この記事の所要時間: 96

みんなの引っ越し体験談




福岡県 30代女性ninaさん
この引っ越しの点数は100点!

D-manzoku

いろいろ問題もありましたが、ひとの温かさを感じることができた良い引っ越しでした

この引っ越しからの教訓
人の協力があってこその自力引っ越し!人の温かさ、やさしさに感謝!



実家暮らしだった私が、一人暮らしをすることにしたときの引っ越しの話です。
それまでにも親の都合で、何度も引っ越しは経験してきました。

ですが、自分一人での引っ越しは初めて…

何をするにもわからないことだらけで、
友人や家族にアドバイスをもらいながら、引っ越し準備を進めていきました。


電話で問合せ

少しでもお金を節約したかったので、
まずは複数の引っ越し業者を調べて比較しました。

料金に差はあれど、もっとも安い業者でもやはりそれなりにかかる…
悩みに悩んだ末、自分で自力引っ越しすることに決めました。



引っ越し先は実家と同じ市内で、距離も近い。
何回か往復して運べば私の軽自動車でも運べるだろうと。

ところが、ここで嬉しい誤算!

自力引っ越しを手伝ってくれる友人が軽トラを用意してくれました!

私が自力引っ越しをすることを知って
手伝いを申し出てくれた彼氏と友人が、軽トラックを借りてきてくれました。


同じ市内で引っ越し距離も近いと言えど、
軽トラックと軽自動車では積める量が全然違います!

彼氏と友人には本当に感謝です。


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較業者比較の前にまずは見積もり!無料で一括見積もり


しっかり荷造りを済ませ迎えた引っ越し当日。
3人の助っ人とともに荷物の積み込みを開始。

埃アレルギーの彼氏が、くしゃみと鼻水が止まらなくなる…
そんなトラブルはあったもののスムーズに作業は完了し転居先へ。


一戸建てから賃貸アパートへの引っ越しで、
荷物は荷造りのときに断捨離をして大幅に減らしてきたし…

とりあえず室内に入れてしまうだけなら
そんなに時間はかからないだろうと思ったのですが…

まさかの問題が発生しました!
搬出は問題なかったベッド…新居の入口から入らないのです。


4人も居て全員引っ越し経験者なのに、
一戸建てとアパートの間口の違いをうっかり誰も考えていなかったのです。

とりあえずベッドは一度トラックに戻し、
どうしようかと考えながらそれ以外のものを運び込みました。


全ての搬入が終わり、残るはベッド…
アパートの部屋は二階なのでベランダからは無理。

真夏の炎天下の中の作業で汗だくの友人たち、
これ以上付き合わせるのも申し訳なかったので「実家に戻して、粗大ごみに出す」と決めました。

ですが、友人のうちの1人が

男性 夫

捨てるのは勿体ないし、どうせ捨てるつもりならやれるだけやってみようよ

とベッドを解体することを提案してくれました。


さっそく解体に取り掛かりましたが、私のベッドは木枠のはめ込み式。
組み込んだ後に接着剤で止められいて、ちょっとやそっとの力ではびくともしません。

てこの原理やハンマーなどを使い、
ああでもないこうでもないと試行錯誤すること約一時間。

ついに、ベッドは綺麗に解体されました!
どこも割れたり折れたりすることもなく…苦労したかいがありました。


暑さでフラフラになりながらも、達成感で妙にハイになった私たち。

でも、無事に部屋の中まで運び込み、
再度組み立て終わると一気に力尽き、床に倒れこみ数分間動けませんでした。


しばし休んだのち、友人たちにお礼の食事を御馳走し解散。

先ほどまでの慌ただしい喧騒はどこへやら、
一人の空間はあまりにも静かで、さみしく心細さを感じました。


荷ほどき

ですが、いつまでも感傷に浸っているわけにもいきません。
さっそく運び込んだ荷物のほどきを始めました。

部屋のレイアウトはある程度考えていたので、
荷ほどきと片付けは順調に進み、新たな自分だけの居住空間が完成。

少しのさみしさと解放感が入り混じった、不思議な気持ちを今でもよく覚えています。



引っ越し挨拶

引っ越し作業が全て終わり、次はご近所さんへ引っ越し挨拶に行くことにしました。

ネットで調べたところ、単身者アパートでは
引っ越し挨拶をしないことが多いと見ましたが、私は両隣と下の方には挨拶をしようと決めていました。


用意していたお菓子を持ってまずは右隣を訪ねるも不在。
左隣は大学生くらいの女性が出てきたので

D-futu

隣に引っ越してきた者です。これからどうぞよろしくお願いします

と挨拶すると

B-gakkari

はぁ…

と怪訝そうな顔…

続いて下の部屋へ。こちらは大学生くらいの男性でした。
同じように挨拶すると

男性影1

あー、ども

と微妙なリアクション…


単身者用で特に大学生が多いアパートでは、
やはり引っ越しの挨拶をする人はいないのでしょうか?

二人の冷めた対応に少し悲しい気持ちになって、自分の部屋へ戻りました。


初めての一人暮らし…不安


初めての一人暮らし。

不安だった気持ちがますます大きくなり、
泣いてしまいそうな状態でしばらく壁を見詰めていました。


そのうちに不在だった右隣の方が帰宅…
勇気を出して再度訪問。

するとこちらは20代前半くらいの女性で、

A-futu

わざわざご丁寧にありがとうございます。
これからよろしくお願いします。何か気になったことがあれば言ってくださいね

大変だったけど満足の自力引っ越し

その温かい言葉にそれまで沈み切っていた
気持ちも一気に吹き飛び、これから頑張っていこうと思えました。

単純ですが、あの時の私は彼女の言葉と笑顔に本当に救われた気持ちでした。


環境が変わって、しばらくはあまり眠れないかも…

などと心配していたのが嘘のよう。
心身ともにくたくたに疲れ果て、これまでにないくらぐっすりと眠ることができました。

とても疲れた自力での引っ越しでしたが、
事故や怪我もなく、無事に終えることができ満足の引っ越しでした。


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較業者比較の前にまずは見積もり!無料で一括見積もり





最も安い引っ越し業者の見つけ方!費用を半額にする6つの極意

とにかく安く、引っ越しを済ませたい!

引っ越しが決まり、まず考えることは業者の選定。

しかし、いざ調べて見ると
多くの引っ越し業者があることに気づきます。


A-gakkari

最も安い引っ越し業者はどこ?
どこを選べば安くできるの?

と、引っ越し業者を探している段階で

引っ越し業者のサービスを比較したり
口コミを見たりしていませんか?



残念ですが…見積り金額が無いときに
業者を比較しても、全く意味がありません!

相場の金額を知っても、意味がありません!

見積り金額が無い中で
業者の比較サイトや口コミをいくら見ても
時間を無駄にし、お金を無駄にするだけです。


遅かれ早かれ、見積りは必ずする事、
比較検討をするのは見積りをとった後です。

なぜなら…


続きはこちら


最短1分でわかる!まずは無料で料金比較引越し侍



引越し体験談



引越し体験談はこちら