この記事の所要時間: 1952

最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意



とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べてみると多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら、見積りが遅くなるほど損をする可能性が大きくなってしまいます。

最も安い引っ越し業者を見つける方法と
引っ越し費用を安く抑える6つの極意をお教えします。


安いっ越し業者を見つける方法

安いっ越し業者はどこ?

「安い引っ越し業者を見つける方法」

それは、一括見積もりによる相見積もりです。



東京、埼玉、神奈川、大阪、福岡、北海道

当サイトでは全国各地から200件を超える引っ越し体験談が寄せられています。

初めの見積もりから半額!
相場価格よりも断然安い!



といった好条件を業者から引き出し、
他の人より、3万も4万も安く引っ越しをした人たちは、必ず相見積もりです。

あなたの引っ越し条件で、最も安い引っ越し業者を見つける方法、
それは、一括見積もりによる相見積もりだけです。


しかし、「一括見積もりによる相見積もり」には、当然デメリットもあります。

・営業電話、メールが嵐のようにくる
・幾つもの業者とやりとり

どれくらい電話が来ると迷惑なのか?

この感覚には個人差ありますが、「ありうること」と事前に覚悟はしておくべきです。


また、業者さんの窓口は営業マンになりますが、営業マンもまた人間です。

営業マンの対応によっては、不愉快な思いをすることだってあります。



これらもふまえた上で、

「最も安い引っ越し業者」
にたどり着くには

「一括見積もりによる相見積もり」は、避けては通れない道となります。


嫌なことを先に言いましたが、それでも相見積もりをすることで

10万の見積もりが5万に
相場では7万が5万に

といったことが現実に可能なのです。



「とにかく引っ越し費用を安くしたい!」

というならば、これ以外の方法はありません。

どんなに別の方法をネットで探しても、
言い方を変えて言っているだけで、結局は競争による「相見積もり」です。

多少のデメリットがあろうとも
価格を安く抑えたい方は「一括見積もり」をしてください。


ただ、どうしてもそのデメリットが嫌だ!という方もいらっしゃいます。

「最も安く」ではなく「できるだけ」

というのであれば、業者とのやりとりをお任せできるサービスもあります。


時間がないので楽に相見積もりをしたい。
という方は利用してみても良いと思います。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】





口コミだけで業者を選ぶな!

口コミだけで業者を選ぶな!

どこの業者に頼もうか?

という選定段階では、業者の口コミや評判が気になるのは仕方ないことです。


口コミだけで業者を選ぶな!

と言いながらも、

当サイトでは皆さんの引っ越し体験談
業者さんの口コミや評価を発信しています。


当サイトに寄せられた200件以上の口コミ・体験談を集計してみると、

「引っ越しのサカイ」を利用した人が
圧倒的に多く、ほとんど方が80点以上の評価をしています。



また、他の比較サイト等でもサカイさんの
口コミ評価は高いものが多くなっています。


しかし、2度とサカイは使わんっ!!

サカイで引っ越しは2度とやらんぞ!

とまでに、不愉快な思いをした人がいるのも事実です。



そして、これはサカイだけではなく、
他の引っ越し業者でも同じことが言えます。



つまり、どういうことかと言うと…

各引っ越し業者ではマニュアルがあったり、
社員教育があり、引っ越し業者ごとの対応品質はあります。

ですが、あくまではそれは、ベース(基本)です。
それを比較すれば優劣や評価はあります。

しかし、そこはさほど問題ではありません。


結局は、「担当した人がどんな人だったか?」

が重要で、

「感じの良さ」「臨機応変の対応」は、
担当となった人次第で大きく変わるのです。

相手の気持ちを汲み取る共感性の強い人
数字、成績にこだわり契約を取りたい人
早く転職したいわ…と思ってる人
この仕事にやりがいを感じている人



担当になった人がどんな人か、
それによって対応も異なり感じる印象も変わってきます。

ネット上にある口コミ、体験談をみて

「A社は口コミの評価もいい!」

と、A社を判断するのは間違いです。

その口コミは、会社への評価ではなく、担当となった人への評価です。


「どこの会社か」より「どんな担当者か」

これが重要だと思います。



当サイトも含め、ネット上の口コミだけで
業者を絞るのはオススメできません。

価格も含めた各条件は?
やりとりをした印象は?
対応の仕方は親切、丁寧か?
あなたとのフィーリングは?

その業者の担当者と実際にやりとりし、
その上で判断をして絞り込むべきです。



業者とやりとりをするのは時間も使うし、面倒だと感じてしまうかもしれません。

しかし、

「価格を安くしたい」「良い業者にお願いしたい」

ならば、

「どこの営業所のどの人」
わからない口コミで判断はしないでください。

納得できる価格で良い引っ越しをしたいなら
ぜひ自分自身で業者を判断してください。



○○するだけで半額にできる!

相見積もり

○○とは、そうです、「相見積もり」です。

複数の会社で見積もりをするだけで、半額にできることも多いにあり得ます。


「S社が一番安かった!」

と、ネットで多くの口コミがあったから、S社が一番安い!わけではありません。


eigyou1

S社はいくらで出してきましたか?

うちはそれよりも1,000円
いや2,000円

いや、もっと安くします!


これを引き出せるのが相見積もりです。



会社、営業所、または担当者によってもちろん「限界の金額」はあります。

この「限界の金額」を引き出すための方法が、相見積もりとなります。


1社だけに見積もりをお願いして、
競争相手もなく、限界の金額を提示するでしょうか?

提示された金額が想定よリも安く、十分に納得できる金額だった。
と言うのであれば、そこで決めてしまってもOKです。


しかし、

出来るだけ安くしたいのであれば、

他社との競争を前提にした一括見積もりを
利用して相見積もりしかありません。



交渉ではなく確認をする

引っ越し業者の見積もり

価格交渉をする。その相手は営業マン。

これだけで、ハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれません。
ですが、そんなことは決してありません。


「あなたの希望すること」を聞いて、

イエス?orノー?

これを各社で繰り返し、候補業者すべての回答(条件)を集めます

「交渉」と言うより「確認」です。


メモ用紙に手書きでいいので簡単な一覧表を作り書き込みましょう。

例えば「あなたの希望すること」とは、

希望の日程、時間
ダンボールは貰えるか
家電の設置はして貰えるか
処分はして貰えるか


といったものです。


あなたが希望することを

出来るのか、出来ないのか?
有料なのか、無料なのか?

これらを事務的に、淡々と確認していきます。
そして、最後に金額を確認します。


肩肘を張って「ナメられないように」とか、
「競争心を煽るような言い方」などは全く必要ありません。

他社より高い金額を提示されたら

C-futu

○社は△円でしたが、それよりも安くなりませんか?

と、そのまま言えばいいだけです。



言われた営業マンは

eigyou1

平日の時間指定なしならば…

eigyou3

上司に確認させてください

eigyou4

うちではとても無理です

などと返してきますので、それをふまえて検討すればいいだけです。


また、営業マンの決め台詞

eigyou5

今、この場ですぐに決めてくれたら!

が、出てもその場で決める必要はありません。

そもそも、その金額が「業者の限界金額」ということはほとんどありませんので。



「相見積もり」をするならば、
手を挙げてきた全ての業者と話をした方が、
最終的には良い条件を引き出すことにつながります。

また、比較項目の一つに営業マンの
「感じの良さ」「自分とのフィーリング」も、
入れておくことをオススメします


「良い引っ越しだった」と感じる引っ越しでは、営業マンの対応は大きな要素の一つです。



ただし、
営業マンの印象、フィーリングは大事ですが

良い営業マン→良い現場スタッフ
悪い営業マン→悪い現場スタッフ

と言うわけでは決してありません。
営業マンと現場スタッフは全くの別物です。


営業マンとのフィーリングは大切にしつつ、
営業マンはあくまで窓口役

と考えて最終決定の検討をするようにしましょう。



やるほど安くなる!6つの極意

やるほど安くなる!5つのこと

引っ越し費用をできるだけ安くするために
自分自身でできる「6つの極意」があります。


引っ越し費用の金額とは、

・運ぶ荷物の量
・スタッフの数
・作業時間


これらの項目の大小が大きく関わって来ています。


つまり、

  • 荷物量が多ければ、運ぶトラックが大きくなる
  • スタッフの数が多ければ、人件費が増える
  • 作業時間が長ければ、人件費が増える

それらは見積額に上乗せされていきます。


極端に言えば、軽トラック1台で運べる荷物であれば当然安くなるわけです。

といったように、あなたの条件次第で
業者から出てくる見積額は変わってきます。


最も安い業者を見つけるには
一括見積もりを利用した、競争をさせながらの相見積もりです。



そして、これから紹介する6つのこと
調整できれば、さらに引っ越し費用を抑えることが可能です。


全てを調整できれば最も安くできますが、「全てを調整」とはなかなかいきません。

ですが、

どれか一つを調整するだけで
引っ越し費用は大きく変わってきます。

可能な項目は、できる限り調整してみてください。

1●荷物量を減らす

まずは荷物量を減らします。
不用品の処分の仕方は、「捨てる」だけではありません。

買取を利用すれば、物によってはですが
うまくいけば引っ越し費用の足しになります。

不用品回収を利用すれば、自分が運ぶ事なく一気にゴミを処分できます。

詳しくは下の関連記事にて解説しているので
ぜひ参考にして、不要なものをうまく処分をしてみてください。



ここで気をつけなければいけないのが、
捨てる、売る、回収してもらう

いずれにしても時間と手間はかかります。


引っ越し日の直前になってからでは、
思うようにできない事があるので早めから動くよう心がけてください。

当たり前のことですが、

大きいものがなくなれば、
それだけ引っ越し費用も安くできます。



2●自分で運ぶ

運搬できるものをできる限り自分で運搬し、
引っ越し業者に運搬をお願いする荷物量を減らします。

例えば、
冷蔵庫やソファーなどの大物だけを
引っ越し業者にお願いし、細かい物は自分で運搬。

といったように、
引っ越し業者が運搬する荷物量を減らす事で、
引っ越し費用を安く抑える事ができます。


ただし、疲れます!

業者を使わない自力引っ越し
最も安く引っ越しができる方法ですが、

E-gakkari-yasuku

安くできた事には満足!

…でも、次に引っ越す時は引っ越し業者にお願いします。

という声も多数…


引っ越し業者ではなく自分でやるので
疲れるのは当たり前ですが、
思ったよりも疲れる…というのが本音のようです。

自分の体力と使える時間をふまえて
どこまでやるかを考えるようにしてください。


3●時期を調整する

引っ越し業界の繁忙期は価格が下がりません。
繁忙期とは、春の3〜4月です。

春の引っ越しをする人が多い時期は
引っ越し業者も忙しく、価格を下げなくても仕事が取れるという事です。


同じ引っ越し条件でも、
繁忙期と閑散期では、費用が倍近く変わる事もあります。



しかし、ほとんどの場合、引っ越しの時期は決まっているものです。

時期をずらす事は、現実には難しい事ですが
ずらせる場合には大きく費用を抑える事が可能になります。

また、春の3〜4月以外にも
8月や年末も比較的込み合う時期とされています


ただし、
春の3〜4月は業界全体の繁忙期ですが
それ以外は業者によって異なる事があります。


傾向としては、やはり大手の業者は
先に申し込みが入り、埋まっていきます。

地域密着の業者、地元業者は空きがあり
価格を安くできることがあるので
やはり多くの業者に見積依頼をするのがおすすめでです。


4●日にちを調整する

土日祝の休日は予約が混み合います。
平日にすることで料金を安くすることが可能です。

平日引っ越しに時間を調整できるのであれば
断然、平日での引っ越しがオススメです。



現場スタッフにも時間的な余裕があり、

otoko-1

本当は別料金ですが…特別に!

そんなプラスアルファや丁寧さも期待できます。



5●時間を調整する

朝イチから積込みを始め、昼に搬入完了。
午後から必要な物の荷ほどきを始める。

これが一般的な引っ越しプランで、多くの人は午前の引っ越しを希望します。


この引っ越しの時間を
「引っ越し業者の空きがある時間」
することで料金を安くすることが可能です。

時間の調整が可能なら「時間指定なし」で
業者にお任せすると価格交渉がやりやすくなります。



6●混載便を利用する

混載便とは、他の人の荷物と一緒に運搬することです。


混載便のメリットは、価格を安く抑えることができること。

デメリットは、積み込み・搬入の日時に融通がきかなくなることです。



混載便となるケースの多くは価格交渉時に、
「できるだけ安く」ではなく

C-futu

引っ越しの予算が○○円なので、
○○円以内で引っ越しをしたい!


決まった引っ越し予算で
調整をお願いした場合に提案されるケースが多いようです。

急ぎの引っ越しではない場合には、
混載便の交渉をしてみても良いと思います。



どうしようか…は、損をする

悩む…のは見積もりをとった後!

相見積もりをすると言うことは、
時間を使い、複数の業者が家に来て話をするので
簡単、楽々とはとても言えません。


しかし、安くしたいのであればそれはやらなくてはいけません。

A-gakkari

安くしたいけど、それはやりたくない…

どうしよう…

と悩み、後回しにしても何も進展しません。


むしろ、引っ越しの希望日時がある場合、
引っ越し日までの残り時間が少なくなるほど
価格は安くなりにくくなります。


また引っ越し繁忙期と言われる
3〜4月や年末の引っ越し希望であるば、
引っ越し業者が手いっぱいで断られるケースもあります。

後回ししても良いことが一つもないのです。


できるだけ安くしたいなら相見積もり。
引っ越しが決まっているならすぐに相見積もり。

見積もりどうしよう…

と迷っている間に、安くできるはずの価格がどんどん上がってしまいます。


どうしよう…と迷うのは各業者から見積もりを取った後。

どこの業者にするか?で迷うようにしてください。



安く引っ越しをした人たちとは?

同じ荷物量、同じ距離
同じような引っ越し

なのに、

A-manzoku

引っ越し料金は80,000円でした!


B-manzoku-yasuku

引っ越し料金は40,000円でした!

安い業者を見つけ、安く引っ越しした人は

  • 複数の業者で相見積もりをしたり、
  • 引っ越し日時を調整したり、
  • 運べるものは自分で運んだり、

と、安くするための行動をしています。


複数の業者から相見積もりをすると、
各社が初めに提示してくる金額に

同じ引っ越しなのに、何でここまで違うの?
と驚くはずです。


引っ越しする側にとって
できるだけ安くしたいと思うのは当たり前のこと。

引っ越し先の家賃や契約費
日用品の買い替え
家電の買い替え
引っ越し挨拶の品物

など、引っ越しには様々なコストがかかります。


そして、引っ越し業者にとっても、
他社との競争見積もりは当たり前のことです。

「限界の金額」で、損のない引っ越しをしてください。

最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍





最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら