この記事の所要時間: 559

大阪府在住 30代女性しゃきさんの引越し体験談

大阪府在住
30代女性しゃきさん

この引越しの点数は50点です![chat face=”woman3″ name=”しゃきさん” align=”left” style=”type1″]余裕かな!と、引っ越しギリギリまで普通通りの生活をしてしまいました…[/chat]

しゃきさんの体験談 教訓

其ノ一.引っ越し準備は早めに!計画的に!

 
 
引っ越し理由は結婚の為です。

三重県の単身アパートから大阪府の集合住宅に移りました。


 
三重県の住んでいた地域には仕事の関係で長くて3年だけいる予定でした。

なので、エアコン・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・ガスコンロ・テレビ・ベット・机など家具家電のほぼ全てがレンタルでした。
 
 
自分の物だった家電と言えば、炊飯器・掃除機・電気ストーブくらいです。そんな感じだったので、引越し業者は使わずレンタカーで荷物を運びました。

手伝ってもらったのは両親で私含め3人。新居には主人が待機して積荷を降ろし開封する作業を手伝ってもらいました。
 
 
 
直近まで仕事をしていたのもあって、
なかなか梱包作業が進まず梱包を全て終えないまま引越し日になりました。

まあ、大丈夫かな
 
 
と、軽い気持ちで考えていたので、
引っ越しギリギリまで普段通りの生活をしてしまいました。

荷物は少ないと思っていましたが案外と多く…(独り身でも3年経つと荷物が増えるのですね…)

借りていた車に何とか詰め込んで、ギリギリ一度で運べる量になりました。
 
 
 
 
梱包でやっておいて良かったことは、
ダンボールに何が入っているか、どの部屋で開封する予定なのかを書いておいたことです。

自分だけでなく手伝ってくれる人にも分かりやすく指示もしやすかったです。

また、ガムテープの端を少し折っておくと開封する時にガムテープをめくりやすいです。
 
 
 
引越しのゴミは厄介!

困ったのがゴミの処理です。

ゴミの分別や出す曜日に厳しい地域だったので、3日前でも捨てたくても捨てられないゴミがたくさん出てしまいました。捨てられる曜日を確認して、計画的に捨てれば良かったのですが…。

仕方がないのでゴミも持って退去することに。
そのゴミせいもあって車がパンパンになったのです。
 
 
特に大きいゴミはベット用のマットレスです。

新居では布団で寝ることになったので処分することに…。

ゴミごと持っていくのもあれだったので両親には申し訳なかったのですが、引越し先に向かう途中に実家があったのでゴミは実家で処分してもらいました。
 
 
 
 
また、掃除には時間がかかりました。

きれいにしていたつもりだったのですが、見えないところに汚れがたくさん付いていました。家電製品の下や裏側など埃がつもるだけでなくこびりついていたので取るのに時間がかかりました。

レンジフードも表面上はきれいでしたが、
3年間解体して掃除したことがなかったので油と埃の汚れがすごかったです。
 
 
 
梱包で時間がかかったのは食器類です。

枚数は少なかったのですが、1枚1枚衝撃緩和材で包むことが手間でした。

厚みのある衝撃緩和材でしたので枚数が少なくても倍以上のボリュームになってしまい荷物がかさばる原因の1つになったのかなと思います。

包んでから広がらないようにテープで止めていましたが開封作業がテープを外す動作が増えたのて面倒になりました。今思うとダンボールにきちきちに詰めるので広がる心配もなかったのでテープは必要ありませんでした。

割れないように丁寧にしすぎたかな?

新聞紙程度の紙で包んでも大丈夫だったのかもしれません。
 
 
 
食料品は前もって在庫を調整し、極力持っていくものを減らしました。2日前からはほぼ出来合いのものを食べていました。

普段自炊はしていましたが、収納スペースも狭く一人暮らしだったことや、もともと在庫が少なかったのでほぼ調味料だけで収まり廃棄するものもありませんでした。

車への積み込み作業は、住んでいた場所が1階でベランダの前に駐車場があったので玄関からではなくベランダの窓から直接車へ積み込めたので比較的楽にできました。

積み下ろし作業は駐車場から部屋まで少し距離がありましたが台車があったことや大型の荷物がなかったこともありスムーズに行えました。
 
 
 
引越しの挨拶は?

住んでいたのは単身アパートの角部屋。

お隣さんと会うことも年に2、3回程度でしたので、引っ越しの挨拶はしませんでした。

同じ階にデイケアの会社が入っており、
小さなアパートだったので何かあった時の為にと入居時には引っ越しの挨拶をしていました。

ですが、引っ越す年にちょっとしたトラブル(先方が原因)があり、退去時は挨拶をしませんでした。引っ越し先には主人が先に引っ越して住んでいましたので、引っ越し先での挨拶はしませんでした。

ちなみに主人が入居した時に主人1人で両隣と向いに挨拶に行きました。
 
 
 
退去時の部屋の査定は、時間の都合もあり立ち会いはしませんでした。

またアパート経営者がリフォームの会社も兼業していたからか、入居時に現状復帰代を前払いしておりよっぽどのことがない限りそれ以上請求されることも、返還してくれることもなかったからです。

目立った傷や汚れがない状態での退去でしたので、結果的に前払いしていた現状復帰代のみで大丈夫でした。
 
 
 
今回の引っ越しに点数をつけるなら50点です。

理由は、もっと計画的に引っ越し準備を前もってやっておけば、当日は時間や手間がかからずに終えることができたなぁと思ったので。

引っ越し一週間前からはいろいろと我慢して(割り切って)梱包して行く必要があると思いました。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/807
https://hikkoshi-chie.com/archives/43