この記事の所要時間: 620

群馬県在住 30代女性たけちゃんまん21さんの引越し体験談

群馬県在住
30代女性たけちゃんまん21さん

この引越しの点数は80点![chat face=”woman3″ name=”たけちゃんまん21″ align=”left” style=”type1″]大きなトラブルはなく丁寧に対応してくれたが、最後に破損があったので…[/chat]

たけちゃんまん21さんの体験談 教訓

其ノ一.妊娠中なら、お任せパックも検討に入れる!
其ノ二.アートさんの対応、仕事に概ね満足!

 
 
夫の単身赴任先に引っ越しをしました。

引越しは早めに決まっていましたが、はっきりとした時期が決まらず…
急きょ日取りが決まったタイミングで、引越し業者の見積りを取ることに。

会社の福利厚生で安くなる業者3社に個別に連絡し、後日家に見積もりを取りました。


 
正直こだわりは特になかったので、
一番最初に連絡をくれて最も早く来てくれたアート引越センターに即決。

割引もしてくれたし、対応に問題もなかったのでそのまま決めました。
 
 
 
 
引越し日は繁忙期を避け、2月の平日(月曜日)で予約をしました。
時間も融通が利き、割引もしてくれてとても良かったです。

同内容を3月末の土日でお願いすると
価格が3倍以上違うようなので、平日でできるのであればリーズナブルだと思いました。

今回の転居は夫の会社の社宅間の移動だったため、不動産屋さんとの手続きは行っていません。

全ての手続きは会社でしてくれましたが、
こちらも書類を書いて出すだけなのでさほど手間はかかっていないようです。

カギは退去時にオフィスに立ち寄り交換したので、とても楽でした。
 
 
 
 
アートさんで引越し!

夫婦2人分の引っ越しだったため、
梱包は自分たちでして価格を抑えることにしました。

ですが、私が妊娠8ヶ月のタイミングだったため、思っていた以上に動けず大変でした。
かつ、夫は単身赴任で週末しかいないため、梱包に一苦労。

妊娠中はお金をかけてでも業者に梱包を任せたらよかったと思っています。
 
 
 
また、家族での引越しは初めてだった為、荷物が多く時間がかかることを初めて知りました。

前の家には6年ほど住んでいて、
共働きでほぼ家にいなかったはずなのに、あっという間に荷物が増えていてびっくり。

日ごろから不要なものは捨てたり買わないようにするのが大事だと思います。
 
 
引越しに伴い、私はメルカリなどのフリマアプリも活用しました。

使った途中の化粧品や、要らない雑貨、
衣服など「捨てるしかない!」と思っていたものがすぐに売れて助かったし楽しかったです。
 
 
 
 
アート引越センターの売りのひとつに、
食器を梱包せずに詰められる食器用専用BOXがありました。

しかし、実際に使ったのですが

とても使いづらい!
 
 
なぜなら、食器の大きさがマチマチだし
BOXに合わないものも多く、上手に使えませんでした。

結局梱包したものも多かったですし…

ただ、大人数の転居で同じ種類のお皿やお椀が数多くある場合は、たしかに梱包が面倒なので一気に入れられるBOXは便利なのかもしれません。

また使う機会があれば…
 
 
 
 
引越し前の手続き

引越しに伴う手続きは面倒だと思っていたけれど、今はネットでできるので想像していたよりもずっと楽でした。

かつ、隣県への移動なので
インフラ系は会社の変更なく、クリック一つで変更できたのもよかったです。

ちなみにネットはWiMAXなので手続き、工事は不要。これも楽でした。
 
 
転入届や転出届は、転居当日の前後3日以内に区役所・市役所へ。あらかじめ用紙を貰わなくてもその場で書いて出せるので問題ありません。

色々手続きがあったので、
エクセルにリスト化して管理していましたが、結局は引越し1週間前にほぼ一気に作業してしまった感じです。
 
 
 
 
また、転居に伴い大変だったのが妊娠・出産にまつわる手続きです。

妊婦健診の補助や転院等々の手続きの情報が少なく、転居1か月前に区役所に通って手続きを何度も調べていました。

さらに私の場合は里帰り出産(関西)ということもあり、各地で必要な手続きを事前に調べて進めるのが少し大変でした。
 
 
 
 
引越しの挨拶は転居前の週末に一気にやりました。

社宅だったため顔見知りも多く、丁寧にあいさつして回りました。

あらかじめネットでクッキーを15世帯分購入し配布。妊娠中で動けないのもあり、ネットショップでの購入は家まで届くので楽でした。

熨斗もつけてくれて、包装紙も選べるうえに価格も手ごろで便利です。
 
 
 
 
アート引越しセンターさん

そして引越し当日。

埼玉県から群馬県への引っ越しで、朝8時からスタートし、夕方16時には一通り終了。1日ですべて完了でき、思ったより時間は早く楽でした。

しかし妊娠後期の引っ越しは、とても体力的にきつかったです。

夕方にはお腹が張り、夫が気付いて座らせてくれました。それまで布団を持ったり普通に荷物を運んでいたので・・・。
 
 
 
 
アートのスタッフさんは埼玉、群馬とも現地のアルバイトさん。
皆さん若いですが動きが早く、助かりました。

しかし一つだけ悲しかったのが、家具に傷がついて破損したこと。
そして、それに気づいたのが最後の最後に点検していた時。

担当のリーダーは今まさに気付いたような顔をしていましたが、明らかに目立つ破損だったのでわかったはず。それなのに謝罪一つないのが悲しかったです。

価格も安くサービスを求めるのは違うのかもしれませんが、謝罪は欲しかったなと思います。
 
 
 
 
スタッフさんには最後、特に謝礼は心づけは用意しませんでした。

というのも、
あまり大掛かりな引越しではなかったのでいいかな?

ということで夫と相談し決めたからです。

真夏であればペットボトルのお茶など
その場で渡せるものを用意できる余裕があればしてもいいかな〜と思います。
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/1036
https://hikkoshi-chie.com/archives/43