この記事の所要時間: 617

みんなの引越し体験談



東京都 50代女性ニハクサンレンさん
この引越しの点数は80点!

E-futu

交渉を重ね、知恵を絞って、極力安く引っ越すことができました。

この引っ越しからの教訓
費用をできるだけ安くするには、時間も手間もかかります!



28歳の時、結婚を期にお引っ越し。
一人暮らししていた家からの引越し体験です。



一人暮らしの家は、ヘンな物件で
家主の家の一部に住んでいました。

入口は別でプライバシーはありますが、
当時的にも珍しい物件だったと思います。




間取りは江戸間の四畳半が1部屋、
フロアの四畳が1部屋で、風呂なし、トイレとミニキッチン。

江戸間は畳でしたが、
イヤだったのでウッドカーペットを敷いていました。



引越で不要になったウッドカーペットは、
かなり細かく裁断して、全て燃えるゴミで出しました。

ロールスクリーンやボックス系も、
全て不要になったため、ことごとく解体して燃えるゴミに出しました。



まずは運ぶものを少なくすることに着手、
不要なものを廃棄しかなりの量を減らしました。



当時は絵を描いていたので、
大型のパネルやキャンバスも多数ありました。

それらも新居に持ち込むものと、持ち込まないものに分けました。


持ち込まないものは、群馬にある
夫の実家に置かせてもらう交渉をし成立。


幸いにも夫の実家は旧農家。

納屋とか使っていない空き部屋があり、
嫁の荷物を置くくらいは全然余裕な感じでした。



先行して作品のみの運搬に、まずは赤帽に依頼。

これまで個展を開いた際に何回か
お世話になったところだったので、とてもスムーズでした。


到着時の積み下ろしや運び込みは
自分でやるので、とにかく車で運んでもらうだけの依頼です。

助手席に乗せてもらい引っ越し先へ向かいました。



本来、運搬業者は人間は乗せてはいけない、

というか、
保険対象外なので拒否されるケースがほとんどです。

ですが、保険適応外であることを
本人が承知すれば問題ないらしいです。



また、「絵画作品」ということになると、
万一のために作品に保険をかけるのが通常です。

ですが、これも不要にしました。



たかだが自分の絵ですし、既に発表済みの
作品ばかりだったのでその必要はなかったのです。

それで自分自身の交通費を浮かせました。


また、ついでに義理の両親への挨拶もしてしまいました。

東京から群馬へ運搬し、帰りはカラ。
東京に戻るのに再び同乗させてもらいました。

赤帽さんは距離が長いと退屈してしまう、
と、同乗者がいて、おしゃべりしながらの仕事だと楽しいと喜んでくれました。

金額については、諸々交渉の末、
3万程度の金額でやっていただいた記憶です。



引越し当日

そして本筋のお引っ越し。
再び同じ赤帽さんに依頼、かなり積み込みまくりました。


通常の引っ越しになると、
絵を運ぶのとは金額設定が違うとのこと。

都内の引っ越し最低料金にしてもらうべく交渉。
確か、こっちは1万8千円だったと記憶しています。



それでも積み残しがいくつか出てしまいました。

本・画集など運びやすい物だったので、
私の実家から車を借りて自力運搬しました。


あらゆるところで節約しまくり、
持って行くものもかなり切り詰めましたが、

どうしても最後に自転車だけ乗せられず…。

結局、新居まで乗っていきました。



よくよく調べてみると、
実はたいした距離でないことが判明。

世田谷区下北沢から三鷹だったので、
概ね1時間かかるか、かからないかくらいでした。

かくして貧乏引越は複数回で運搬し、
いちいち安く交渉して切り詰めて、なんとか終わりました。




1800mm×1500mmくらいの大型絵画を複数枚。
さらに立体作品を東京から群馬まで運搬。

そして、通常の単身引っ越。


普通に引越したら高額になりそうなところを、
いろいろ知恵を絞って節約しまくり、
さらには交渉をして安く上げたことはかなり満足です。



引越し完了!

マイナス点としては、やはり手間がかかったこと。

一回で済む普通の引っ越しとは違い、
あれこれ分割した引っ越しは、かなり体力は消耗しました。


不要品を人にあげるにも、日時を決めて
引き渡しをして、と時間や手間がかかります。



それが複数回あるとかなり大変でした。


ただ、そうやって日々少しずつ、
モノが減って行くのはちょっとおもしろかったです。



実家の車を借りるときも、

まず電車で実家に行く
車で引っ越し元に行く
荷物を積み、引っ越し先に運搬
実家に車を返却に行く
実家から電車で引っ越し元に戻る

と、かなりのハードワークに。


ただ、金額換算すると大きな金額なので
そこにモチベーションを置くようにしていました。



安くあげるために、かなり体力と
時間を使ったわけですが、そういうのがダメな人にはお勧めできません。

でも、若い頃だからこそできたことでもあり、
今となってはすごくいい思い出です。


今では絶対同じことはできないし、
お金払ってでも楽な方法を選択すると思います。

貧乏引越、若い頃ならではです!



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

一括見積もりを行なったあと、
決定までの窓口となるのは営業マンです。


この営業マンの対応の仕方も含めての
業者選定でもあるわけです。



・心配事、不安をケアしてくる。
・すごく親身になって見積もりをしてくれた。
・とても紳士的。


もしくは、

・他社の悪口ばっかり…
・契約してくれるまで粘る…

と、営業マンの対応、印象は様々です。



熱心!がゆえに、うざい…
もあれば、逆に
紳士的ゆえにやる気がない…


など、受ける印象は人それぞれ。
それも含めての「相性」と考え、決定要因の一つにもなります。



これができるのは直接業者さんと
やりとりがあってこそ。
業者さんと直接やりとりをしてこそわかるもの。


そんな方にオススメの一括見積もりサービスは、
ご存知「引越し侍」です。

圧倒的な紹介件数実績、
「どうせ使うなら、No1のサービス」

これ当然です!



当サイトの引っ越し体験談では、
ありとあらゆる引っ越し業者の実体験レビューを
150件以上も紹介しています。

が、

今のところサカイさんの引っ越し体験の数、
また、良い評価が多いようです。


もちろん、サカイさんも提携してます!

競合させるだけで
驚くほど価格が下がりますよ(^ ^)