この記事の所要時間: 628

みんなの引越し体験談



奈良県40代女性 STANYさん
この引越しの点数は10点!

E-gakkari

自分の意見をはっきり主張できなかった私の弱さが…

この引っ越しからの教訓
地域の風習は大事。でも、主張するところはきちんと主張する!



私が29歳の時、
結婚にともなう引っ越しをしました。

中古で3LDKのマンションを購入。
意気揚々と準備にあたりました。




距離は奈良県の南から北の方へ、
約一時間ちょっとのお引っ越しです。


ただ、私には大きな不安がありました。

それは、
私の実家の田舎の風習です。



そして、
さっそく一つ目に大きな問題に直面しました。

私の実家は奈良県の結構な田舎の方。

嫁入りの荷物といえば、トラックに何台も
嫁入り道具をつみ、紅白のリボンをつけて新居まで列を作っていくのです。



車にまで紅白のリボンが飾られます。

さらに、普通の引越しは
屋根のあるトラックで荷物を運びます。


が、

荷物は皆さんに見てもらうため、
荷台にむき出し状態です。

雨の日ならそこにビニールをかぶせるそうです。



幸い雨ではありませんでしたが、
排気ガスの中一時間以上運ばれ…

せっかくの新品が汚れるのでは、
と心配でなりませんでした。



しかも、結婚相手のお家は
大阪の都会の人で、そんなことは想定外のこと。


さらに荷物を運ぶ業者も、

こ、この時代に?!

「今時こんな運びかたするの?」

とあきらかに戸惑っています。。。



また、電化製品購入した荷物も、
紅白のリボンで飾られ、同日同時間に
新居のマンションに届けるように指示され、そちらも戸惑い気味です。



さらに、
マンションだから大きな家具はいらない!

というのに、田舎の母親の頼みで、
桐たんすのセットを購入させられ…


狭いマンションが埋まってしまうのでは、
と、不安で仕方ない引っ越しとなりました。



引っ越し業者は、
タンスを購入した家具屋さんが手配したので私に選ぶ権利はなし。



そして、さらに最大の問題!

新居に住むお嫁さん(私)は、
物搬入の当日は現地に行けない決まりがあるとのこと!



旦那さんは現地にいるのですが、
台所のことなど女性がいないとわからないことだらけ。


現地にいかないとわかならいので
事前の指示も限界があります。

さすがに泣いて行かせてほしいとお願いしました。



紅白リボンの車の助手席に乗り
なんとか現地に乗り込むことができました。

マンションに到着したときの、
マンションの住民の驚いた顔は今でも忘れられません。




到着するなり、管理人さんに
心づけが渡され荷物搬入開始です。

しかし、
ここであってはならない大失敗が。



大きな家具のサイズは
ちゃんと図っていたので、玄関の幅は無事にクリア。

しかし、あまりにも大きな家具すぎて、

ま、曲がれない!!!

廊下から部屋に家具をいれるのに、曲がれないのです…


た、確かに、
そんなことまでは考えもしていませんでした。




引越し業者さんも、そんな大きな桐たんすを、
こんな小規模なマンションに入れるとは予想外…

急遽の作戦会議が始まりました。


仕方なく、一部は窓の柵と窓を外して搬入、
ベランダ側からの搬入も必要になり、
ベランダの近くのマンションの住民の方の車を移動してもらう羽目になりました。



管理人さんと一緒にぺこぺこと頭を下げ、
みなさんにお願いに回りました。

新婚とあって皆さん快く移動してくれましたが、
今でもこのマンションの笑い話となっています。


もちろん、車移動してもらった方へ
心づけが景気よく渡されました。



何とかすべての荷物を運び入れ完了。

新婚2人には十分な広さの3LDKは、すっかり狭くなりました。


さらに引っ越し業者さん、
電化製品を運んできた作業員に、

なんとこの狭い空間で、
お祝いのお茶菓子をふるまうというのです!



皆さんの戸惑いの中、お茶菓子を食し、
心づけにお土産まで渡されかえって行きました。



それでも、荷ほどきはまだです。


次の日からは荷ほどきと
近所の方をご招待しての荷物お披露目会。

そして、70戸あるマンション住民に
一軒一軒ご挨拶と粗品渡し。


珍しい引っ越しを
楽しんでくれた人は多かったのですが…




荷物お披露目会に呼ばれた方々は、

手ぶらでいいのか?
もらっていいのか?

とすごく悩んだそうです。



荷ほどきは家族総出でやりましたが、
やはり荷物が多すぎて、かなり苦戦しました。

業者に設置してもらった家具を、
あっちへこっちへ家族で移動しまくり…


そして最終的には、
「これとこれ実家へ返品」という事態へ。

なんだかしょっぱなから
とても縁起の悪い引っ越しとなりました。



この引っ越しに点をつけると……正直10点。
がっかり…


その理由は、親の気持ちを考えるあまり、
自分の意見やマンションの実情を、
はっきり主張できなかった私の優柔不断です。


何回も遠回しには主張したのですが…

結局説得できないまま、
大は小を兼ねる、という親の主張を受け入れてしまったことが一番の失敗です。



後からマンションの方とのお話で、
マンションは最初少ないくらいの荷物にすることが大切だと聞きました。

子供が生まれたりすると
必ず荷物はどんどん増えるもの、と。


案の定、次々に荷物が増え、
そのたびに、大きな家具を実家へ返品…

いまでは初めに搬入した
荷物の半分は実家へ運ばれています。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります