この記事の所要時間: 948

引越しに必要な手続き

引越しとなると荷づくりや荷ほどき、
公共料金に関することなどなど…

やらなくてはいけないことだらけ!


掃除や片付けに追われる中、
忘れてはいけないのが…

「住民票」です。


住民票とは、あなたがそこで
生活していることを証明するものです。

引越しに伴う各手続きの際に、必ず必要になってきます


少し手間はかかりますが、
忘れずに手続きを行う必要があります。


引越し時に欠かせない住民票について、
手続きの期間などを総まとめしました。

ぜひ参考にしてください!


引越し業者の選び方

変更手続きはいつする?期間は?

変更手続きの期間

住民票の変更手続きは、
「引越しから14日以内」という決まりがあります。
※例外を除く


引越し前の市区町村役場に出向き、
転出届(その地域から引越します)という届けをもらいます。
 ※郵送でも可能


その日付から14日以内に、
新しい住居の市町村役場にて転入届を出す必要があります。


あまりに早く手続きしてしまうと、
期限内の手続きができなくなってしまいます。

引越し日にできるだけ近い日で、転出届を行うようにしましょう。


ただし、市区町村役場へ行けない場合は
郵送でも手続きが可能になっています。

また、窓口で相談すると例外として
14日を多少過ぎていても手続きできる場合があります。

そ転出届を出す時に、必ず相談するようにしましょう。



なお、住民票の異動は「義務」です。


通常14日以内に手続きを行わないと

「5万円以下」の罰金

を受けることもありますので、
くれぐれも手続きを忘れないようにして下さい。



ただし、

引越しの理由によっては、
住民票を異動させないケースもあります。



例えば、


進学の為に実家を離れるものの、
卒業後は実家に戻ると決めている場合

新しい住所に住むのが、1年未満と決めている場合


などは、
住民票を異動させなくても違法にはなりません。


なかには転出届を出すのを忘れ、

そのまま引越してきてしまった!

という人もいますが、
その場合、新しい住所での転入届の手続きはできません。


市区町村役場で多少の違いはありますが、
先に転出届を行い、必要書類が手元に準備できてから転入届の流れになります。


また、転出届は郵送でも手続OK!

と言いましたが、
かなり時間がかかるのでご注意下さい。

引越し前に、必ず忘れずに
転出届を出すようにしておきましょう。



変更手続きのやり方

引越し前の手続き

次は、住民票の変更手続き
のやり方について具体的に説明します。


引越しと一言でいっても、

同一市内のなかで引越しをする人、
または、遠く離れた市外に引越しをする人もいるでしょう。



人それぞれ引越し先は違うものです。

具体的にどんな方法で行うのか、
その時に必要な書類と注意点をご紹介します。


同一市内への引越し

引越し先が同一の同じ市内の場合は、
転居した後14日以内に市町村役場にて「転居届」を提出する必要があります。


この手続を行う際は、
本人確認書類が必要となり顔写真付きの

「運転免許証」
「パスポート」
「マイナンバーカード」
「住基カード」

などが必要になります。
必ず忘れずに持参するようにしてくださいね。


自治体によっては、
「印鑑証明」が必要になる場合もあります。

事前に市区町村役場に電話して
必要な書類を確認しておくと安心です。


忘れ物があるだけで手続きができず、
再度足を運ぶことになるケースもありますので注意が必要です。

またこの窓口の手続きで
国民年金・健康保険・マイナンバーカード・
住基カードなどの変更もできます。


一緒に手続きをしてしまった方が、余計な手間もかかりません。


市外への引越し

引越し先が市外である人が大半だと思います。

この場合、まずは今住んでいる
最寄りの市区町村役場に行き転居届を出したい旨を伝えましょう。


市区町村役場によって異なりますが、
所定の紙に必要枚数などを必要事項を記載します。


3月などの引越しが多い時期は
市区町村役場が混雑し、手続きに時間がかかることもあります。

手続きを早く済ませたいのであれば
朝一の空いている時間に市区町村役場に訪れるようにしましょう。


転居届が終わると
「転入届に必要な書類」をもらえます。



今度はそれをもって引越し先の
市区町村役場に行き手続きを行います。



市外引っ越しの場合は、
2ヶ所の市区町村役場に足を運ぶことになります。

引越し前後のお休みを上手に活用し
早めに手続を済ませるようにしましょう。


変更した住民票は、ここで必要

ここで必要

「住民票の異動は義務」

と、先にお伝えした通り、
引越しに伴い必ず必要な手続きとなります。


何より、この後の様々な手続きで、必ず必要になってきます。


また住民票を変更しないと
以下のような様々なところで不都合が生じます。

必要な手続きの一覧を
まとめたので、参考にしてみてくださいね。


運転免許証の住所変更

管轄の警察署に行き、
免許証と住民票を持って窓口で手続を行います。

市区町村役場では手続きができません。


住所変更は後日でもできますが、
運転免許証の書き換えを行う時や、その案内なども旧住所に届いてしまいます。


また、免許証を本人確認書類にしている人は
住所の変更ができていないと、書類として使えなくなってしまいます。


車検証の住所変更

新しい居住地の陸運局にて
手続きを行いますが、この際に住民票が必要になります。


子どもに関する手続き

子どもの児童手当給付手続きや
学校の転校手続きなどで新しい住民票が必要となります。

転校先の教育委員会にて
所定の手続きを行いますので、住民票を用意しておきましょう。


また、住民票が用意できない場合、
手続きの種類によっては以下の書類が代わりとなるケースもあります。

「新住所記載の健康保険証」
「新住所に届いた本人宛の郵便物・公共料金の領収書」

これらを複数点持っていれば、
本人確認書類とすることができます。




他にも、住民票を移動しておかないと

選挙権が使えない

行政の案内が住所のあるところに届く

印鑑証明などの必要書類も
前住所の役場に取りに行かなくてはいけない

など、とにかく手間がかかります。


あとあと面倒なことにならないよう

住民票は早く移動させておきましょう


マイナンバーは?

引越し挨拶 品物の金額相場

マイナンバーも引越しに伴い住所変更が必要です。


ただし、今住んでいる場所では、
転出届のような手続きは必要ありません。

引越し先の市区町村役場で、
家族全員分の手続きを行う必要があります。



引越し先の市町村役場にて
変更事項としてカードの「追記領域」に新しい住所を書き込んでくれます。

通知カード(紙のもの)は、
裏面にある追記領域に手書きやスタンプにて追記してくれます。


マイナンバーカードの場合は、
表面にある追記領域に情報が追記されます。



マイナンバーの住所変更は

「変更が発生した日から14日以内」

の決まりがありますので、
忘れずに持っていき手続きを行うようにしましょう。


引越しなどで紛失した場合は、
再発行をしなければいけません。

くれぐれも紛失しないように気を付けましょう!


変更手続きは必ず忘れずに!

引越しでバタバタすると
どうしても手続きが後回しになってしまいます。


ですが、
住所届や住民票は変更するのは「義務」です。

変更手続きは、必ず忘れないよう準備しておきましょう。


今住んでいる市区町村役場で手続きすること。

引越し先の市区町村役場で手続きすること。

事前にこれらを一覧にしておくと安心です。



また、住民票などは意外なところで必要になることもありますので、少し多めに用意しておくと安心です。


最後に



引越しに伴う「住民票の変更手続き」
についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。


住民票やマイナンバーの住所変更は、
基本的には、変更が発生した日より14日以内の決まりがあります。


14日だと2週間も時間があるから…

と、後回しにしていると
他の手続きができなくなってしまい慌ててしまうことになります。


特に住民票は、あなたが住んでいることの
証明でもありますので早めに手続を済ませておきましょう。



窓口に行くときは必要書類を忘れないこと!

必要書類がないと手続きできませんので
必ず市区町村役場に確認し、忘れ物がないように気を付けてくださいね。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります