この記事の所要時間: 65

大阪府在住 30代女性h&mさんの引越し体験談

大阪府在住
30代女性h&mさん

この引越しの点数は60点![chat face=”woman2″ name=”h&mさん” align=”left” style=”type1″]時間がなく物件もほぼ選べなかったが、それなりに希望する家に引っ越せたので…[/chat]

h&mさんの体験談 教訓

其ノ一.やはり、何事も計画的にやるべきです。。。

 
 
夫が転職を決め、
その職場で働ける事を前提にその会社が運営する専門スクールに入学しました。

その後、就職試験には合格しましたが、
支店が全国にある為、勤務地がギリギリまで分からず焦る日々。


 
結局入社の10日前に勤務地が決まり、
夫の学校は朝早く晩は遅く、私も働いていたので休みの日まで待っていては物件を決める時間がありません。

とりあえずネットで調べた不動産屋に電話をし、これだけは外せないという絶対の条件を伝え、目ぼしい物件をFAXで送ってもらうことにしました。

ですが、全て的を得ていないものばかり…

伝えた条件も聞いていないようでした。
 
 
 
結局またネットで調べ、
良さそうな物件が多数載っている町の不動産屋を一軒見つけて連絡。

今の状況や物件の条件を伝えた所、
その日の晩までに準備するとのことで、信頼できそうと思いその日の仕事の後に行って、物件を3軒回ってもらいました。

迷っている時間もない為、そのままその内の一軒を契約。

本当の事は分かりませんが、
そこはたまたま前日にキャンセルがでた物件だったそうです。

本当はもう少し狭くても安い物件が良かったですが、そういう希望の方は多いらしく、残っていないとのことで、少し予算オーバーでしたがそこに決めました。

マンション自体は分譲マンションをそれぞれの持ち主が賃貸として貸し出しているマンションだったので、管理もしっかりしていて綺麗でした。
 
 
 
 
その後は、不動産屋と電話でやりとりし、
引越し業者の手配もあるため、出来るだけ早く契約書類の交付や手続きをしてもらいました。

ですが、契約交渉の途中にトラブル発生。
 
困った〜!
 
 
その物件を見たときに、
豪華なシャンデリアのようなが照明器具が付いていました。

自分の好みと合わなかった為、

これは外してもらえるんですよね?

と聞いたところ、もちろん、と答えていましたが、いざ契約となると、家主さんがそれを使ってくれ、との言っているとのこと。

話が違うというと、
あれは契約前の話であって契約するとなるとまた違う、と言われました。

だからといって、今契約を辞める訳にもいかないので諦めようと思っていた矢先、不動産屋側がそれを外して処分するという話になりました。
 
 
 
には不動産屋と家主さんとがどういう話になっての事かよく分かりませんでしたが、外してくれるのなら助かるので、お願いする事にしました。

とりあえずそのまま契約は無事進みました。

ですが、町の不動産屋ということもあり、仲介手数料が高くかなり取られました。

物件を決めるのに必死だった為、あまりそこを考えていませんでしたが、おそらくチェーン展開している不動産屋の方が仲介手数料は安かっただろうと思います。
 
 
 
 
そして次は、
引越し業者と引越し日程を決めなければいけません。

ですが、新しい就職先の会社のやり方は、会社指定の引越し業者2社に見積もりに来てもらい、それぞれの業者が会社に見積書を提出して、会社がどちらで頼むかを決定した上で自分たちに連絡が来る、というものでした。

なので、見積もりに来てもらっても
日程を決めることが出来ず、仕事の予定も立てれません。

結局ギリギリでなんとか枠がありましたが、朝の7時からの引越しでした。
 
引越しトラック
 
 
同じ府内の引越しだったので、
引越し車に一緒に乗っていく訳ではなかった為、引越し先に事前に行っておく必要があり早朝からバタバタでした。

引越し業者はあまり連携プレーが出来ていなくて、いまいち頼りない感じでした。

運んでもらう際にも、こちらに何の許可もなく、引き出しを勝手に開けるようなこともありました。引き出しは開かないようにガムテープで止めていたのですが…。

まさか中を開けられるとは思っていなかったので、プライバシーの件なども含めて正直驚きました。
 
 
 
 
引越し作業の途中、シャンデリアの付いていた場所に、前の部屋で使っていて持ってきたシーリングライトを取り付けてもらおうとお願いしたところ、取り付けるための土台がないと言われ、見ると天井に穴が開いていました。

外したのは不動産屋だと分かっていたので問い合わせたところ、

おたくが外せって言ったから外しただけだ!

古い電気だから固まって外れなかったからもぎ取った!

と言われる始末。

そういう状態になってでも外すかどうかなどの確認もなかった事など、こちらの言い分を伝えましたが、結局口論になり暴言を吐かれました。

そこは自分でお金を負担して修理なりなんなりして下さい、との事。
その時は本当に腹が立ってくやしくて、泣いてしまいました。
 
 
 
 
その後、マンションの管理会社に
事情と料金の見積もりを問い合わせ、修理に来てもらいました。

簡単な作業だし料金もいいですよ

と言ってくれて、
無料になった事よりその気持ちがとても嬉しく心が救われました。

不動産屋は契約してお金さえもらったら、急変するところもよくあるそうです。
 
 
 
 
引越し作業自体は早い時間から始めたので9時半頃には全て終わり、午後に片付けなどが出来たので、結果的には早くて良かったと思います。

引越し当日は、上下と横の部屋の方には
ちょっとした挨拶とタオルのセットをお渡ししました。

その後、今もトラブルなく過ごしています。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/80
https://hikkoshi-chie.com/archives/43