この記事の所要時間: 540

千葉県 20代女性さくらたんさんの引越し体験談

千葉県
20代女性さくらたんさん

この引越しの点数は90点です![chat face=”woman3″ name=”さくらたんさん” align=”left” style=”type1″]その理由は、引っ越し準備をきちんと終わらせることができ、当日もスムーズに荷運びをしていただけたからです!
[/chat]

さくらたんさんの体験談 教訓

其ノ一.荷造りのとき、ダンボール置き場を決めておく
其ノ二.引っ越し挨拶の品物は消耗品がおすすめ

 
千葉県の同じ市内の中で引っ越しをしました。
夫婦二人での引っ越しです。

引っ越しはマンションの2階から一軒家へ。
持ち家を購入したことをきっかけとした引っ越しでした。

引っ越しの距離は6kmくらいです。


 
引っ越し自体は3回目なのですが、
やはり回数を重ねると経験がそれだけできて、少しずつ引っ越しのコツもわかってきました。

1回目の引っ越しは実家からの引っ越しだったので、両親も手伝ってくれたのでスムーズだったのですが、2回目の引っ越しはかなりひどかったです。

終わっていない荷造り。

徹夜でもそこら中に散らかる荷物たち。
 
 
業者さんが来てからも段ボールに詰め続けて、ご迷惑をかけてしまったことを覚えています。今回はそんな経験をもとに、計画的に荷造りをしていきました。
 
 
 
仕事は早めに休みをとっていたので、
休みの日は一日荷造りに費やし、段ボールの置き場所も確保しました。

この段ボールの置き場所というのは思っているよりも重要で、一か所にかためないとどんどんと段ボールの山がそこら中にできてしまい、引っ越しまでの生活に支障がでてきてしまうんです。

なので、狭い部屋でしたが
段ボールの置き場所をきちんと決めたことも、この引っ越しが成功した秘訣だったと思います。
 
 
 
引っ越しは準備が大事!

あとは、友達にごはんをごちそうするという条件で、荷造りの手伝いも頼みました。
自分ひとりでは絶対に間に合わなかったと思います。

なんといっても荷物の量が多い!

でも捨てるものも捨てた状態での多さだったので、ヘルプにきてもらえたことは非常に助かりました。
 
 
 
 
地味に時間がかかる台所の荷造りは特にでした。
食器や調味料、調理道具の荷造りはなかなかすすみません。

なぜなら自分でやっていると、

「まだ引っ越しまで時間があるから使うかも」

と後回しにしてしまうから。

友達にしまってもらえれば踏ん切りがついて、そこからコンビニ飯をはじめることができました。
 
 
 
また、引っ越しの荷造りでこれをしておいてよかった!と思ったのは、掃除機を荷造りせずに置いておいたことです。

これはかなり重要でした。

どんどん業者さんに荷物を運んでもらうと、出てくる出てくるホコリの塊。どこにいったのかと思っていたがらくたたち。

それらを、荷物を運んでもらっては吸って、がらくたをゴミ袋に投げ入れて、を繰り返すと、荷運び後の部屋のきれいさが全然違います。

これはとても重要で、
賃貸だと部屋の退去においての立ち合い検査がありますね。敷金の関係で。

あまりに汚いと心象もよくないし、
汚く見えるとそれだけ点数を引かれてしまう恐れがあります。

今回の引っ越しはこれを見越してのものだったので、敷金の引かれは0で、全額もどってきてくれることになりました。不動産屋さんからも「綺麗に使っていただいたみたいですね」とのお褒めの言葉をいただくこともできました。
 
 
 
 
引っ越し業者

今回の引越し業者の選び方ですが、
まずはネットの一括見積りサイトで見積もりを頼みました。

すると複数の業者から電話連絡がきて、訪問見積もりの予約をとりました。

4月の繁忙期だったこともあり、実際に連絡がきたのは3社くらいだったと思います。

そのうちの1社は前にも頼んだことがあり、そのときの引っ越しも良心的なお値段でやってくれたので好印象が残っていました。

またその業者さんに来てもらうと、営業マンの態度もよく、値段も相応の金額で提案、また、お値下げを交渉すると快く引き受けてくれました。
 
 
次に来てもらった業者さんは、
1社目が良すぎたのもありますが、営業マンの態度がどうしても気に入らず、提案金額も1社目の倍以上。

その場でお断りをいれましたが、お帰り頂いたあとに電話がきて、金額は下げてくれたのですが、それでも1社目には遠く及ばず、「○○に決めました」と具体的な業者名を伝えたところ、返事もなく電話をガチャ切りされてしまいました。

業者選びの上で、営業マンの印象はこうも大きな影響があるものだな、と実感した体験でした。
 
 
 
 
今回、引っ越し業者選びから不動産屋さんとのやり取りはすべて私がやりましたが、引っ越しの手続きは早いに越したことはありません。

のんびりしているとすぐに当日になってしまいます。
また、引っ越しの挨拶の準備はきちんとしておいたほうが良いと思います。
 
 
今回、購入した住宅への引っ越しだったのでなおさらですが、顔と名前を覚えてもらう一番最初のきっかけになります。

挨拶の品も迷いましたが、結局トイレットペーパーにしました。
食べ物は好みもでるから避けたほうが良いと思います。

トイレットペーパーや洗剤などの消耗品が一番無難でしょう。

私が実際にもらってうれしかったのはやはり洗剤とお米でした。
タオルも色をそろえてる人やこだわりが強い人もいるので避けたことがあります。
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/937
https://hikkoshi-chie.com/archives/43