この記事の所要時間: 63

埼玉県在住 30代女性H.Oさんの引越し体験談

埼玉県在住
30代女性H.Oさん

この引越しの点数は100点です![chat face=”woman1″ name=”H.Oさん” align=”left” style=”type1″]ちょっと一悶着ありましたが、全体的にみて満点でした![/chat]

H.Oさんの体験談 教訓

其ノ一.普段からの断捨離が効いた!
其ノ二.素晴らしい業者さん、スタッフさんに感謝!

 
 
夫が籍を入れる直前に急病で倒れて入院。
予定していた新居への引越しが遅れていました。

夫の入院は長期に渡り、
私は一人暮らしをしていたアパートから毎日お見舞いに病院へ向かっていました。
 
 
夫が入院してから3ヶ月後に籍を入れたのを機に、まずは私だけでも新居へと引越しをする事にしました。


 
中古マンションを購入していたので
ローンの支払は発生しており、住まないと勿体無いですもんね。

今まで何度か引越しはしてきたのですが、いつもレンタカーを借りて友人に手伝ってもらいながらの引越しでした。

そのため業者を使うのは初めてで、どこに頼むのかをとても迷いました。

インターネットで業者比較を調べたりと悩みに悩んで、結局は大手引越し業者に決めて早速問合せをしてみることにしました。
 
 
 
 
ドキドキしながらの電話問合せでしたが
相手先はさすが慣れたもので、すぐに営業さんとの打合せ日時が決まりました。

営業さんとの打合せではどの家具を持っていくかを確認。
その場でトラックの空車状況の確認をし、引越し日の確定となりました。

「もしかしたら当日までに
持っていきたい物が増えるかもしれないのですが…」

 
 
と恐る恐る聞いたのですが、爽やかな笑顔で

「大きい物でなければ
大抵はトラックに一緒に詰めちゃうので問題ないですよ!」

 
 
とお答え頂き、ホッと気持ちがほぐれたのを覚えています。
 
 
金額については入院中の夫とその場で電話交渉をしてもらい、初めの見積よりもほんの少しだけ落としてもらうことができました。

「もう少し落とせない?」

は、とりあえず言ってみるもんだなと勉強になりました。
 
 
 
 
大変だった荷造り!

引越し日が決まれば後はひたすら荷詰めです。

営業さんが打合せの日に、
ダンボールやガムテープなど荷造りに必要なものは置いて行ってくれたので、すぐに取り掛かることができました。

食器用の緩衝材の付いた梱包箱を用意して貰ったのですが、詰めるのも簡単だし、何よりも出すのが楽でした。お皿一枚一枚を包まなくていいし、ゴミも余分に出ないです。
 
 
そこに食器以外の壊れやすいカメラやハードディスクなども一緒に詰め込みました。

箱がしっかりしているので、
下手にダンボールに入れるのよりも安心でした。
(食器用の梱包資材なので食器以外は一応軽く包んでから詰めました)
 
 
 
私は元々あまり物を持たない方なので、荷造りは割と簡単に終わりました。

自分でもダンボールの少なさに少し引きました…。

普段から断捨離していると荷詰めは本当に楽です。
 
 
 
 
引越し前日は冷蔵庫を空にして、コンセントを抜いて準備完了です。
寝坊したらどうしようと変にドキドキしてあまり眠れませんでした。
 
 
そして引越し当日。

作業員の方は時間通りに来てくれて、
テキパキとあっという間に荷物をトラックに積み込み完了です。

とにかく無駄がなくて早い!

私は初めに「よろしくお願いします」
と言っただけで後はボヤーっと眺めてるだけでした。

そして、引越し先の新居への搬入もあっという間でした。

引越し先がマンションの1階だったので、
荷物の搬入前に作業員の方が両隣の部屋へ箱ティッシュを持って挨拶もしてくれました。
 
 
ちなみに、それとは別に・・・

引越しの数日前に、私は私で
菓子折を持って同じフロアの部屋への挨拶は済ませておきました。

ファミリー層が多いマンションだったので、一箱500円ほどのチョコレート詰合せです。
 
 
 
 
完璧な引っ越し!

何から何まで完璧だなぁ

と思った引越しでしたが、ひとつだけトラブルがありました。

新居のマンションの立地のせいなのですが
マンション前に車を停める十分なスペースが無かったのです。

そのためマンション前にトラックを着けてしまうとその道を塞ぐ事になってしまい、マンションの隣の家の方の車が通れずに、作業員の方がお叱りを受けてしまいました。

引越しが完全に終わってから、そのお家へは謝罪に伺いました。

お話してみると特に怖い方ではなく、
ただこのマンションで引越しがある度にトラックが止まり迷惑に思っていたとの事でした。
 
 
引越しにはそのスペースにトラックを停めるしかなかったのだけれど、隣のお家へも予めご挨拶に伺うべきだったなと後から反省しました。

私の代わりに叱られてしまった作業員の方には申し訳ない事をしてしまいました。

作業員の方々へは最後に
ペットボトルのお茶とコンビニお菓子を渡しました。

最後までいい笑顔でしたね。
 
 
 
 
駐車スペースの件で一悶着ありましたが、
全体的に見て100点だったんじゃないかなと思います。
 
 
一概に全てがいい人!

と言い切ることは出来ないとは思うのですが、私は運が良かったのか電話の対応をしてくれた方から営業さん、当日の作業員の方すべて笑顔でハキハキと対応してくれて嫌な思いや不安な思いは全くしませんでした。

夫が入院中でひとりでも大丈夫かしら…

と不安いっぱいでしたが、終わってみれば満足だった!と言えます。

夫は約1年の入院を経て無事に退院し、
今は子供も授かり家族3人で暮らしています。
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/1
https://hikkoshi-chie.com/archives/43