この記事の所要時間: 546

 
福岡県在住
30代女性 かもめさん

この引越しの点数は、
自分の準備に50点、業者さんは100点満点です。
[chat face=”woman3″ name=”かもめさん” align=”left” style=”type1″]自分の下調べが甘かったな・・・と思います。[/chat]

かもめさんの体験談 教訓

其ノ一. 引越し業者はよく調べる!
其ノ二. 荷物の搬入順も考えておく!

 
 
大学生時代に一度引っ越しをしました。

大学には2カ所キャンパスがあり、私が通っていた学科は1~2年生はAキャンパス、3~4年生はBキャンパスでの講義です。そのため進級に伴い引っ越しをする人が一定数いました。

私もその流れで引っ越ししました。


 
 
私は寮からアパートへの引っ越しでした。

寮では食事が用意され、洗濯機や大型冷蔵庫も共有でありましたので、個人で持っている家電はテレビとパソコンと電気ケトルくらいでした。

その他の荷物はローテーブルとカラーボックスと書籍類と衣装ケース、そして衣類で全部です。全部でダンボール箱で6箱くらいだったと思います。

宅配便での移動も考えましたが、ローテーブルや衣装ケースが取り扱いサイズ外でしたので、引っ越し業者に頼むことにしました。
 
 
 
 
引っ越し業者はまずインターネットで探しました。

大手の引っ越し業者数社にまとめて見積もりをしてもらえるサイトがあり、そこで荷物の個数や移動距離を入力して比較しました。事前に荷物の総量に目安をつけていたので比較サイトは便利でした。

しかし、私の荷物量に比べて割高感がありました。
 
 
調べるとどこも単身引っ越しパックのようなものでの案内で、コンテナを一台まるっと使うものでした。冷蔵庫や洗濯機などがあれば便利なパックだと思うのですが、私のように荷物が少ないとコンテナに空きスペースが多く出てもったいない感じです。

割高に感じたのは、コンテナ一台を埋めるほどの荷物が絶対にないからでした。
 
 
 
引っ越し業者を探して

次に、寮の先輩や友人に、どこかいい引っ越し業者を知らないか尋ねました。
すると一社、小さめの引っ越し業者を教えて貰えました。

ネットで引っ越し業者を検索した時に
名前を見たような気がする程度の名前でした。

どうやらAキャンパス付近からBキャンパス付近へ引っ越す学生さんの対応をたくさん受けている業者さんらしく、同じ学部の先輩達の間では必ず名前の上がる業者さんでした。

その業者さんに電話で見積もりの予約をして実際の物量を見てもらうと、大手の引っ越し業者のほぼ半額でできるとのことでしたので、即決しました。
 
 
その方の話によれば私の荷物は女の子にしてはとても少なく、男性の単身引っ越しよりも少ないとのことでした。

安くできるのは、私の荷物の搬出後に同じトラックで別の荷物を運んでから搬入に入るからとのことで、やっぱりいろんな荷物を一緒に運ぶ方が安くなるんだなぁと実感しました。
 
 
 
また、組立前のダンボール箱を十数枚とガムテープも頂きました。
書籍類をダンボール箱に詰める際は、重たいので箱の半分程度までにして欲しいという注文もありました。

今考えると、もしかしたら大手の引っ越し業者さんも直接見積もりに来てもらえばもっと安いプランを案内してくれたかもしれないと思います。

ただ、当時はそこには思い至りませんでした。

もしくは普通の宅配便でも、通常の宅配便以外の配送方法もあったかもしれないと思います。完全に調べ不足ですが、当時は引っ越しイコール引っ越し業者と思っていました。
 
 
 
 
引越しトラック

引っ越し当日は、

午前中に荷物の搬出とガス開通の立ち会い

午後に荷物の搬入と新しく購入した家電の到着
そして買い出し

というスケジュールでした。
 
 
引っ越し業者さんはひとりで作業するとのことでしたので友人に手伝いを頼んでありましたが、業者さんの手際がとても良く、搬出作業はあっさり終わりました。早すぎてびっくりしたくらいです。

搬入もあっという間で、手伝いもほとんど要らないくらいでした。

荷物の後に家電が来る事になっていたので、ちゃんと邪魔にならない場所にダンボール箱を積んでくれましたし、荷物の扱いも丁寧でした。

単身での引っ越しでしたし荷物も少なかったので荷物が先で家電が後でも問題はありませんでしたが、もしももっと荷物の多い引っ越しであれば家電が先でなければ不便だっただろうと思います。
 
 
 
また、トイレットペーパーや食器類や食材を、引っ越し当日買い出しに行くのも失敗したなと思います。

事前に買い揃えて家の中に置いておくか、引っ越し当日は友人の家に泊めてもらうなどしなければ、とても忙しくて大変だと分かりました。

若さと体力のせいでなんとかなると判断してしまったのは反省です。
せめてカーテンだけは事前に付けておくべきでした。
 
 
 
引っ越し全体でみると、
自分の下調べはまだまだ甘かったなと思います。

業者さん選びにしても、荷物の搬入順にしても、もう少し自分でシミュレーションして考えればもっとスムーズだったと反省しています。[chat face=”fukidashi2.jpg” name=”” align=”left” style=”type3″]引越しは、いかに準備するか!です。
>引越し準備やることリスト保存版!上手に引越す順番と5つのコツ[/chat]

生活に必要な細々したものもきちんとリストアップして別日に買い物を済ませ、引っ越し当日は引っ越し作業だけに集中すべきでした。寮からアパートへ転居することへのワクワク感からハイになりすぎていたとも思います。
 
 
引っ越しの業者さんが、若くて世間知らずな小娘相手にあんなに丁寧に仕事をして下さったので、なんとかなった引っ越し作業でした。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/373
https://hikkoshi-chie.com/archives/43