この記事の所要時間: 66

愛知県在住 20代女性クッキーさんの引越し体験談

愛知県在住
20代女性クッキーさん

この引越しの点数は90点です![chat face=”woman2″ name=”クッキーさん” align=”left” style=”type1″]初めての引越しは、とても良い引越しでした!(^ ^)[/chat]

クッキーさんの体験談 教訓

其ノ一.家族や友人の助けは、とってもありがたい!!!

 
 
引越しをしたのは私が19歳の時です。

会社が用意してくれたレオパレスに住んでいましたが、隣人が毎晩のようにお祭り騒ぎ…

外国人だったらしく、
強烈なスパイスの香りに耐えきれず引越しを決意しました。


 
条件として、

・駅から徒歩15分以内であること
・近くに安いスーパーがあること
・駅からの道中は街頭が多いところ
・家に帰りたくなるような見た目が綺麗なところ

そして、家賃が6万円くらいのところ でした。
 
 
 
不動産屋を尋ねる前にインターネットでたくさん調べ該当することをピックアップ。
家族にその物件はどうか?と相談したりと下準備をして不動産屋を予約しました。

たまたま良い不動産屋の方と出会え、私が欲しがっている物件を次々と紹介してくれたり、私の増え続ける要望にも応えてくれたりと最善の物件を紹介してもらえました。
 
 
ただキッチンの場所が…

その1つだけが要望に合うところが空いておらず、そこだけが唯一残念でした。
 
 
 
私が引越した場所は、寸前まで他の居住者が入居していたため、似たような間取りの物件を内見しただけで実際に内見をせずに決めました。

家族からはそのことに対して不安の声が相次ぎました。

ですが、1ヶ月間不動産屋さんとやりとりをしていて、この人がすぐに連絡して来たことから信用して大丈夫だ!と思い、

ここにします!
 
 
と返事をしました。
 
 
 
家を決めるまでの話はここまでで、
ここからは引越しが決まって実際に入居するまでの話です。

家の方で何十万というお金が無くなることになったので、

引越しはなるべくコストを掛けずにやらないと!
 
 
と思い、色んなところでお金をかけない方法で引越し準備を始めました。
 
 
 
まず、引越しに必要なダンボールは会社の人に許可を貰い、必要な数だけ廃棄する予定だったものを家まで運んでもらいました。

毎日会社で出るほぼ綺麗な状態の廃棄ダンボールを、何枚でも無料で持って帰れたのでここのコスト削減は大きかったと思います。
 
 
 
家電

次に家具、家電です。

レオパレスにいた為、私は家具を持たずに既設のもので暮らしていました。家具、家電ほどお金を使うものは無かったので、引越しでの出費を覚悟をしていました。

ところが私が引っ越すちょうど同じ頃、
家族の一人も引越しをすることになり、それまで使用していた家具、家電を貰えることになったので、そこでも出費を抑えることが出来ました。

そのおかげで、結局自分で購入したものはこたつ ぐらいでした(笑)
 
 
 
荷物を運ぶ作業も引越し業者を頼まず、
車を持っている家族や友達にお願いし自分たちで運搬作業をしました。

運搬での出費は、私の住んでいたレオパレスから新居の移動はほぼお金を掛けずに出来たのですが、引越しをする家族の家から私の新居までの運搬でお金を使ったぐらいです。

新居へ運ぶ時も、友達や家族にお願いしていたため、そのまま足りないものの買い物に。それで引越し作業をスムーズに済ませることが出来ました。
 
 
 
引越し後のダンボールゴミも、
家族が来た時にまとめて捨ててもらったりとたくさんの人を巻き込みました。

新居に住み始めてからはキッチンの配置以外は思った通り!

近くのスーパーも安い価格で、ドラッグストア、コンビニ、ATM、市役所
カフェ、美容室、運送会社の営業所、コインランドリーなども程近いところにあり、とても住みやすい環境でとても満足していました。

トータルの満足度から言うと100点満点中90点です!
 
 
 
次の機会が会った時も、また同じ不動産屋さんにお願いしたいと思います。

もし違う不動産屋さんに出向いても、入居者のリクエストに応えてくれるような人が
担当してくれたら幸せだと思います。

今は諸事情で引っ越すことになったので、その時の新居は手放してしまったのですが、またその地域方面に引っ越せることになったら、以前住んでいたところの近くがいいなと思っています。
 
 
 
掃除のポイント

唯一こうしておけば良かった!という点であげると、賃貸に住むことが始めてだったので
退去する時に部屋の掃除が大変でした。

日頃から掃除はしていたのですが、
写真などを貼っていた画びょう後を、地道にティッシュペーパーを詰めて隠したり。

退去時にお金を取られないよう、
インターネットであれこれと調べて地道に修繕をしました。

 
 
 
新居に移ってからは、退去することも考え

・お風呂にカビを作らない
・台所のシンクの排水溝はこまめに洗う
・なるべく画びょうを使わない

など、後から困らないように試行錯誤して生活してました。

お陰様で掃除が楽しく感じるようにまで成長しました。
 
 
 
今回はたまたま運が良かったのか、
不動産屋さんもいい人で希望に沿った物件を紹介してくれたり、引っ越しではたくさんの人に手伝ってもらったりと、いいことだらけの引越しを経験できてました。
 
 
初めての引越しがよい思い出になりました。

次の引越しでも納得がいくまで
不動産屋さんと話をしてたくさん内見をして決めたいです。

長く付き合うことで、不動産屋さんも心を開いていいところを紹介してくれる気がするので、妥協をせずに自分の納得する物件に住みたいです。
 
 
https://hikkoshi-chie.com/archives/842
https://hikkoshi-chie.com/archives/43