この記事の所要時間: 745

引っ越し体験談




神奈川県 30代女性M・Hさん
この引っ越しの点数は20点!

A-gakkari

限界を超えた重労働…自力で引っ越しはもうしません。引っ越し業者に頼むべき

この引っ越しからの教訓
引っ越しは、やっぱり引っ越し業者に頼むべき!自分たちでやるには限界がある…



最寄駅は同じで同じ市内。
とても近い場所にあるアパートからマンションへの引っ越しでした。

この引っ越し、最低最悪の引っ越しでした…


その前の引っ越しは東京から神奈川への長距離。
もちろん、引っ越し業者にお願いしています。

ただ、今回の引っ越しは徒歩で15分もかからないくらいの距離です。



もともと住んでいたアパートは、新築でとても気に入っていました。

引っ越すつもりなどまったくなくて、
その部屋に合う家具を色々と買い揃えていました。

結局は、住んで1年もたたないうちでの引っ越しとなりました。


大きい家具もあるし、荷物も多い。
楽な引っ越しではないとわかってはいましたが、距離はすごく近い。

高い金額を出し、引っ越し業者の大作業
は気が引けてしまい、自分たちで自力引っ越しをしようと。

地道な超アナログ引っ越し作業が始まりました。



最悪な引っ越し…

そもそも、そのアパートからマンションまでは
自家用車と自家用車がすれちがうのもやっとの道幅。

大きなトラックが通るような道幅はなく、
何れにしても引っ越し業者のトラックは無理なのではないかという話にもなったのです。

しかし、この判断こそが、「最悪な引っ越し」の始まりだったのです。


自分たちでなんとか運搬をするといっても、
我が家には車がなく、運ぶ手段と言ったら自転車くらいのもの。

一度に沢山の荷物を運ぶのは無理。
更にはベッドや冷蔵庫の大物…絶対無理!

ということで、顔見知りの八百屋さんに
軽トラックを借りる話を付け、一日だけ手伝ってもらうことになりました。


小物だけは何とか全部運びたい!
衣料品もインテリア雑貨もすべて自力で運び出しました。

これにかかった時間が、実に1か月。
夫婦共働だったので、全ての休日と夜中を使って運び出していました。


夜逃げか?泥棒か? 自力引っ越し

その姿は、夜逃げか?泥棒か?
きっと不審がられていたことと思います…

自転車に洋服を積み上げて行き来したり、台車にアルバムを乗せて運んだり。
夜逃げか?泥棒か?…昭和スタイル…


お皿は包んで運ぶのが面倒だったので、
タオルに包んで運んだりと、いろいろと工夫しながら運びました。

しかし、大物を最後にしてしまったため、
新居にそれらをしまう家具はなく、床に山のようにものが置かれるという事態になっていきました。


そしていよいよ引っ越し当日。

八百屋さんにお借りした軽トラック1台。

年老いた八百屋さんのご主人、私の両親、
旦那と妹夫婦という力持ち不在なメンバーでの引っ越しとなりました。


大変!困った…

それは、それはもう死闘でした…

早朝から始まった引っ越しは、夜遅くまで続きました。
大変だったのはマンションまで運んでから、4階の新居まで運ぶ作業です。


幸いエレベーターはありましたが、私の部屋は角部屋。
エレベーターからおりたら、2つの曲がり角を曲がらなければなりません。

直線なら台車で楽に行けたと思うのですが、
この2つの曲がり角が、魔の曲がり角が非常に困難を極めました。


台車は曲がれない!
持っても人が邪魔で上手く曲がれない!

うまくいかないことでイライラはつのり、
怒号が飛び交うといったカオスな状態…


頭に来たーーー!

色んな所にガンガンぶつかるし、上手に運べない…
事態は進展しないのに時間だけが過ぎていく…

予想していた時間を軽くオーバーし、
ようやくすべてのものを家の中へと運び入れました。

やはり、引っ越しのプロでないと、
「素人が頑張って」の自力引っ越しには限界があると痛感しました。


しかし、最悪の引っ越しはまだまだ続きます。

それまでにせっせと運んでいた小物類たち。
これらを片付ける作業が、その後夜中まで延々と続きました…



この引っ越しの点数は…20点です。



良かった点は引っ越し先が近かったこと、
そして、引っ越し代がほとんどかからなかったこと。

かかったのは八百屋さんへのお礼代くらいのものでした。


もう自力引っ越しはコリゴリ

しかし、あまりにも限界を超えた重労働に
気力、体力、人を思いやる気持ち、すべてを奪われました。

また、時間もとてもかかり一日では引っ越しが終わりませんでした。
これらの点を踏まえて20点です。


今回の引っ越しを終え学んだことは、
引っ越しはちゃんと引っ越し業者にお願いするということです。

どんなに荷物が少なくても、どんなに近い距離でも
引っ越しはプロの方に頼むのが一番です!


それに払うお金を出し惜しみしても、
何の得にもならないのだということがわかりました。

もう引っ越しは正直こりごりですが、
もし引っ越しする機会が訪れたら、私は必ず引っ越し業者に頼みます。

もう自力での引っ越しは、絶対にしない!と心に誓いました。




最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら