この記事の所要時間: 513

神奈川県在住 50代女性 W・Mさんの引越し体験談

神奈川県在住
50代女性 W・Mさん

[chat face=”woman2″ name=”W・Mさん” align=”left” style=”type1″]この引越しに点数をつけるなら80点くらいでしょうか…[/chat]

W・Mさんの体験談 教訓

其ノ一. アートさんのお任せパックは楽!でも…

 
 
50代専業主婦、夫は在宅勤務をしています。
夫とは1ヶ月交際のスピード結婚。

当時は鶴見区の賃貸マンションに一緒に住んでいましたが、父の遺産が入ったのを機に思い切って、賃貸から分譲のマンションへの引っ越しを決意しました。

永遠の棲み処がほしかったのです。


 
今から7年前、時期は11月でした。

引越し業者はアート引越しセンターさんにお願いしました。
アートさんはこれまでも何度か頼んでいたので安心でした。

作業員さんも手馴れな様子で当日引越しをしてくれました。お任せコースで梱包から引越し先の品物の陳列までやってもらいました。

引越しにあたっての見積もりは
鶴見にいたときに見積もり担当がきてくれてスムーズに済みました。

使い慣れている業者なので予想どおりの見積もりでした。

担当の人はざっと部屋を見わたし
処分するベッドや家具もあったのでその分も了解してもらいました。

当日、不要なベッドや家具も持ち帰ってもらう手筈にしてもらいました。現実そうなり大変、助かりました。
 
 
ちなみに新居の物件さがしには苦労しました。

引越し先も同じ横浜市内希望でしたが、
予算内で手がとどくところは大和市でした。

駅近、平坦、ペット可、南向きの条件でしたから、どうしても物件の値段が高くなります。

ようやく物件をきめて、今はとても満足しています。

広さは二人と猫で暮らすにはせまいですが、入居するまえに収納棚をつけておいたりして空間の有効活用をしました。今は収納たっぷりの部屋になりました。
 
 
私には内部障害があり、
引越しのような体力仕事はまるでできないため、引越し業者にお任せと夫にお任せでした。

さまざまな手続きも夫にやってもらいました。私は飼い猫1匹を当日キャリーバッグにいれて、興奮させないことに終始しました。

鶴見区から大和市への移動なので一日で引越しは済ました。
品物もすべて出してもらったので、あとはダンボールを持ち帰ってもらうだけでした。
 
 
 
引越しのあいさつ

引越しの挨拶は両隣の方にタオルをもって挨拶をしました。
2世帯ともとても良い方で、今でも仲がいいです。

引っ越してから、ガスコンロのガスのつきが悪いとか分かって少々、がっかりしました。すでにこちらが買ったマンションです。まだ直していません。

引越しに関する不安はありませんでした。

生涯で21回引っ越しているので、
大体、引越し後どうなるとか予測がついていました。

ただ、ゴミ出しの仕方とか
分別ごみの仕方とか地域が変わったので勝手が違い戸惑いはありました。

猫も新居になじんでくれるのか不安でしたが、すこしずつ猫も馴染んでくれました。
 
 
 
しかし、今後このマンションは
貯蓄の都合で売却しなければばいけません。

ただハウスリースバックという制度を用いる不動産屋さんに買い取ってもらい、そのまま賃貸形式でここに住み続けるつもりです。最悪生活保護も覚悟しているのですが、生活保護給付賃貸金額内で住めそうです。

父の遺産もなくなりこれでよかったのかな…

という将来への不安もありますが、この見晴らしのいい小さいながらも立地のいい今の物件は夫婦で気に入っています。
 
 
引越し業者へは当日、チップなどは渡しませんでした。
もともとアート引越しセンターは高い引越し代金なので、チップの必要はないと思います。

引越し後、夫がDIYをして
玄関のところに猫用のついたてを取り付けたりしました。

また、棚や収納ケースなども増やしていきました。
7年たち物がその分多くなり、
そろそろ断捨離をまたしなくては収納におさまらないなぁと思っています。
 
 
 
引越し業者がとりあえず荷物を開いてレイアウトしてくれた品物も自分たちで時間をかけてベストなところへ配置しなおしました。

アートさんにはいつも「おまかせパック」
でお願いしているので、お金は15〜30万円かかりますが、おまかせはたすかります。

女性物の下着とかはあらかじめ、
洗濯ネットにいれて自分でダンボールにいれておきます。
見られてはずかしいものは一つのダンボールにこうしてまとめておくのです。
 
 
 
引越しのあいさつ状

大変だったのは引越しの挨拶状を書くことでした。
引越しの労力以上に手間がかかりました。

年賀状で「引越しました」と後で通知する人も少なくないのですが、私の性格上、どうしても引っ越したことをすぐに知らせておきたかったのです。

この引越しに点数をつけるとすれば80点くらいでしょうか。

満足度は高いですが、やはりあとで陳列された品物をレイアウトし直さなくてはならない手間もありましたから。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/937
https://hikkoshi-chie.com/archives/43