この記事の所要時間: 629

引っ越し体験談



岐阜県20代女性 MMさん
この引越しの点数は60点!

A-futu

理由は、持ち物が多いのに引っ越し準備をしていなかったからです。他人に頼りまくった引っ越しでした。

この引っ越しからの教訓
普段から断捨離を心がけること。それと、引越しの挨拶って大事!でも、女性は…



会社の転勤で、県をまたぐ引っ越しでした。
距離は35㎞くらいです。


入社してから入っていた寮から、
会社が用意してくれたアパートへの単身での引っ越しでした。

転勤を言い渡されたのは、
引っ越しする1ヶ月前くらいでした。




県外に引っ越すことに不安はなかったです。


入社してから県外に行く可能性は
独身だからあると予想していたからです。

引っ越しのために休みはとれず、
週1回の休みの日に引っ越しは行われました。



引越し業者はサカイ引越センターです。


当日までに荷物をまとめておく感じでした。
業者さんの手続きと費用は、全て会社がもってくれました。

引っ越し業者さんが1回訪ねに来て、
荷物の寮を確認した時に対応しただけでした。



引っ越し業者さんを頼んだのは、
この時だけなので他にどんな手続きが必要かはわからないままです。

また、費用もわからないままでした。


荷造りは、週1回の休みだけだったので
遅々として進みませんでした。

用意された段ボールに
荷物を入れていくだけだったのに…です。



大変だった荷造り!

本をたくさん持っていたので
持っていく荷物が多く、しかも重い物でした。

今思えば、

普段から要らない物は捨てる
断捨離をしておくべきでした。




服を入れているプラスチックのたんすと
本棚が私の持っている大きな家具でした。

ベッドは持っていなかったです。

なのに、本棚が部屋を圧迫している状態でした。



当日は業者さんと彼氏が
手伝ってくれて荷物を運び出しました。



彼氏に、なんで荷造りできていないの?

と言われながらの引っ越しでした。


私1人では、要領が悪かったので
彼氏が手伝ってくれて本当に良かったです。



業者さんは慣れていて、
あっという間に荷物を運んで行きました。

家電は会社の備え付けなので、
私の荷物だけで10分くらいでトラックに積んでいました。

トラックは小型のものでした。



寮は四畳半くらいの部屋でしたが、
アパートは8畳くらいと広い部屋でした。


その寮より広い部屋が
本棚と段ボールでうまってしまい…



翌日から仕事なのに寝る場所があるのか、と疑問でした。

翌日の出社に必要な物を出し、
布団をひけるだけの場所を確保してその日は終わりました。



必要な物以外なかなか荷物をあけないので、
彼氏が休日に訪ねに来て荷物をあけてくれました。

主に本棚の組み立てと
その本棚に本を並べる作業をしてくれました。



彼氏がやってくれなかったら
次の引っ越しまであかない段ボールがあったと思います。

空いた段ボールを捨てるのも彼氏がやってくれました。


大家さんに挨拶は?不在だったら?

この時の引っ越しは、
彼氏に頼りっぱなしの引っ越しでした。

働いていたとは言え、自分でもう少しやるべきでした。



アパートの大家さんは同じ2階に住んでいました。
最初、そのことを知らずにいました。

引っ越してから1ヶ月くらいたち、
仕事から帰ってきたときに廊下で会いました。

大家さんは男性でしたが、
大家さんと知らなかったので声をかけられた時は怖かったです。



大家さんは、

住んでいた人物がいつのまにか変わっては困る

と。


会社から大家さんに住居人が変わることを
伝えていなかったらしいのです。



部屋は会社が借りていました。

私の前の住人である会社の先輩は
私と同じ日の午前に部屋をあけ、午後に私が入居。


大家さんは引っ越したことに気づいていなかったみたいです。

私は私で、引っ越しの挨拶を
一切やっていなかったので悪かったと思います。



会社の連絡ミスだったのですが、
私も挨拶すべきだったと思いました。

しかし、女性の1人暮らしで
怖いのもあって、なかなか挨拶できませんでした。



女性の1人暮らしの場合、
引っ越し挨拶は難しいように思います。



以前の寮に引っ越した時、
運転免許証の書き換えをしました。

しかし、この引っ越しの時は
悪いことですが免許の書き換えはしませんでした。



住所変更は、休みの日に
市役所へ行っておこないました。

会社の寮に入って半年での引っ越しだったので、変更の手続きが面倒でした。



見積もり時に業者さんは部屋を見る!

その後、引っ越しした時には
ちゃんと免許証も書き換えをしました。

警察を見かけるたびに、ドキドキしなくてすみました。


この引っ越しの後からは定期的に
持ち物を見直し、断捨離する癖がついてきました。

引っ越しは大変で面倒くさいですが、
自分の持ち物を見直すいい機会かと思います。



私は服をよく買うので
気づくと荷物がどんどん増えていきます。



そのため、衣替えのタイミングで飽きた服、
着ていない服なんかは思い切って捨てています。

多かった本もお気に入りの本以外は
電子書籍にするなど、持っている本は売るようにしています。



引っ越し業者にお願いすると、
やはり自力で引っ越しするよりも断然楽です。



しかし、お金がかかるので
私は自力での引っ越しがいいです。

今後もきっと、自力での引っ越しでしょう。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります