この記事の所要時間: 68

みんなの引越し体験談



東京都 30代女性ニコさん
この引越しの点数は70点!

C-futu

引越し前にきちんと断捨離できていれば…

この引っ越しからの教訓
引越しをする前に不要なものを捨てる!



私が社会人1年目。

初めて実家を出て
一人暮らしをした時の引越し体験談です。


大学を卒業し社会人生活を始めた時、
職場の横浜から実家まで約1時間半の距離を通っていました。

当時勤めていた会社はかなりの激務。


毎日終電になることも多く、
体の辛さから一人暮らしをすることを考え始めました。




横浜駅から15分ほどで通えるエリア

に目星をつけ、
早々に良い物件に出会い引っ越しをする運びとなりました。


単身引越しとは言え、洋服や机、ベッド。
大きな荷物もあったので、引越し業者にお願いすることに決めていました。

引っ越し経験のある先輩からの助言で、
3つの業者の方に相見積もりを取ることにしました。



業者の方からしたら
とても嫌だったと思いますが…

スケジュールが迫っていたため、
同じ日に時間をずらして見積もりに来ていただくことにしました。


それによって狙わずして、
業者の方同士がバッティングしてしまう結果に…



うちに決めて欲しい!

そのためには値引きをします!

と言った交渉が起こりました。


少々申し訳なさを感じつつ。

対応の誠実さと価格面で、有名ではない
小さな引越し業者の方にお願いすることに決めました。



大変だった荷造り!

大変だったのは、
引っ越し前の梱包作業。

ダンボールへと梱包する作業は、
想像以上に骨の折れるものでした。


当時の私は持ち物が非常に多く、
洋服だけでも段ボール10個以上に。

さらにハンガー型の段ボール2つ
と言うような大量のものになってしまいました。


引越し先のクローゼットのキャパを考えると
当たり前のように入りきらない量の洋服がありました。



ここが、最大の失敗ポイントです。

物や洋服が多かった私。

どれを持っていく、どれを処分する
と言う断捨離を、忙しさにかまけてしなかったのです。



不要なものを捨てる!

引っ越し先に不要なものを持ち込まない!

これは引っ越しをする上で
とても大切なポイントになると思います。


大量の荷物をそのまま移動させることは
業者さんの負担、費用の増大と言うデメリットになります。

また、引越しの後に荷物を開け、
改めて収納し直す際にも無駄な労力を発生させることになります。


ですので私の反省点を活かして、
ぜひ引っ越し前の断捨離を強くお勧めします。




引越し体験談 引越し業者選び

それ以外の荷物の運搬については、
引越し業者の方がスムーズにやってくださり、当日は滞りなく運ぶことができました。

また、当日は引越し業者のトラックに加え、
友人がハイエースをレンタルしてくれました。



ハイエースで母と友人と新居に向かい、
てきぱきと作業を進めることができました。

これはとてもありがたかったです。



引越しの業者の方への心付けは、
ポチ袋に入れた1,000円とペットボトルの飲み物の差し入れをしました。

差し入れは飲み物が定番

と言うイメージがあり、
実際に喜んでいただけたのでよかったです。



新居に到着時、1階に住む大家さんに
早々にご挨拶に行き、菓子折も同時にお渡ししました。

はじめのあいさつが肝心と思い、
近隣の方にも同じく菓子折を持って挨拶に伺いました。


単身者の方が多く、挨拶に来る人は
少ないようでびっくりするリアクションを取る方もいらっしゃいました。

また数回伺っても常に不在で、
結局最後までお会いできない方もいらっしゃいました。



ただ挨拶自体はこちらの気持ち。
やったことでマイナスの印象を相手に与えるものではないと思っています。

後々後悔しないように、またその地域や
大家さんの考えの下判断するのが良いと思います。



新居に決めた引っ越し先は新築物件。

「自分が最初の借り手となる」

と言うことで、
丁寧に使わなくてはいけないというプレッシャーがありました。


引越し搬入の際の業者の方の動きや、
傷を付けないかと言う所にも過剰に反応していたように思います。

ですが、業者のスタッフさんは
プロらしくきちんと対応いただけたと思います。



お願いした業者は価格が安く、
会社名も初めて聞いたようなところ…

正直、不安も少々ありました。


しかし、実際に見積もりでお会いした際
とても印象が良かったので、その時の直感で決めて正解だったと思っています。



リビング

このときの引っ越しに
点数をつけるとしたら70点位でしょうか。



初めての単身引越しでしたが、タイトな
スケジュールの中、業者選びに妥協せず、
かつ質と価格の両方が良い会社に出会うことができたと言う評価点があります。


女性1人の引っ越しで業者に連絡をし、
相見積もりをということは勇気が入りましたが、それほど難しいことではありませんでした。



マイナスポイントは、梱包の不手際です。

やはり、引っ越しをする前に
不用品の見極め、断捨離が必要だと思います。


しっかり不要なものは思い切って処分!

新生活の負担にならないように、
準備する時間はしっかりと確保するべきだったと思います。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります