この記事の所要時間: 629

引越し体験談



福島県 30代女性かわまりさん
この引越しの点数は80点!

A-manzoku

道路が狭いことに配慮してくれたトラック手配もありましたが、危うい場面も多少あったので

この引っ越しからの教訓
子連れ引越しの極意は「娘が寝いている間に!」



約1年前に主人の仕事の都合で
福島県に引っ越してきました。

主人は転勤が多い仕事していて、
結婚して6年で引っ越しは4回しています。


個人的にも自力引越しを2回しているので、
私自身の引越し経験は6回になります。

3歳の娘も既に3箇所目の住まいです。




引っ越し業者は主人の会社が
2社に見積もりを出させてどちらにするか決めます。

ですから、酷い時は家を出る1週間前に
やっと業者が決まりダンボールが届くみたいなことも…



早くからダンボールを自分達で集めて
季節的に今使わない物等は閉まっておきます。

でも、中にはダンボールから出さずに
次から次へとそのままお引越ししてる物もあります。

それらは次の引越しでは処分しようかと思います。



荷物が少ない…

娘にダンボールで遊ばれないように注意し、
ダンボールは3段くらいに高く積み上げてました。

娘が触れない高さに積んでおけば、
割と順調に作業は進まれました。


そして娘が寝てる間にやる!

これが小さい子がいる家庭の
引っ越しには鉄則のやり方だと思います。



子連れ引越しは、より気合いと根性が必要です!
でも安全第一で。

あと、おもちゃは本当に最後の方に
片付けるようにましょう。先にしまうと悲しませれます…



引っ越しは良いことも悪い事も沢山あります。

良い家、良い場所、良い人に出会えたら
引っ越してきて良かったと思えるのですが、最初は中々そうもいきませんでした。



どうしても、都会から田舎の方での
暮らしが始まった時は、「何もない」が口癖でした。

お出かけするにも
一体どこに行けばいいのか?
どこが楽しいのか?



そして友達作りも大人になると中々難しいものです。

今は子供関連で繋がりができるので
子供がいてくれて本当に良かったと思います。



でも、出会いがあれば別れがあるのが転勤族。

主人も仕事の環境に慣れてきたと思ったら
新しい地に移動と言われてしまうし、

私も仕事とか始めて慣れてきたと思ったら
退社しないといけなかったりします。



娘も幼稚園生になったので、
転園をしなきゃいけないとかが何度も繰り返すのが寂しいです。

新しい地に行く度に、
ここには何年居られるのだろう?

と思う日々です。
(今の所一番長くて2年半でした)



きっと娘は今の幼稚園で、卒園を迎えることは出来ないと思います。

それでも、今の幼稚園生活で楽しめることは
沢山楽しんできて欲しいし、学べる事も学んできてほしいです。



引越し体験談 引越し業者選び

引越し中のアクシデントはあまりありませんが、
子供産まれたら荷物が一気に増え、
3回目の引っ越し以降は4トントラックでのお引越しになったのは驚きました。


現在2人目妊娠しておりますので、
次の引っ越しは一体トラック何台になるのかと思うと不安です。

出来るだけ荷物を増やさないように心がけたいと思います。



今住んでる福島へのお引越しに
点数を付けるとしたら80点くらいでしょうか?

今住んでる家周辺は道路が狭い為、
その辺りを考慮し2tトラック2台で来てくれました。


また、前の家はエレベーター無しの4階で、
荷物を運ぶのは本当に大変だったと思います。

途中に休憩挟んで仕事されたのは初めてでした。
それだけ重労働だったと思います。


ただ、
家の壁傷つくんじゃないか?
家具壊れるんじゃないか!?

という危ない場面もありました。



今の家に来て1年経ちましたが、
正直未だに家の扱いが上手くいってません。

前より家のランクを下げてしまったのがいけなかったのでしょうか……

次は多少高くなってもいいから、今より広く、
キッチンも使いやすく、リビングと寝室は離れてる部屋にしようと思います。



正直、今回旦那は場所重視で
家の中身をあまり大事にしてくれなかったので、色々辛いです。

引越ししたばかりの頃はストレス凄くて…

要因は色々あると思いますが、
1番の理由はこの家の扱いが上手く出来ないという事が原因だと思います。



どうしても主人の会社の都合上、
引越し業者には拘る事が出来ないのがとても残念なのですが、

県外への引越しは業者によって、
見積もり金額、時間もかなり違ってきます。

複数の業者で見積もりをとって
金額とサービスを競争させるべきだと思います。



ついでに、私の地元北海道から
宮城県仙台市への引越しは4日ほどかかりました。

まだフェリーで車を運べたので
良かったのですが、もしもっと遠い県とかでしたらゾッとします。



最後に、、、
引越しは荷造り、荷解き両方とも本当に大変です。

ただ、それを終えて仕舞えば、
ワクワクドキドキの生活がスタートします。


新しい土地での生活は慣れるまで
大変に感じるかもしれませんが、
住めば都という言葉は本当にそうだなと実感します。

ちゃんとここがお家!
ここが私の生活の場だ!
このスーパーに、この公園、
ここは私の行きつけだ!
このお店のご飯美味しい!

と思える場所も出来ます。



引越しの事は何でも私に聞いて!

と言えるくらい引越しをこなしましたが、
色んな地で色んな経験出来て転妻になって良かったと思います。



最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら