この記事の所要時間: 91

引越しでやること【掃除編】

引越しの際には
業者の選定や手続きなどやることがたくさんあります。

引越しというと荷造り

のイメージが強いのですが、
実は同じくらい大変になってくるのが掃除です。


退去する家の掃除はもちろん、
見落としがちなのが入居する家の掃除です。


新しく入る家だから
掃除してくれていて「綺麗」と思ってしまいます。



もちろん掃除はしてあります!

ですが、


誰が???

どのように???

どれくらい掃除してくれたの?


誰も教えてくれません…


住み始めたら思っていたよりも汚れが…
と思っても、荷物を入れたあとでは掃除が大変です!

ぜひ、入居前に
「新居の掃除日」を予定してください!



そして、入居前掃除をおすすめするのは、
「汚れているかもしれないから綺麗にする」
ということだけではありません。



他にも大事な2つの理由があります。


入居前の掃除は、引越し後に
気持ちよく過ごすためには欠かせないステップになります。

入居前に掃除をする理由と、
お掃除するコツについて詳しく解説していきます!

引越し業者の選び方

入居前掃除 2つの理由

引越しの大掃除!

冒頭でちょっと触れましたが、
入居前の掃除は「汚れているかもしれないから」が大きな理由ではありません

入居前掃除をおすすめする2つの理由、
それは…

家具を綺麗な状態で搬入するため

トラブルを防ぐため


この2つです。
普通でスイマセン (_ _)



まずは、
家具を綺麗な状態で搬入するためです。

「引越し先は綺麗になっている」
と思っている方がほとんどだと思います。

確かにクリーニングが入ることもあります。
ですが、そのクリーニングが完璧であるとは限りません。


また、クリーニングから時間が経っていれば、
たとえ新しい部屋でも汚れは溜まっています。

綺麗な状態にして誰も出入りせず、
密閉にしていたとしても、部屋というのは汚れるのです。

当然、その部屋に家具を搬入すれば、
汚れた上に家具を置くことになり、家具も汚れてしまいます。


その新居は、
これから生活をしていく「家族が帰る家」です。

面倒だな…と思うかもしれませんが、
毎日を気持ちよく過ごすためにも、入居前掃除のひと手間をぜひかけてください。



次に、
トラブルを防ぐという理由についてです。

「入居前からトラブル?」
と思う方も多いでしょうが、
これが意外と大切なポイントになってきます。


例えば、実は入居前からトイレに異常があった。
しかし、入居後に言ったものの、

「使い方が悪かったんじゃないの?自費でやって」

となってしまうこともあります。


決してよくあること、ではありませんが、
万が一があった場合、トラブルとなってしまいます。

また、金銭的、契約先との関係にも、
とても大きな負担となってしまう可能性が大いにありえます。

だからこそ、入居前に掃除をしながら、
状態をしっかりとチェックすることが重要なのです。


入居前に掃除をしつつ状態を確認し、
異常のあるところは写真などにおさめておく。

こうすることで、
退居する際のトラブルをも防ぐことができます。


入居前の掃除というと
「引越し当日でもよくない?」という方もいるかもしれません。

しかし、引越し当日は、
必ず想像以上にバタバタします!

そして、引越し後しばらくも
バタバタしてしまい掃除をする余裕がなくなってしまいます。


やることの多い引越しでは、
前倒しでやっておいたほうが安心なのです。


掃除のポイント

掃除のポイント

では、入居前の掃除におけるポイントです。

引越し前というのはやることも多く、
ちょっとした掃除でも面倒に思えるかもしれません。

しかし、いくつかのポイントを
しっかりおさえていけば、掃除もスムーズに進めていくことができます。


お掃除のやり方は、、、


掃除の手順

1.換気をする
2.天井や壁の掃除
3.水回りの掃除
4.床の掃除




続いて、
それぞれ掃除のポイントもしっかり抑えておきましょう


まず、やることは換気です。
すべての窓やドアを開けて、空気を入れ換えましょう。

基本的に掃除をする間は、
開けっ放しにしておいた方が良いでしょう。

長期間、人の出入りがないまま
放置されていたところであればあるほど、においもこもっています。

完全ににおいが取れなくても、
換気を行うだけでもだいぶ違ってきます。



窓やドアを全開にしたら、次は
高いところから順に掃除を始めます。


掃除は上から!と言われているように、
先に天井や壁などを掃除していきましょう。

はたきをかけたり、かたくしぼった雑巾で拭いたりしていきます。


そして、
照明器具はついていますか?

照明器具がなくて、当日慌てて買いに走った!
と言う体験談もあります。



もし、備え付け照明器具のところであれば、
照明器具にもはたきをかけて、かたくしぼった雑巾で拭いていきましょう。



次に、水回りの掃除です。

キッチンやトイレ、お風呂場、洗面所。
水回りは水垢やカビがついていたり、排水口が詰まっていたりすることもあります。


水回りの掃除は、泡タイプの洗剤や
メラミンスポンジなどが活躍してくれます。

水回りで使う洗剤には刺激が強いものもあります。
換気はもちろん、マスクやメガネなどの完全防備で掃除をおこなっていきましょう。



そして最後は、
床を綺麗にしていきます。


掃除機よりもホウキを使ったほうが、
細かいゴミまで綺麗に取り去ることができます。

ホウキにもいろいろな種類がありますが、
長く使えてツヤ出し効果も期待できるシュロのホウキがおすすめです。

ホウキで掃いた後には、
かたくしぼった雑巾で綺麗に拭いていきます。


床掃除が最後の仕上げになりますが、
余裕があれば害虫対策もおこなっていたほうがいいでしょう。

繁華街に近いところや
飲食店が近くにあるところなどは、やはり虫が出やすくなります。

1階や2階といった
低い階層の部屋も虫があがってきやすくなります。



防虫剤を部屋の隅に置いておく、
または、室内に煙を充満させるものでもOKです。

ただ、その際には
火災報知機やガス報知器に注意をし、
ご近所さんにもその旨を伝えて必要があります。


注意点

入居前に掃除するにあたって、

「クリーニングが入っているから適当でいいや」

と思っている方もいるかもしれません。


確かに退居後は、
業者によるクリーニングが入るのが一般的です。


ただ、必ずとは限りませんし、
そのクリーニングが十分であるとも限りません。

実際に、クリーニングが入った部屋でも
信じられないくらいにボロボロの状態であることもあるのです。


極端な話ですが、

「業者にクリーニングしてもらってます」

と言いつつも、

大家さんが入って掃除しただけということや、
部分的にだけ業者のクリーニングが入っているということもあります。


「部屋のクリーニング」は過信しすぎず、
クリーニングがしっかりとされていればラッキー!

くらいの気持ちでいたほうがいいでしょう。

いずれにしても、最初から
入居前の掃除は自分でするものと考えておきたいものです。


入居前掃除の理由でも触れましたが、
全体を自分の目で見て掃除することによって
入居前の状態をチェックできるという部分もあるのです。



 

最後に



やることの本当に多い引越し。

ですが、入居前の掃除というのは
思っている以上に重要なポイントとなってきます。


家具を綺麗な状態で搬入するため
余計なトラブルを防ぐため

引っ越しのやる事リストに
ぜひ「入居前掃除」を加えて、スムーズな引っ越しにしてください。


ただ、準備で何かとバタバタしてしまい、
「掃除の時間」を取ることが難しくなることもあるかと思います。

しかし、ポイントさえをおさえておけば
そう時間がかかることはありません。

気持ちよく引越しするためにも、ぜひ入居前の掃除をやってください!



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります