この記事の所要時間: 557

 
東京都在住
50代男性 koichiroさん

この引越しに点数をつけるなら90点です![chat face=”man2″ name=”koichiroさん” align=”left” style=”type1″]その理由は、費用を抑えるための最善策を実践しているからです[/chat]

koichiroさんの体験談 教訓

其ノ一. 引越し業者選びはもっとも大事!

 
 
引越しが必要になったときに、
まずやるべきことは「引越し業者選び」です。

様々な事情で引越しの時期を選べないかもしれませんが、先に業者を決めておかないと後々苦労することがあります。


 
その理由は、業者には繁忙期があるからです。

繁忙期になると、閑散期と比べると
引越し費用が2倍から3倍になることもありえます。

さらに、業者を探すことも難しくなります。
割高な費用を払っても業者が見つからないことがあるわけです。

そうなると引越しを延期するか、
または、知人や友人に手伝ってもらって自分で引越しを行うかしかありません。

普通に生活しているだけでも
冷蔵庫やテレビなど、とても一人では持てないものもたくさんあります。無理して素人が運ぼうとすれば、物件に傷をつけるトラブルに発展することすらあります。
 
 
 
引越しが必要になった時、
まずはおおよその引越し時期をもとに、業者に問い合わせをするのが最も賢い引越しの始め方です。

業者への問合わせはネットでの「引越し業者比較サイト」や有名なところであればホームページや電話で問い合わせをします。
 
 
問い合わせの際に引越し時期が繁忙期かどうか、そうでないかを確認します。
業者の対応は慣れているので時期が繁忙期であれば

「希望日時の期待に応えるのは難しい」

「費用が通常よりも高くなる」
 
 
などの回答をもらえます。

逆に、閑散期であればスムーズに適正な値段と日程を調整することが可能です。

同じ荷物を運ぶのに、時期によって費用が閑散期の2倍や3倍も違う…
なるべくそういう無駄な出費は防ぎたいものです。

従って、時間的に余裕があるのであれば閑散期に引越しを行うのが、最も賢い方法になります。
 
 
 
引越し体験談 回収業者

しかしながら、引越しの時期を
閑散期まで待っていられないというひとも多いはずです。

そういうひとへのアドバイスは

「引越し業者を決められたことだけでもラッキー」で「ある程度の妥協」は必要ということをお伝えします。
 
 
繁忙期は恐ろしいくらいに引越し業者が高飛車に接してきます。

繁忙期の費用が高いからといって
他の業者と相見積もりを取ったりしている間に予約が埋まってしまい、引越し業者から断られてしまうということも少なくありません。

それだけ繁忙期の業者選びは大変です。
 
 
 
「予約が取れない」

「費用は割高」

「時間は選べない」

繁忙期の引越し、引越し業者はそういうものだと予め覚悟しておくことです。

引越し業者と色々な駆け引きをしている間に、逆に自分が不利になって引越しが難しくなってしまうこともあります。とにもかくにも重要なことは引越し業者を早く選定することです。その次に価格の交渉を行います。
 
 
 
いかに引越し費用を抑えるか?

となると、引越し業者の価格を分解して考えてみます。

まず、引越しの価格は「荷物の量」と
「それを運ぶための車の容量」によって決まります。

 

荷物が多ければそれだけ大きい車を手配しなければなりませんし、少なければ容量の小さな車で済むわけです。また、当日、荷物の運搬に関わる人員も荷物が多ければ増え、少なければ携わる人員を減ります。

この価格を左右する荷物の量を減らすための作業が断捨離です。

[chat face=”fukidashi3.jpg” name=”” align=”left” style=”type3″]引越しはいい機会!
思い切って断捨離をするチャンスです!
>引越しの不用品処分!綺麗さっぱり上手に処分する7つの方法!
[/chat]

引越しを良い機会と考えて
不要なものを事前に処分することが重要です。

この断捨離にもコツがあり、とにかく体積が大きいものを率先して処分することで大きな効果が生まれます。
 
 
 
例えば、不要になったタンスや机、椅子などの家具です。

その他にも布団や衣類など、
かさばるものなども断捨離の候補にあがります。

リサイクル家電と呼ばれる冷蔵庫やテレビなどは、処分するだけで数千円の費用がかかりますが、家具などは行政にもよりますが数百円で粗大ごみとして出せます。

まずは体積が大きいものを処分していくことが第一歩。

次なる手段としては、引越し先が近ければ小さい荷物は地道に自分で運ぶことで引越し当日の荷物の量を減らすことも十分に可能です。
 
 
 
そして、最後は引越し業者との値引き交渉です。

大きな値引きは期待できませんが、
金額の幅はあるにせよ大半の引越し業者は値引きに応じてくれます。悪くてもランチ代ぐらいは浮くこともあるでしょう。[chat face=”fukidashi3.jpg” name=”” align=”left” style=”type3″]価格交渉には相見積もりが必須です!
>引越し業者を比較!営業電話を回避して圧倒的に安くする方法![/chat]
 
 
 
その他、業者スタッフへの心付けは基本的に必要ありません。
ただ、業者スタッフの働きに満足したら、快く心付けをわたすのが粋なやり方です。

これまでに何度か引越しを体験していますが、冷蔵庫や大きな重たい荷物を運んでくれるスタッフを見て、これは自分にはできないと感じいつも心付けを渡しています。

繁忙期の時期に引越しをして、割高な費用を払った上に心付けを渡したこともあります。

結局のところ引越しで重要視することが費用ならば

「出費が少なく済む時期に引越しする」

そして

「断捨離を決行する」ことを心がけることです。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/842
https://hikkoshi-chie.com/archives/43