この記事の所要時間: 650

長野県在住 40代女性りんごおばさんの引越し体験談

長野県在住
40代女性りんごおばさん

この引越しの点数は50点です![chat face=”woman1″ name=”りんごおばさん” align=”left” style=”type1″]思わぬ予算が発生し、結局高くついてしまいました…[/chat]

りんごおばさんの体験談 教訓

其ノ一.単身パックはイイ!でも…
其ノ二.ゴミ処分はよく考えて!

 
 
初めての一人暮らしから20年…
先日数年ぶりに引越しをしました。
 
 
人生で5回目の引越しです。


 
今回は家具の少ない引越しだったので「ヤマト単身パック」と宅急便を併用しました。

梱包や搬出入が大変な大きなものは単身パックで、日用品など段ボールに入るものは宅急便個口で送ろうという作戦です。
 
 
さて、これでいくら予算縮小できるのか?

単身パックの使い勝手やいかに?
 
 
 
 
まず、単身パックはさすが引越し屋さん!

コールセンターの事前見積もりや連絡も、何一つ不安ありませんでした。必要なものを必要なだけ、実に合理的です。

担当のお兄さんに聞いたところ、
搬出は引っ越し作業を請け負うグループ会社が担当し、荷物を載せたカートを宅急便の荷物と同時に輸送。

センターで搬入を請け負うグループ会社に再度引き渡す、という方法で輸送コストを削減しているそうです。
 
 
なるほど、値段は赤帽並みに安い。

距離のある引越しなら、単身パックかなり料金お得です。
 
 
 
初めての利用だと想像がつかなかったので、Web見積もりでカートに詰める容量がもう少し分かりやすいと良いのですが。まぁその辺はコールセンターからの電話でフォローしているという感じでした。

また、当日は家電等の保険手続きから運び出しまで、何もかもてきぱきと時間通りに進めてくれました。

地域差もあるのかもしれませんが、
前回の引越しの時とは大違いのスムーズさ!この数年で引越し屋さんのオペレーションも随分と進化したものだと感心いたしました。
 
 
 
現場は結局人力で行う作業ですので、
担当の作業員さんのお人柄や作業能力が高かったのかもしれません。

対応の受け答えも良く連絡も迅速で作業も手早い、実に感じの良い作業員さんでした。

単身パックでしたが、非常に気持ち良く運び出しの日を終えることができました。
 
 
 
引越し体験談 引越し業者選び

搬入も滞りなく。

洗濯機の設置だけはお願いしましたが、
大型の家具が殆どなかったので早いものです。

運び出しの時同様、少ない荷物でしたが
壁や床の養生もきちんとやってくれたので安心でした。

こちらもお人柄の良い作業員さんで、とても感じよく対応してくれました。
 
 
 
家の中に関わることですので、
感じよく安心して任せられる人に越したことはありませんね。

ニコニコ朗らかに作業して頂くと、本当に気持ち良いものですね。

依頼金額やサービス内容的に心づけを渡す感じでもなかったので、移動の合間や休憩時間に利用して頂けるよう、缶・ペットボトルの飲料と小さなパックのお菓子をお渡ししました。

これについては、心づけ以外だと実際どんなものが嬉しいのか、作業員さんのリアルな声をいつか聞いてみたいですね。
 
 
 
そして、今回の引越しでは小物類を
宅急便で送るという方法をとってみたのですが、こちらは予想に反して酷いものでした。

食器や小型家電はきちんと緩衝材に包み、
箱の中で動かないようにして送ったのにも関わらず…

破損がかなりありました。。。
 
 
20箱中2箱の食器・小型家電が
大きく破損しており、新品でないものは補償対象にならないとの対応。

以前、大型の荷物には定評のある他社を利用した際には問題なかったので、今回は個人客に定評のあるY社だから大丈夫だろうと思っていたのですが…。
 
 
 
引越しシーズンでもお中元・お歳暮繁忙期でもなかったのに、残念ながらこちらは年月とともにサービス劣化していたようです。それとも地域差があるのでしょうか。

ドライバーさんはとても感じの良い方だっただけに、いやはや本当に残念。

大切なものを送るときは今後はちょっと考えないとな…

と、昨今の物流業界のニュースを思い出し憂鬱な気分になりました。
 
 
他人から見ればガラクタでも、
本人にとっては金額に代えられない大切なものを送ることもあるのです。

値上がりした挙句サービス劣化とあっては、人間よりロボットの方が信頼できるわ、というAI化の流れが加速しちゃうかもしれませんね。
 
 
 
さてさて、今回の引越しでは初体験がもう一つ。

それは家電家具類の処分でした。
 
 
 
家電の処分は大変!

購入から結構な時間がたっており、
どうせなら引越しとともに買い換えようということで殆どの家財を処分することに。

「処分するだけ」と簡単に考えていたのですが、これが一番の難関でした。

時間がそれほど取れなかったので、
まずはまとめて回収してくれる業者探しから。

都内に業者は数あれど、怪しそうなところもちらほら…。

HPで検討をつけて電話してみても、
対応が悪かったり見積もりがはっきりしなかったりと、中々スムーズにはいきませんでした。
 
 
 
また、処分量が多かったため一度の依頼では回収しきれず、再度お願いしたりと、時間も予算も思っていた以上にかかってしまいました。

額でいうなら、当初の予定の倍以上かかってしまい、引越し予算トータルとしては通常の引越しより高くつく羽目に。


ゴミの処分にこれだけのお金がかかるのか…

 
 
と何だか合点がいきませんでしたが、しょうがありません。世知辛い世の中です。

中でも対象廃棄物(家電4品目)の処理費用はかなり高額でしたので、今後は引っ越しのタイミングではなく、買い替え時のサービスを利用するなどよく調べてからにしないと!と反省。

時間があればレンタカーを借りて
自分で持ち込み処理すると、依頼した金額の1/4程の出費で済みます。

これは盲点でした。
 
 
 
自分でトラックを借りるのでもない限り、まともな引越し業者に依頼するのが予算も荷物も安心、ということがよく分かった今回の引越し。

餅は餅屋といいますが、その通り。
(宅急便サービスも、餅屋なら品質を安定させてほしいところですが 苦笑。)
 
 
また、ゴミの処理問題については、非常に考えさせられました。

ミニマリストとはいきませんが、
物を減らす生活、買わない生活を心がけようと思います。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/807
https://hikkoshi-chie.com/archives/43