この記事の所要時間: 532

みんなの引っ越し体験談



宮城県30代女性 Y・Aさん
この引越しの点数は80点!

A-manzoku

日通さんが密にやりとりをしてくれ、常に連絡が取れる状況にあったため、スムーズに引っ越しできた

この引っ越しからの教訓
あらかじめ配置や運ぶ部屋を事前にしっかりと決めておくこと



夫が転勤になり自分の仕事の都合上、
3か月だけ一人暮らしをしてから引っ越しすることになった。


隣の県への引っ越しで、荷物は一人分。

自分たちの車で移動することも考えたが、
いろいろ試した結果、自家用車(普通車)では不可能でした。




インターネットで調べてみると、
一人用専門の単身パックをやっている引越し業者がいくつかありました。



その中かから、日通さんを選択しました。

あらかじめインターネット上で見積でき、
そのまま予約までできて、簡単に安心して依頼することができました。



見積依頼する際、段ボール何箱分に
なるかを入力するので、自分の荷物の量を把握していなければいけません。


引っ越しが頻繁にある場合などは、
引っ越し時の段ボールを保管しておけば、
すぐに見積もり依頼などの準備に取り掛かれると思います。



私の場合は転勤族でもあるため、
引っ越し業者から有料で購入した段ボールは質もいいし、捨てずにとっておくことにしました。

また当たり前のことではあるが、
引っ越しが分かったときから少しずつ荷造りをしておくと、荷物も把握できるし慌てずに済む。



食器は新聞紙や引っ越し業者で
購入できるやわらかい包装紙にくるむため、時間がかかリます。

単に箱に入れるだけではないので、
使用頻度の低いものからどんどん荷造りを行ったほうがよいと思います。



また荷物を箱に詰める際は、

何が入っているか、
誰のものかを段ボールに書くようにしていました。



その際、赤などの目につきやすい
色のマジックで大きめに書いておくのがおすすめです。

たくさんある段ボールを荷ほどきする際、
非常に目立ちわかりやすくて役に立ちました。



また旅行用のキャスター付きスーツケースも、
荷物入れとして使い、いくらか段ボールの数を減らすことができた。

そして布団やシーツ、冬用のコートなど
比較的大きくかさばる布物は、圧縮袋がすごく役に立ちました。



大きさにもバリエーションがあり、
荷物を入れたら自分の手で丸めて圧縮できるものもある。

かさばる洋服類も運びやすくなるため、とても便利だった。



引越し体験談 引越し業者選び

そして、引っ越し当日。

荷物を玄関の前に
自分たちでまとめて集めておくようにしました。


日通さんにお願いすれば、もちろん
それぞれの部屋から荷物を運んでくれると思います。

でも、予め玄関に移動しておけば、
業者の方もスムーズに運べるし、時間の短縮にもつながると思います。



実際、日通さんが到着してから
出発するまでの待ち時間を短くすることができました。



引っ越し業者とのやりとりについては、
メール・電話でのやりとりが可能でした。



見積もり依頼の際に引っ越しの希望日、
連絡先のメアドでフォームに入力、その後すぐに電話での連絡が来ました。

その時、あいにく電話に出れなかったが、
見積もり金額と、予約完了のメールが登録メアドに送られてきていました。


見積もりも金額だけではなく、
何がどのくらいかかるのか

の明細もあり、詳しく教えてもらえたのも良かったです。



当日、私の都合で少し早めに来てもらえないか
と、日通の担当者の方へ電話すると、こちらの勝手にも関わらず迅速に対応してもらえた。

確認したのち折り返すとのことだったが、
その後10分もかからずにすぐに連絡をくれました。



見積もり時に業者さんは部屋を見る!

引っ越し作業もとてもスムーズ。

もたもたしたり、バタバタすることなく
荷物状況を把握してくれ、スピーディーな作業ぶりでした。

夏に近い時期の引っ越しだったため、
暑い中での作業だったが、スタッフの方々はキビキビと動いていました。

作業員の方には、
冷たいお茶のペットボトルを人数分お渡ししました。




引っ越し業者へ支払う引っ越し費用(多めに用意)、
携帯電話、は引っ越し業者への心付け、
簡単な掃除道具、スリッパ、羽織もの

当日はこんな感じでを用意しておくといいと思います。



今回の引っ越しの反省点は
荷物を自宅のどこへ運んでもらうか全く決めていなかったこと。

荷物を運び出すまでが引っ越し

と、運び出された時点で終了気分。



引っ越し先に荷物を入れる際、
どこにどう運ぶかを考えていなかったため、
日通さんと私でかなりもたついてしまいました。



今度は、あらかじめ配置や運ぶ部屋を
事前にしっかりと決めておき、よりスムーズにしたいと思います。

次の引っ越しに活かしていきます。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります