この記事の所要時間: 626

引っ越し体験談



岡山県 30代女性H.Kさん
この引越しの点数は40点!

D-gakkari

家族での引越を甘くみていた。大物だけを業者にお任せして、費用を抑えたがそこをケチらず全てお任せすれば良かった。引越後の疲労感がすごかった…

この引っ越しからの教訓
溜まった汚れはすごい!掃除は日頃からこまめに



昨年の夏の引越しのお話です。

我が家は転勤族で賃貸暮らしですが、
家族の人数によって住める居住面積が決められています。


この度家族が1人増え、子供の荷物も増え、
もう少し広い家に引っ越せる条件も満たしたことだし!

ということで、
主人が会社に転居願いを申請しました。




無事に申請も通り、物件探しを開始!

仲の良いママ友に紹介してもらった、
地元の個人不動産屋さんに行きました。



その不動産屋さんは、
他とは違うちょっと面白い流れになってます。

まず、お客と一緒にネットを見ながら
希望の物件をスーモなどネットから探します。


いいと思った物件を扱う管理会社が
良いか悪いか(クセがあるかどうか)

その物件の周辺の治安はどうなのか

建築年数が5年以上経つものはNG

大手住宅メーカー物件以外はNG


といった各条件を不動産屋の奥さんが
チェックして、物件を吟味していきます。



引っ越しの手続き市役所編

だからこそ、通常の不動産屋より
紹介される物件数も限られてきます。

各不動産屋の社員のクセや物件の特徴など、
なかなかコアな情報を教えてくれる不動産屋の奥さん。


よい物件に出合えるよう夫婦で物件を探すこと1カ月。

やっと気にいる物件に出合えて
なんとか契約に至りました!



さて、そこからが大変です。

法人契約のため、引越す時期も
会社から指定を受け、今回はお盆休み期間の間に引越しをすることに。


それからインターネットの
一括見積もりサイトで見積もり申し込み。

翌日には数社から、
訪問見積りのアポ取りの電話がありました。



まず1件目は大手の引っ越し会社。

すぐ行きます!

と早々に来てくれるも
予想していた金額の2倍の値段…


そして、他社の動きを教えてくれたら
値引交渉にも応じてくれる様子。

また、大物だけ依頼し、他の細かなものは
自分達で運べば金額を抑えられるとアドバイスをくれました。



そうすると価格は2万も安くなる、とのこと。

それ以降3社から電話があり、
3社全てで訪問見積もりに来てました。

どこの会社も最初の会社の価格を見て、
そこから安くした金額を提示してくれたました。



地元の引越業者は値引よりも
サービスをつけることをアピールポイント。

大手の業者は サービスよりは
値段重視で見積りを作成してくれました。




その中で、他社の動きを見ながら
びっくりするくらいの価格を提示してくれた会社がありました。

すぐ契約に結びつけたいのか、

ダンボールをこの場で置いて行きますね
引越予定で人数を確保しておきますね

と言われたので、後々もめたくないので
一旦ダンボールは持って帰ってもらいました。



改めて他の引越会社にその見積りを元に
もっと安くならないかを値段交渉。

そして、主人の会社とのやり取りがあった、
アート引越センターが最も安くしてくれたのでアートさんに決定。




引越し準備やることリスト保存版!

そして、安い値段提示をしてくれた会社に
断りの電話を入れるとチクっと嫌味を言われ…

あの時、ダンボールをもらってたら、
もっと面倒なことになってたなぁ

ダンボールを持って帰ってもらって正解だった

と思いました。



アートさんから梱包資材などが届き
順調に引っ越し準備が進んでいきました。


アートさんは営業さんはスーツで訪問。

礼儀もきっちりされており、
資材を運んで来られたスタッフも礼儀正しかったので好印象でした。




引越距離も車で10分程度の所だったため、
冷蔵庫の中の物は保冷バックに入れて運び、冷凍物はクール宅急便で配送。

そして、引越日までに
自家用車で運べる物は自分たちで配送。

服は45リットルのビニール袋につめ、
靴などは一つ一つスーパーの袋に入れ梱包。



そして、いよいよ引越し日!


朝8時ぴったりにアートさんが来られ、
まずはご近所さんに挨拶周り。

荷物も雑巾で拭いてから運んでくれ、
埃などを新居に持ち込まずに済んだのでよかったです。


そして、家電などの劣化状態も見てくれ、
買い替え時期などのアドバイスもくれました。



そして、この引越後からが
本当の意味で大変でした…

大物だけを引越業者に運んでもらったので、
細かな物は自分たちで運搬。

友人から軽トラを借り、
新旧の家を行ったり来たりを丸2日間。



部屋の掃除も一苦労…

それが終わると旧宅の掃除。

約7年住んでいましたが、その汚れは凄まじい…


キッチンハイターやカビハイターでヨゴレ取り、
フローリングの傷隠しなどで丸々3日間のお掃除。



引越して1週間で、
ようやく新居の片付けに取り掛かれました。

一体 旧宅の掃除をどこまでやれば
支払った敷金礼金でおさまるのかがわからず…



ネットで調べながらの掃除が、
この引越しで一番手をかけたかもしれません。

いつも細かに掃除をしていたら、
こんなに大変ではなかったんだろうなぁ。
と、反省と後悔の念が。



また、引越先での挨拶は
アートさんがしてくださっていました。

ですが、自分らでも以前いただいて
嬉しかった無添加の洗剤をもって挨拶へ。



お隣と前後のお宅へ挨拶をしたが、
感じの良さそうな方々ばかりだったので一安心しました。

ちなみに、アートさんへのお礼は
作業後にスポーツ飲料をお渡ししました。



最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら