この記事の所要時間: 524



宮城県30代女性C.Hさん
この引越しの点数は60点!

C-gakkari

その理由は、早めに荷造り・断捨離をしていたが結局間に合わず、最後は全部ダンボールに詰めて引っ越し。引っ越し先で処分するのが大変だったからです

この引っ越しからの教訓
無理をせず、手伝ってもらえるところは手伝ってもらう!




旦那の兄が不動産関係の仕事をしていて、そこから紹介してもらった引っ越し業者を利用しました。

とても親切で、不用品を処分したいと話をしたら、
つながりのあるリサイクルショップを紹介してくれたので、探す手間が省けて助かりました。





賃貸マンションから旦那の実家への引っ越しです。

最終的に鍵の受け渡しや、壁の傷やフローリングの傷汚れ等の退去チェックが入ることになっていたため、家で義理両親が荷物を受け取ったりしてくれていたので非常に助かりました。




ただ、本当に荷物が多すぎて…

用意していたダンボールも足りなくなり、
スーパーに大きめのダンボールをもらいに行ったり…

なんとかやっとで荷物を詰めた感じになりました。

洋服もハンガーにかけていたのが多かったため、ハンガーラックのダンボールに入らず苦労しました。




普段からの断捨離が大事!!
必要ないものは日頃から処分しておく

そうしないと、何かの時に困ると実感しました。

使うだろうと取っておいたものも、
一年以上使っていないものはどんどん処分した方が良いと思います。



それでも旦那と2人分の荷物で、
大きいものはテレビや洗濯機、掃除機ソファー、テーブルくらい。

あとは洋服とかキッチン用品など、
細々したものだったので小さいトラック1台で対応できました。

どうしてもダンボールに入りきらなかったものに関しては、自分たちの車に積んで運びました。引っ越しは同じ区内だったので、車で20分〜30分程度のところでした。





引っ越しの挨拶は、
大家さんにだけ気持ち程度のお茶菓子を持っていきました。

普段から隣近所との付き合いもなかったし、
あまり会うこともなかったので、大家さん以外には挨拶はしませんでした。

他の人も引っ越しの挨拶とかは全くなかったので、特に気にせず…。

隣近所の付き合いがなかったのは、
それはそれで私としてはとても生活がしやすかったです。




ネット等、引越しの手続きは旦那に任せました。

私も仕事をしていたし、
お腹も大きくなっていたので荷物をまとめるのでいっぱいになっていたのもあったからです。

コールセンターに電話したり、
平日しか連絡つかないところには、仕方ないので平日仕事の休憩中に私が連絡とったりしました。

とにかく、抜けがないようにだけチェックしながら解約等の手続きを進めました。




引っ越し業者

また、引っ越し業者さんに謝礼は渡していません。

最初に引越し業者の担当者さんから

謝礼とか飲み物とかはいらないので出さない下さい

と話があったからです。


なので、
それが仕事だと割り切っておつきあいし、お礼の言葉しか伝えていません。



引越しの荷物をまとめる際には、
自分の親や親戚、義理両親から手伝いの連絡が入った。

正直、自分一人でのんびりと進めたほうが楽ではあったし、見られたくないものとかもあったから、一人のほうが気楽だな〜と感じてはいたのですが…

せっかくの気持ちだったので、
自分の親と叔母にはある程度荷物を詰め終えて、残すは掃除とゆう最後の方に来てもらい手伝ってもらいました。

換気扇とかお風呂掃除など出来ないわけではなかったが、お腹の子のことを考えると無理しないほうが良いと判断してやってもらいました。




義理の両親には、食器類やキッチン用品を仕分けながら包んでもらい、先に車で持っていってもらった。

自分一人である程度動けていたが、
無理せず手伝ってもらったことで引っ越し作業があまりストレスに感じずにいられたと思う。

頼みの綱の旦那が出張続きだったので、
一人でやっていたら焦ったり、イライラしたりして赤ちゃんに良くなかったと思う。

無理をしない。
手伝ってもらえるところは手伝ってもらう。

感謝すると共に、そういうことの大事さを改めて学んだ。




引っ越し完了!

あと、今回引っ越しして感じたことは…
旦那があまりにもゴミの分別の知識がなく、びっくりしたこと。

明らかに可燃ゴミなのにプラごみの袋にどんどん入れて、それを注意すると

関係ないよ持っていってくれるよ

とあっけらかんとしていた。



私が言っても全く聞く耳持たず。
そのままゴミに出して結局持って行ってもらえず。

きちんと分別するようにと
シールが貼られてゴミ捨て場に残っていました。

私の方が恥ずかしくなり、誰も見ていないのを確認し、重いゴミ袋を階段をつかって部屋まではこび結局私が分別をしました。



その時は本当にイライラの気持ちと
恥ずかしい気持ちとショックな気持ちが入り混じって、旦那が帰って来たときに話をした。

旦那はごめんと謝ってくれたが、
今後はきちんと分別できるように指導していかないといけないと思った。

喧嘩にまではならなかったが、家庭内で起きたプチハプニングでした。



引越しの一括見積もりはココ!
もっとも条件の良い業者、また引越し費用を安く抑えるには、

複数社から見積りをとることは必須です!


そして、見落としがちなのは見積りをとった後。
仕事熱心な営業さんほど、当然コンタクトを取ってきます。


何社もの営業さんとやりとりする時間がない
お断りするのは苦手



費用は抑えたいけど、
業者とのやりとりは最小限にしたい

と言う方は、ぜひ「引越しラクっとNAVI」を試してみてください。







いやいや、ちょっと待った!

確かに業者とやりとりするのは大変だけど、電話での対応も含めて業者を決めたい!

と言う方はこちら。

大手引越し業者から地域密着の業者まで、全国220社と提携している「ズバット引越し比較」




↓すぐに見積もり、料金比較ができます↓

日本最大級! 210社以上の引っ越し会社からまとめて一括見積り! 最大50%OFF

現住所の郵便番号
郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人人 子供
ヘルプ

参加業者一覧

※上記に表示しております参加業者数および、参加業者は2013年8月時点のものになります