言われました。

ちなみにこの正産期というのは妊娠37週以降で
赤ちゃんがいつ生まれてきても大丈夫と言われる時期です。

そして、私の正産期は引っ越し日を過ぎていました…


まさかの切迫早産…そして、迫る引っ越し予定日…

引っ越し業者に予約を入れているし、家の引き渡し日も決めてある。
アパートの退去日も駐車場の解約日もすでに連絡しており、一部日割り計算で支払い済み。

私も主人も、もうどうしようかと慌てふためきました。
とりあえず、まだギリギリセーフなときに入院できでよかった…


と、迫る引っ越しから目をそらし話していると
私の母と夫の母が荷造りを手伝ってあげるからと言ってくれました。

有難い気持ちと、申し訳ない気持ち…と同時に少し安心できました。
ですが、入院中に聞く主人の荷造りの進まなさ具合に不安は増すばかり…

入院して10日後、私は退院させてもらえるよう先生に直談判しました。
半分怒られながらも何とか頼み込んで、引っ越し1週間前に退院。


母とアパートへ行き私は横にならせてもらって
口だけを出しながら母が段ボールへ荷物を詰め込んでくれました。

そんなことを2日ほど行い、その後は絶対安静。
引っ越し前日になって、主人はようやく休みを取れて主人の母親と3人でアパートへ。


ギリギリだった荷造り作業!

自分だけ動かないのが申し訳ないのですが、私は変わらず絶対安静。
またもや口だけを出し、夜の21時に大方の荷物を詰め終えました。

私と義母が帰ったあとも、主人だけは残り、
細々したものを片づけたり、翌日の色々な準備のために遅くまで頑張っていたそうです。


入院してからこの前日まで、毎日のように
「もっと早く荷造りを進めておけばよかった」と後悔ばかり…

ようやく一安心することができ、なんとも言えない脱力感に襲われました。


そしてむかえた引っ越し当日。
私は絶対安静のため、ペットの猫と一緒に一足先に新居へ。

旧居アパートでの荷物搬出は主人の他に
主人の妹夫婦と内装業をしている私の友人が手伝いに来てくれました。


何かあれば私もすぐに対応できるように、
主人と通話状態にしていましたが、聞こえてくるのは主人の「すげぇ」「早っ」といった驚きの声ばかり。

サカイの作業員さんは驚くようなスピードの仕事ぶり!さすがプロです!

サカイ引越センターの3名の作業員は
「すげぇ」と驚くほどスピーディーに運び出されたそうです。



また、荷物の搬出がほぼ終わりかけた頃に
1人で粗大ゴミを出そうとしていた主人をみて、作業員の方が駆け寄りすべて運びだしてくれたそうです。

当然のように対応してくれて、本当に有難かったと喜んでいました。


その後、新居へ来た主人がご近所をまわり、
引っ越し作業でご迷惑をかける事、引っ越しの挨拶は引っ越し後に改めて伺うと伝えてくれました。

そして、新居での荷物搬入が始まる前、
作業員の代表の方が奥の部屋で休んでいた私に挨拶にきてくださいました。


その方の奥さまも私と同じように切迫早産で
入院していたが無事にしたと元気づけてくれ、体調を気遣ってくれました。

主人も私も、また引っ越しをするとしたら
絶対にサカイ引越センターにお願いしようと同意見でした。



引っ越しが終わった後、主人と2人でご近所へ挨拶にまわりました。

サカイの作業員さんが帰られたあとに、
主人と2人で挨拶の品物を持ってご近所へご挨拶へ伺いました。

お留守でお会いできないお宅もありましたが、
在宅の方は皆さんにこやかにお話ししてくださり、私の体調を気遣う言葉をかけてくださいました。

今後のご近所付き合いに不安がありましたが、何とかやっていけそうだと思えました。



今回の引っ越しに際して、すべてが不安でした。
むしろ不安しかありませんでした。

ですが、周りの人たちの温かい協力で
無事に全てを終えることができ、改めて人の繋がりの大切さや有難みをしみじみと感じました。

無事に産まれてきた我が子を抱えながら、
車と玄関を往復する日々の中…あらためて家の前に駐車場があるって有難いと心から思いました。



最短1分でわかる!まずは無料で料金比較業者比較の前にまずは見積もり!無料で一括見積もり




最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら