この記事の所要時間: 732

みんなの引越し体験談




大阪府 30代女性しゃきさん
この引っ越しの点数は50点!

C-gakkari

余裕かな!と、引っ越しギリギリまで普通通りの生活をしてしまいました…

この引っ越しからの教訓
引っ越し準備は早めに!計画的に!単身だからって油断しない!



三重県の単身アパートから、大阪の集合住宅に引っ越しました。
引っ越しの理由は結婚です。

三重には仕事の関係で住んでいて、長くて3年の予定でした。
エアコンやベット、机など家具家電のほぼ全てがレンタルでした。


レンタカーを借りて自力で運搬!

自分の物だった家電と言えば、炊飯器・掃除機・電気ストーブくらいです。

そんな感じだったので、引っ越し業者は使わず
レンタカーを借りて、自分たちで荷物を運びました。

手伝ってもらったのは両親と私を含め3人。
新居には主人が待機していて、搬入と荷解きを手伝ってもらいました。



なかなか進まない引っ越し準備

直近まで普通に仕事をしていたのもあって、
なかなか引っ越し準備が進まず、荷造りを終えないまま引っ越し日になりました。

まあ大丈夫!楽々でしょ…単身だし。

と、軽い気持ちで考えていたので、
引っ越しギリギリまで普段通りの生活をしてしまいました。



荷物は少ないと思っていましたが、
思い込みだけで実際には多く…(独り身でも3年経つと荷物が増えるのですね…)

借りていた車に何とか詰め込んで、ギリギリ一度で運べる量になりました。


荷造りの時にやっておいて良かったことは、
ダンボールに何が入っているか、どの部屋で開封する予定なのかを書いておいたことです。

自分だけでなく、手伝ってくれる人にも指示をしやすかったです。

また、ガムテープの端を少し折っておくと
開封する時にガムテープをめくりやすいのでおすすめです。



家電の処分は大変!

困ったのがゴミの処分です。

ゴミの分別や出す曜日にとても厳しい地域で、
3日前でも捨てたくても捨てられないゴミがたくさん出てしまいました。


捨てられる曜日を確認して、計画的に捨てれば良かったのですが…。
ここでも準備不足のしわ寄せ。

仕方がないのでゴミも持って退去することに。
そのゴミせいもあって車がパンパンになりました。


特に大きいゴミはベットのマットレスです。
新居では布団で寝ることになったので処分することに。

ゴミごと持っていくわけにもいかず…

両親には本当に申し訳なかったのですが、
引っ越し先に向かう途中に実家があったのでゴミは実家で処分してもらいました。


部屋の掃除も一苦労…

また、掃除には時間がかかりました。

きれいにしていたつもりだったのですが、
見えないところに汚れがたくさん付いていました。


家電製品の下や裏側など埃がつもるだけでなく
かなりガッチリとこびりついていたので取るのに時間がかかりました。

レンジフードも表面上はきれいでしたが、
3年間解体して掃除したことがなかったので油と埃の汚れがすごかったです。


荷造りで大変だったのは、やはり食器類です。

食器の数自体は多くありませんでしたが、
1枚1枚を緩衝材で包んでいくのはかなりの手間でした。



台所、キッチンの荷造り

厚みのある緩衝材で枚数は少なくても
倍以上のボリュームになり荷物がかさばる原因の1つになったのかなと思います。

緩衝材が広がらないようテープ止めしましたが
荷解きの時にテープを外す動作が増えたのて面倒になりました。


今思うとダンボールにきちきちに詰たので
広がる心配は必要なく、テープ止めは無駄な作業でした。

新聞紙程度の紙で包んでも大丈夫だったのかもしれません。


食料品は前もって在庫を調整し、極力持っていくものを減らしました。
2日前からは出来合いのものを食べていました。

普段は自炊をしていましたが、一人暮らしだし、
もともと在庫が少なかったので、ほぼ調味料だけで収まり廃棄するものもありませんでした。


旧居での荷物の積み込み作業では、
ベランダの前に駐車場があり、ベランダの窓から直接車へ積み込みました。

新居への荷物搬入では駐車場から部屋まで
少し距離がありましたが、大型の荷物がなかったので台車を使ってスムーズに行えました。


三重の旧居は単身アパートの角部屋。

お隣さんと会うことも年に2〜3回程度で、
退去のときの引っ越し挨拶はしませんでした。


同じ階にはデイケアの会社が入っており、
何かあった時の為にと、入居時には引っ越しの挨拶をしていました。

ですが、ちょっとしたトラブルがあり、退去時には挨拶をしませんでした。
また、引っ越し先には主人が先に住んでいたので、こちらでも挨拶はしていません。

ちなみに主人が入居した時に、主人が両隣とお向いさんに挨拶に行きました。



引っ越し先の新居

退去時の部屋の査定は、時間の都合もあり立ち会いはしませんでした。

アパート経営者がリフォーム会社も兼業していて、
入居時に現状復帰代を前払いにて支払いをしています。


よほどのことがない限り、請求も返還もなかったからです。

目立った汚れがない状態の退去でしたので、
結果的に前払いしていた現状復帰代のみで大丈夫でした。


今回の引っ越しに点数をつけるなら50点です。

もっと計画的に引っ越し準備をやっておけば、
当日は時間や手間がかからずに終えることができたなぁと思ったので。

引っ越し一週間前からは、引っ越し優先で準備を進めていく必要があると思いました。




最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら