この記事の所要時間: 538

 
愛媛県在住
20代女性 yuchalさん

この引越しに点数をつけるなら50点[chat face=”woman1″ name=”yuchalさん” align=”left” style=”type1″]初めての引越しでしたが、準備を2週間で終わらせたので![/chat]

yuchalさんの体験談 教訓

其ノ一.見積もりは複数業者から!
其ノ二.荷造りのダンボールには何が入っているかを細かく書く!

 
 
愛媛にアパートからアパートへ引越しをしました。

仕事の都合により、家族で人生はじめての引越しでした。

全く知らない土地への引越しでしたが
主人が先に単身赴任で行っていた為、新しいアパートを見つけてもらうのにそんなに大変さは感じなく、逆に先に仮契約まで主人がしてくれていたので助かりました。


 
私は実際に引越しの数日前に内覧をさせて頂き本契約に至りました。

引越しを自分で一から段取りしてした事がなく、全くの初めてで何から手を付けて良いのか分からなくて今思えば後悔が結構あります。
 
 
その1つが引越し業者の選択です。

調べれば分かる事ですが、
ほとんどの方が三社以上に見積もりを取り、値下げ交渉をしています。

ですが私は、CMなどで知っていた1社にしか見積もりを取らず、その場で契約してくれたら少し値引くと言われ、言われるがままに契約をしてしまいました。

もし、次の引越しの機会があれば、
絶対に見積もりを見比べて自分達が賢い選択を出来るようにしたいと思います。
 
 
ただ、幸いその選んだ業社さんの対応が本当に良く、分からない事だらけの私をサポートしてくれて本当に救われました。

元のアパートの周囲の方、
また新しく住む周囲の方にも気配りをちゃんとしてくれていて、

ここまでしてくれるの!?
 
 
と驚くほどだったので、この金額で妥当なのだとも思えました。
 
 
 
大変だった荷造り!

2つめは、荷造りです。

とにかく必要か必要ではないのかで、
捨てる捨てないを考えながら梱包をしていきました。

しかし、「捨てるか捨てないか」ではなく、

「どのダンボールになにが入っていて」

「すぐに使う物がどのダンボールか」
 
 
を考えて荷造りすれば、
荷ほどきに時間が無駄にかからずにスムーズだったのかなと思っています。

大まかに入っている物を書きましたが
実際には自分の探している物をすぐに見つけることは出来ませんでした。

最終的に全部のダンボールを開けて
片付けながら探す事しか出来なくて効率が悪かったなと反省しています。

「細かく書きすぎかな」と思うくらいで次はしようと思っています。[chat face=”fukidashi2.jpg” name=”” align=”left” style=”type3″]荷造りのコツはこちらで解説!
>30代女性 ぶどうさんの引越し体験談[/chat]

 
 
 
3つめは、引越しに関しての全ての手続きです。

引越し先が決まっていない状態で引越し業者を選んでしまったので、自分が何階に住むのかなど具体的な事がギリギリまでハッキリせず…

多分、業者さんの思うがままの料金になってしまった気がします。

元々住んでいたアパートの解約手続きもギリギリでした。
 
 
この反省を活かして、次の時は新しい引越し先を先を決めてから、物事を進めて行かないと上手く行かないと勉強しました。

アパートの何階に引越しするのか?

マンションだとエレベーターはあるのか?

出入り口は狭いのか?
 
 
などでも、料金が前後するようなので
見積もりをとる時点ではっきりとしていたら、値段の交渉もスムーズに行けるのかなと思っています。
 
 
 
大変だった引越し

今回の引越しに点数を付けるとしたら50点です。

引越しが決まってからやらないといけない事がたくさんあって、頭の中はぐちゃぐちゃでしたが、荷造りはテキパキと出来て2週間で家の荷物を1人で終わらせた事は自分を褒めてあげたいかなと思っています。

それ以上に反省点が多かったですが、いろんな事を勉強出来たと思い50点です。

次の引越しをするときには、
しなければいけない事を紙に書き出し、優先順位を付け、冷静に行動に移したいと思います。
 
 
頭で考えても実際には忘れている事も少なくないので、夫婦で確認しながら上手く引越しの作業が出来たら良いなと思います。

今回の引越し作業では、断捨離を心がけて
荷物を整理しながら荷造りした事はとても良かったと思っています。

引越しというタイミングで押入れの奥で眠っていた物をリサイクルあるいは処分出来て新しい引越し先では余計な物が無い状態で生活を始められたので満足しています。
 
 
 
洋服においても1年をめどに着ていなかった物は徹底して処分しました。

最初は勇気が必要で、思い入れがある物は
なかなか捨てる踏ん切りが付かなかったのですが作業していくうちに、だんだんと捨てちゃえ!って気持ちが出てきて荷物がとてもスッキリしました。
 
 
最後に引越しした周りへの挨拶ですが、
最近ではあんまりする人が少ないみたいなのですが、ほんの気持ちのギフトセットを持ってこれから住むアパートの方達には挨拶に行きました。

「これからよろしくお願いします」という挨拶ですが、私達の中では、

全く知らない土地だし仲良くなれたら良いな…

どんな人達が住んでいるのかな?
 
 
っていうところもあって挨拶に伺いました。

これが都会ではきっと、鬱陶しがられるのかと思いますがまだまだ田舎の方だと優しくして頂けて仲良くなれるキッカケになれると思いました。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/80
https://hikkoshi-chie.com/archives/43