この記事の所要時間: 629

 
東京都在住
30代女性 ユーリオさん

この引越しに点数をつけるなら60点です!
[chat face=”woman1″ name=”ユーリオさん” align=”left” style=”type1″]その理由は、自分の想定よりも荷物が多く、引っ越しの事前準備に1週間かかってしまった為です…
[/chat]

ユーリオさんの体験談 教訓

其ノ一. ダイエットも荷造りも、日々の積み重ね!
其ノ一. 荷造りの前に、必要品と不要品を仕分けする!

 
 
私は数え切れないほど引っ越しでの失敗談があります。

事前準備をしていたはずなのに、
忘れていた項目やスケジュールを間違えていたり…

私が最初に引っ越しをしたのは、結婚が決まった時のことです。

それまで住んでいたワンルームの部屋から
新居までの距離は、電車で40分ほどでした。

引っ越し初体験の私でしたが、

「一人暮らしだから荷物も少ないし簡単に終わるよね〜」

と慢心していたのが後の後悔となります。

https://hikkoshi-chie.com/archives/43

まず私が引っ越しを甘く見ていたのが、荷造りなんです。

テレビCMなどで荷造りや梱包も
セットになっている引っ越しプランを目にしますよね。

でも一人暮らしだし。

家具や家電、食器も少ないし。

荷造りは自分で楽に出来ると思っていました。
 
 
ところが、

実際には荷造りで1週間以上も時間と労力を費やしてしまったんです!

なぜ一人暮らしで荷物も少ないのに
1週間もの時間がかかってしまったのでしょうか?

それは、「荷物が少ない」という幻想が全ての失敗の元だったんです!
[chat face=”fukidashi2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]引越し準備は計画的に!
引越し準備やることリスト保存版!順番と5つのコツ[/chat]
 
7年ほど同じ部屋に住んでいた私は、
自分の想像を超える量の荷物を溜め込んでいました。
今思えば、部屋を借りた当初は広くて荷物も少なかったんです。

しかしながら年々洋服や雑貨、
アクセサリーや小物が増えていき部屋は手狭になっていました。

しかし私は、部屋が手狭になったなと感じることはありませんでした。

なぜなら、

一気に荷物が増えたのではなく
1個づつ7年に渡り増えていったからなんです!

これはまさしく、

お正月明けの体重と同じだなと感じています。
 
 
 
引越し準備やることリスト保存版!

年末年始からお正月にかけては、
実家に帰省したりおせちやお雑煮などのお祝い食事も増えるもの。

つい実家のコタツでゴロゴロしながら
エンドレスで口寂しさを補っていたなんてことありますよね。

実家から帰省してから、
ジーンズのウエスト周りがキツくなっていることに気がつくんです。

しかし、時すでに遅し……

年末からお正月の2週間ほどで、
じわじわと体重が増えて太ったことに気がつくのは冷静になってからのこと。

まさしく私が引っ越しの荷造りをして、
初めて荷物が多いことに気がついた時のようです!

ダイエットも荷造りも、日々の積み重ねなんだ

と、意外な共通点を発見した私なのであります。
 
 
 
私が自分の想像よりも荷物が多かった
ということに気がついたのは、引っ越し1週間前の出来事。

仕事がお休みの日に1日荷造りをすれば
終わると思いスケジュールを立てていました。

しかしながら現実はそんなに甘くなかった。
 
 
 
お休みの日を2日フルに荷造りに充てても、荷造りが全く終わらないのです。

仕事から帰宅した後も荷造り…
このままではエンドレス荷造りになり
プライベートな時間が取れなくなってしまう。

そんな危機感を感じた私は、ある大胆な行動に出ます。
 
 
不用品を賢く処分する
 
 
それは、大量の荷物を手放す作戦!
[chat face=”fukidashi2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]不用品処分は大事なポイント!
引越しの不用品処分!綺麗さっぱり上手に処分する7つの方法![/chat]

私は趣味で可愛い小物雑貨やフィギアなどを集めています。
しかし大半の物は飾られることなく
収納に入れっぱなしになっていた現実…

思い切って趣味の小物や雑貨を一気に処分することにしたんです。

ただ捨てるのも勿体無いと思い、
フリマアプリや買取をしているお店に売ることにしました。

しかし、意外と時間と労力を使い、
結果引っ越し準備を遅延させる原因となりました。
 
 
 
この時私が思ったのが、

荷造りする前に必要な物と不要な物の仕分け

をすればよかったということ。
 
 
せめて押入れに眠っていた
大量の雑貨達を新居に持っていくのかどうかを考えればよかったと後悔しました。

全ては「一人暮らしだから荷物は少ない」という思い込みが元凶。

みなさんも引っ越しをする際には、
自分がどれだけの物を持っているのか把握し、事前準備として必要品と不要品を仕分けされることをお勧めします!
 
 
 
なんとか荷造りを終わらせた私が
次に後悔したのが、新居での荷解きなんです!

やっとの思いで荷造りを終わらせ
引っ越しを済ませた私ですが、新たな大問題がすぐに発生しました。

それは、、、

同居する夫の荷物量が多く、自分の荷物が荷解きできない!
 
 
 
夫も新居に引っ越す前までは一人暮らしをしていたため、引っ越しの時は各自が自分の引っ越しに専念する形で進めていました。

しかし、それが後の後悔へと繋がっていくのです。

私は自分の荷物が多いことに気がつき、
荷造りの際に仕分けをして不要品を処分しました。

ですが夫は、
全ての荷物を新居に運び込んでいたのですΣ(゚д゚lll)
 
 
 
引越しの荷ほどきは大変!

そのため、
引越し後の新居で荷解きをしようと思ってもできない!

結局のところ、夫の荷物も仕分けを行い
不要品を処分するというデジャブのような体験をしたのです。

多い荷物も問題なく収納できる
大きな家だったら2度に渡る仕分けと不要品処分という行為はなかったかもしれません。

荷造りに続き、同居人の荷物の量や
新居の収納の大きさを把握することは大事だと痛感しました。
 
 
 
引っ越し前と後にWパンチで後悔をしてしまった私。
次に引っ越しをする際には、同じ思いをしたくないと心から思っています。

引っ越しで失敗しないためにも、
小物や雑貨を購入する際には本当に必要なものかどうか自分に問いかけることにしています。

今のところは、のちのち無駄になる小物を
衝動買いすることも減り、ミニマムな暮らしが継続できています。

私の失敗した経験が
みなさんの素敵な引っ越しライフに繋がる事を願っています!